お庭づくりのコツ。草花の病害虫対策や日陰におすすめの植物は?

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

「お庭や植物のことを誰に相談していいか分からない」「こんな時どうしたらいいの?」今回はよく聞くお庭のお悩みごとについて、Q&A形式でご紹介します。

目次

庭の野菜や草花に付く病害虫が気になる。対策はどうすればいい?

ANSWER

病害虫が付きやすい時期、放っておくと再生不可能になってしまうことも。大切な植物だから、しっかり対策して植物の元気を保ちましょう。犬や猫がいるお宅はもちろん、なんとなく農薬を使うのは抵抗がある、という方にもぴったりなのが自然素材で作られた「木酢液」や「ニームオイル」などを希釈してスプレーすること。また、米酢などの自宅にある材料で作った手作りスプレーもオススメ。右の作り方を参考にしてみて下さいね。

純米酢・トウガラシ・ニンニクで作る虫よけスプレー

材料

・純米酢(米酢も可)500ml ・トウガラシ(鷹の爪)10本程 ・ニンニク1~3片 ・ガラス容器 容量750ml程

・純米酢(米酢も可)500ml
・トウガラシ(鷹の爪)10本程
・ニンニク1~3片
・ガラス容器 容量750ml程

手順1

ガラス容器の中に純米酢を入れる。

ガラス容器の中に純米酢を入れる。

手順2

トウガラシのヘタを取り除き、中の種も取り除く。こうするとスポイトで吸いやすくなる。

トウガラシのヘタを取り除き、中の種も取り除く。こうするとスポイトで吸いやすくなる。

手順3

ニンニクの皮をむき、包丁で少し押しつぶす。

ニンニクの皮をむき、包丁で少し押しつぶす。

手順4

トウガラシとニンニクを米酢に加え、30~60日間漬け込んだら原液の完成。

トウガラシとニンニクを米酢に加え、30~60日間漬け込んだら原液の完成。

手順5

完成した原液は、スポイトで1mlほど採り、350mlの水が入ったスプレーボトルの中に入れて使用する。

完成した原液は、スポイトで1mlほど採り、350mlの水が入ったスプレーボトルの中に入れて使用する。

手順6

使用時は、作物全体・葉裏へ充分に散布する。プランターにかけても防虫効果がある。

使用時は、作物全体・葉裏へ充分に散布する。プランターにかけても防虫効果がある。

▼関連記事を読む

目次に戻る≫

庭の狭いスペースにも植物を配置したい!

ANSWER

狭いスペースは植える植物の選定をしっかりすれば、ナチュラルで素敵な空間になります。自分の好みの雰囲気にあった狭いスペースに適した植物を選びましょう。諦めていた細長いスペースや駐車場脇、通路脇など、空いたスペースを植物で埋めて素敵な空間に変身させましょう。

アイデア1 プランター寄せ植えでコンパクトな花壇を作ろう!

通路の隙間にあるちょっとしたスペース。地植えは十分な土の量が確保できず、植物が育ちにくいので、プランターを利用しましょう。寄せ植えにすると一層華やかな雰囲気を演出できます。色々植えたけど花壇がもういっぱい、という方にもおすすめです。

通路の隙間にあるちょっとしたスペース。地植えは十分な土の量が確保できず、植物が育ちにくいので、プランターを利用しましょう。寄せ植えにすると一層華やかな雰囲気を演出できます。色々植えたけど花壇がもういっぱい、という方にもおすすめです。

アイデア2 壁面を活用して、緑のスペースを拡げよう!

壁際などの細長いスペースにはクレマチス・テイカカズラ・ヘンリーヅタなどのつる性の植物を這わせるように植えるのがおすすめ。壁に直接這わせると壁が痛みやすくなるので、ラティスなどのアイテムを利用しましょう。タテの空間を活用することで狭いスペースでも植物を楽しむことができます。

壁際などの細長いスペースにはクレマチス・テイカカズラ・ヘンリーヅタなどのつる性の植物を這わせるように植えるのがおすすめ。壁に直接這わせると壁が痛みやすくなるので、ラティスなどのアイテムを利用しましょう。タテの空間を活用することで狭いスペースでも植物を楽しむことができます。

▼関連記事を読む

 

目次に戻る≫

 

\日陰に向いてる植物をご紹介!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お庭づくりのコツ。草花の病害虫対策や日陰におすすめの植物は?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ