ナチュラルガーデンの庭木におすすめ!ブッドレアの魅力と育て方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ブッドレアは、初夏から秋にかけての長期間、小さな花が集まって円錐状の花を咲かせる落葉低木。香りと蜜に誘われ蝶が集まることから、欧米では「バタフライブッシュ」の名でも呼ばれています。ブッドレアの魅力と育て方をご紹介します。

目次

ブッドレアとは?

ブッドレア基本情報

ブッドレア基本情報 植物名:ブッドレア 学名:Buddleja davidii 和名:房藤空木(フサフジウツギ) 別名:バタフライブッシュ 科名:ゴマノハグサ科 属名:フジウツギ 分類:落葉低木 花期:7月~10月

  • 植物名:ブッドレア
  • 学名:Buddleja davidii
  • 和名:房藤空木(フサフジウツギ)
  • 別名:バタフライブッシュ
  • 科名:ゴマノハグサ
  • 属名:フジウツギ
  • 分類:落葉低木
  • 花期:7月~10月

ブッドレアの特徴

ブッドレアは、初夏から秋にかけて小さな花が集まって円錐状の形をした花を咲かせる落葉低木です。ブッドレアは香りと蜜に誘われ蝶が集まることから、欧米では「バタフライブッシュ」の名でも呼ばれています。

品種(種類)がとても多いブッドレア。一般的なブッドレアの樹高は2~4mですが、最近は矮性種も流通しています。生長すると花穂の長さが30cm以上になることもあるので、庭に植栽するととても見栄えがします。大きな花ですが、小さな花の集合体なので圧迫感がないのもナチュラルガーデン(自然風庭園)の植栽として人気のひとつです。

園芸種として流通しているブッドレアの花の色は、紫色、白、ピンクなどの他、最近では品種改良が進み、複色のものもあります。

目次に戻る≫

ブッドレアの魅力

ブッドレアの魅力のひとつと言えば、花の開花期間が長いこと。真夏はどうしても長時間の園芸作業がしにくい時期なので、何かひとつでも放っておいても長期間咲いてくれる花があるのは嬉しいものです。剪定も簡単、終わった花を摘み取っておけば次々と開花するので園芸ビギナーにもおすすめです。

花の開花期間が長い

ブッドレアの魅力のひとつと言えば、花の開花期間が長いこと。真夏はどうしても長時間の園芸作業がしにくい時期なので、何かひとつでも放っておいても長期間咲いてくれる花があるのは嬉しいものです。剪定も簡単、終わった花を摘み取っておけば次々と開花するので園芸ビギナーにもおすすめです。

香りの魅力

ブッドレアの花には香りがあります。花の開花期間中のお庭には、ほんのりと優しい香りがします。また、英国圏では「バタフライブッシュ」という名前を持つ通り、この花の甘い香りに誘われて蜜を吸いに蝶が集まってきます。「バタフライガーデン」と名前をつけて蝶が集まりやすい植物をまとめて植栽するガーデンを見かけますが、そんなガーデンにブッドレアはよく植栽されています。

暑さ、寒さに強い

ブッドレアは暑さ、寒さのどちらも強く日本全国どこでも育てることができる丈夫な庭木です。ポット苗で購入しても1年で1mを超えるほど生長のスピードは速く、花がらをこまめに刈り取れば、初夏から秋まで長く開花し、ナチュラルガーデンが流行っている昨今、庭に植え付ける夏の庭木として人気があります。

ブッドレアは鉢植えで育てられる?

ポット苗で購入しても1年で1mを超えるほど生長のスピードが速いブッドレアは、基本的には地植え向きの庭木です。ただ、最近は「矮性種」と言って、本来のブッドレアの丈(2~4m)より低めでコンパクトに生長する品種(種類)も出てきました。鉢植えでブッドレアを育てたい方は、それぞれの品種の丈を確認して1~2mと記載があるもの、もしくは「矮性」「コンパクト」などと書かれている品種を選ぶとよいでしょう。

ブッドレアをシンボルツリーに

ブッドレアを庭のシンボルの木として植えたい場合は、前述の鉢植え向きの矮性種でなく、丈が2~4mになる品種を選びましょう。生長スピードが速いので、1年目から丈も伸び、花もたくさん咲きます。剪定も自由にできる花なので、それぞれのスペースに合わせた花丈に自分で仕立てることも可能です。

目次に戻る≫

ブッドレアの育て方

ブッドレアの育て方

育てる場所

日当たりと風通しの良い場所が適しています。元々のブッドレアは、大きくなるので鉢植えよりは地植え向きです。ただし最近は矮性種や樹形がコンパクトな品種もあるので、鉢植えで育てないならそのような品種を選びましょう。

水やり

ブッドレアは肥沃な土壌を好みます。植え付け2~3週間前に、腐葉土や堆肥などを土に混ぜて準備してから植え付けましょう。鉢植えのブッドレアは、草花用、ハーブ用の用土で問題なく育ちます。

肥料

痩せ地を除いて肥料はほとんど必要はありません。鉢植えのブッドレアは、3月の剪定後、緩効性肥料を施しましょう。

病害虫

アブラムシ、カミキリムシが発生することがあります。

病害虫の少ない庭木ですが、枝が混みあうとアブラムシがつくことがあります。不要な枝はこまめに剪定をして風通しの良い仕立てにすることで予防できます。

株元に木くずが落ちていたらカミキリムシに食害されている可能性があります。その際は捕殺または薬剤を注入します。この処理をした後に、新たに木くずが落ちていなければ退治できた証拠です。

目次に戻る≫

ブッドレアの花の処理と剪定

ブッドレアの剪定時期は、新芽が動き出す前の落葉期の2月後半~3月上旬です。株が乱れやすいため、毎年必ず剪定をしましょう。全体的に半分程度に切り戻しをします。枯れ木、混みあった枝、細すぎる枝(花の重みで折れやすい)は必ず剪定しましょう。

ブッドレアの剪定時期は、新芽が動き出す前の落葉期の2月後半~3月上旬です。株が乱れやすいため、毎年必ず剪定をしましょう。全体的に半分程度に切り戻しをします。枯れ木、混みあった枝、細すぎる枝(花の重みで折れやすい)は必ず剪定しましょう。

ブッドレアの花は一部の品種を除いては新枝咲きなので*、一年中いつでも剪定可能です。ただし、その年の初めての開花前の春から初夏ごろは花芽を切ってしまうので避けた方が無難です。古枝は花つきが悪くなってくるので、こまめに剪定をすることによって花つきの良い株を維持できます。

*花が円錐状でなく、枝垂れるように開花するブッドレア・アルテニフォリア種は、初夏の5月~6月に開花する一季咲きで同じ年に返り咲くことはありません。

あまり大きくしたくない場合

確実に根付いている株は、毎年「強剪定」することで樹高を抑えることができます。

ブッドレアは生長力が強いので、放置しておくと4~5mくらいになります。あまり大きくしたくない場合は、毎年落葉中に強剪定をすることで樹高を抑えることが可能です。最近では矮性種やコンパクトに育つ種類も登場しているので、これから購入する方で大きくしたくない方は、最終樹高がコンパクトな品種を選ぶとよいでしょう。

ブッドレアの花

ブッドレアの花は枝の両脇に花芽がつきます。

ブッドレアの花芽

 

花茎が伸びて茎先に花が開花します。

花茎が伸びて茎先に花が開花します。

 

ブッドレアの花は、小さな花が無数について円錐の形になります。花はいっぺんには咲かず、下の方から上に咲き進みます。

ブッドレアの花は、小さな花が無数について円錐の形になります。

 

花はいっぺんには咲かず、下の方から上に咲き進みます。上の花まで終わったら摘み取ります。夏~秋にかけての長い間、次々と開花するのでこまめに花がらを剪定しましょう。

花はいっぺんには咲かず、下の方から上に咲き進みます。上の花まで終わったら摘み取ります。夏~秋にかけての長い間、次々と開花するのでこまめに花がらを剪定しましょう。

目次に戻る≫

毎年の剪定さえしていれば手入れがとても簡単なブッドレア。夏に長く花が咲く庭木を探している方におすすめです。

毎年の剪定さえしていれば手入れがとても簡単なブッドレア。夏に長く花が咲く庭木を探している方におすすめです。

 

 

▼編集部のおすすめ

ブッドレア

  • ブッドレアは、初夏から秋にかけて小さな花が集まって円錐状の花を咲かせる落葉低木です。香りと蜜に誘われ蝶が集まることから、欧米では「バタフライブッシュ」の名でも呼ばれています。

    ブッドレアは、生長すると花穂の長さが30cm以上になることもあるので、庭に植栽するととても見栄えがします。小さな花の集合体なので圧迫感がないのも人気のひとつです。

    園芸種として流通しているブッドレアの花の色は、紫色、白、ピンクなどの他、最近では品種改良が進み、複色のもあります。花丈も矮性種が登場しています。

    ポット苗で購入しても1年で1mを超えるほど生長のスピードは速く、花がらをこまめに刈り取れば、初夏から秋まで長く開花し、ナチュラルガーデンが流行っている昨今、庭に植え付ける夏の花木として人気があります。

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ナチュラルガーデンの庭木におすすめ!ブッドレアの魅力と育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

一輪挿し Flowery Tale フラワリーテイル 本のような花瓶 黒

販売価格:3,300円(税込)

【送料無料】胡蝶蘭 パプリカ 5号3本立ち

販売価格:8,690円(税込)

SPECIAL

おすすめ