オクラ(おくら)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
オクラ(おくら)
学名

Abelmoschus esculentus

英名
Okra
和名
おくら
科名
アオイ科
属名
トロロアオイ属
原産地
東北アフリカ

オクラ(おくら)の特徴

オクラはアフリカ北東部が原産のアオイ科の植物で、世界各地共通でオクラ「okra」と呼ばれている野菜です。
原産地では多年草として生育できますが、四季がある日本では冬越しが厳しいため一年草扱いとなります。

オクラの花は中心部が濃い紫色になっていて、外側のクリーム色の花びらとのコントラストは、野菜とは思えないほど美しい花です。アオイ科の植物ということもあり、同じ科のハイビスカスやムクゲ、フヨウに似た美しさです。

このように、花を目立たせることで虫を呼び寄せ、花粉を運んでもらうためですが、こんなに美しくて綺麗な花なのに花の命は短く、たった一日で落ちてしまいます。なんとも潔いお花ですね。

オクラ(おくら)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 1~1.5m
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 白、中央部分が濃い紫
開花時期 7~9月

オクラを刻んだときのネバネバはガラクタン、アラバン、ペクチンといった食物繊維、他にもビタミン、ミネラルも豊富です。βカロチンも含まれており、緑黄色野菜の仲間です。サラダや和え物など和洋様々な料理に使えます。

花オクラ

オクラとは別の種類ですが、トロロアオイといって花の部分を食べるオクラもあります。中国原産の花で、薄い黄色もしくは、濃いクリーム色のような花色で、直径20~30cm程の大きな花を咲かせます。

オクラと同じように1日花といって花の命は1日です。

そのため、トロロアオイは朝収穫しても、午後にはしぼんでしまう繊細なお花です。

 

オクラの下処理、保存方法

食べごろの時期のオクラを収穫したら、美味しく調理してお召し上がりください♪

生食

オクラを食べるときに気になるのは、実の表面にある産毛です。生食する際は、この産毛の部分を軽く取り除きましょう。

  1.  まな板の上にオクラをのせ、塩を少々ふりかけます。
  2.  オクラを手で転がすように板ずりをします。
  3.  軽く水で流し、水気をキッチンペーパーなどで取ります。
  4.  刻んで生食でお召し上がりください。

下茹

  1.  まな板の上にオクラをのせ、塩を少々ふりかける。
  2.  オクラを手で転がすように板ずりをします。
  3.  鍋にお湯を沸し、さっと茹でます。
  4.  氷水などで粗熱をとってから、刻んでお召し上がりください。

冷蔵保存

オクラは、低温障害を受けやすい野菜です。そのため、ひと手間加えて冷蔵庫で保存しましょう。

  1.  水で湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などを用意します。
  2.  1でオクラを包み、ポリ袋かラップにくるみ、冷蔵庫の野菜室で保存します。冬期間ならば冷暗所で保存できます。
  3.  保存の日数は3~4日です。それ以上保存したい場合は、冷凍保存をおすすめします。

冷凍保存

生食処理、もしくは下茹処理した後冷凍保存します。

  1.  生食処理、もしくは下茹処理後、金属製のバットに入れ冷凍庫で凍らせます。
  2.  凍ったら、密封袋などに入れて保存します。

どちらの方法にしても、カットしてから冷凍保存する場合は、小分けにしてラップなどにくるんで保存しましょう。

オクラ(おくら)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

オクラ(おくら)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は20~30℃です。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。
オクラは酸性土壌が苦手です。

オクラ(おくら)の育て方のポイント

水やり

土が乾いたらお水を与えましょう。 夏場は乾きやすいので様子を見て、朝、夕の2回与えてもよいでしょう。オクラの実がついてきたころからは、しっかりお水を与えましょう。

肥料

実がついたら2~3週間に1回肥料を与えます。

病害虫

【害虫】
アブラムシは葉や、実につきます。無農薬で育てる場合、必ずといってもいいほどオクラにアブラムシは発生するものです。
ハダニは乾燥で付きやすくなりますので、こまめに葉水を与えるなどしましょう。
【病気】
疫病は野菜全般にかかる病気です。 葉や実に病斑が現れ、葉先から枯れたりしていきます。 春、梅雨の過湿期、夏の高温期などがかかりやすいです。 梅雨時期は雨が当たらないようにしてあげるなどの工夫を。 疫病の箇所が見つかったら、すぐに除去しましょう。
うどんこ病は植物の葉などに粉をまぶしたように白くなります。 5月~6月と9月~10月に発生しやすい病気で、はじめはぽつぽつと白く粉をふいている感じに見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になっていき、植物全体に蔓延すると茎や果実にも発生し、とても厄介です。風通しが悪いとうどんこ病の菌が発生しやすくなります。うどんこ病が見つかったら、すぐに除去しましょう。
立ち枯れ病は、土壌のカビが原因になります。名前の通り立ったまま枯れていきます。 症状は茎の根元や葉が茶色くなって枯れていきます。オクラは多湿が苦手なので乾燥気味に育てますが、梅雨時期などの湿度が高い時期は要注意です。
灰色かび病は葉や新芽、花などにカビが発生します。 こちらも湿度が高い時期に発生します。葉や新芽などに水がしみたような跡が発生し、褐色になりカビが発生し枯れる原因になります。広がる前に除去し対処しましょう。

オクラ(おくら)の詳しい育て方

選び方

苗での購入の場合は葉が3、4枚で濃い緑色のしっかりとした苗で、病害虫に侵されていない、健康で元気な苗を選びましょう。

種まき

オクラの発芽地温は25~30℃と高いので、充分に地温も上がる5月以降に種をまきましょう。株間30cmの点まきで、1か所に3~4粒まきましょう。 発芽までは乾燥させないようにたっぷりとお水をやりましょう。
オクラは硬実種子のため、発芽しない場合は1日水につけてから種をまいてみましょう。

植え付け

オクラの根は直根性で移植を嫌います。移植する場合にはポット苗の小さいうちにしましょう。

間引き

本葉が1~2枚の時に3本立ち、本葉が4枚の時に1本立ちにしましょう。(畑で育てている方は元気に育っているようなら、2本立ちでも構いません) 

オクラは、アオイ科の植物です。同じアオイ科の植物に、ハイビスカスやムクゲ、フヨウの花があります。ハイビスカスの花を想像してみてください。大輪の花が印象的な、夏の花ですね。オクラの花もハイビスカスの花と同様、中心部が濃い紫色で、外側が温かみのある白色の花びらが美しいコントラストで、野菜とは思えないほど美しい花です。育ててみて分かる美しさの発見です。

収穫

開花してから約1週間~10日で収穫できます。だいたい7cm~10cmくらいになったときが収穫時期です。収穫しないでそのままにしておくと、ぐんぐん成長してしまい、とても固くなります。 若いうちに、さやの付け根からハサミでカットして収穫しましょう。
収穫後は、摘葉といって葉が混み入っている場合は、収穫した実から下の葉はかき取り、風通し良く管理しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング