新生活グリーン特集

春が楽しみ!ネモフィラとビオラの寄せ植え

戸松敦子

戸松敦子

公開日 :

春に爽やかなブルーの花を咲かせるネモフィラはとても人気があります。今回は美しいシルバーリーフのネモフィラとビオラを使ってホーローの器に寄せ植えしました。作り方はとても簡単。暖かくなる頃にブルーのネモフィラがいっせいに咲き出すのが楽しみな寄せ植えです。

目次

ネモフィラについて

ビオラについて

ネモフィラとビオラの寄せ植えの材料

ネモフィラとビオラの寄せ植えの作り方

ネモフィラとビオラの寄せ植えのその後

春が楽しみになる寄せ植えを作ろう

ネモフィラについて

ネモフィラはムラサキ科の耐寒性一年草。寒さに強く、花は暖かくなる3月~5月頃にいっせいに咲きます。花色は、ブルー、白や紫の複色、黒などがあります。

ネモフィラはムラサキ科の耐寒性一年草。寒さに強く、花は暖かくなる3月~5月頃にいっせいに咲きます。花色は、ブルー、白や紫の複色、黒などがあります。

 

今回はネモフィラの中でも、シルバーリーフが美しいネモフィラを選びました。春になるとブルーの花が咲きます。この葉色なら、まだ花が咲かない冬の間はシルバーリーフとして存分に楽しめますね。  日なたと水はけのよい用土を好みます。高温多湿に弱いので、水やりは土が乾いたらたっぷりあげると良いです。定期的に追肥しましょう。

今回はネモフィラの中でも、シルバーリーフが美しいネモフィラを選びました。春になるとブルーの花が咲きます。この葉色なら、まだ花が咲かない冬の間はシルバーリーフとして存分に楽しめますね。

日なたと水はけのよい用土を好みます。高温多湿に弱いので、水やりは土が乾いたらたっぷりあげると良いです。定期的に追肥しましょう。

▼シルバーリーフのネモフィラの魅力はこちらでたっぷりご紹介

目次に戻る≫

ビオラについて

ビオラはスミレ科の耐寒性一年草。寒さに強く、10月~5月頃までの長期間を楽しめる育てやすい花です。  今回はビオラの中でも、まるで「うさぎの耳」のように咲くビオラを選びました。  細長い花弁がうさぎの耳のように見えることから、うさぎ型のビオラとして人気があります。小さなうさぎが太陽に向かって咲きそろう姿は、とってもキュートです。  日なたと水はけのよい用土を好みます。花がらを摘み、次の花をどんどん咲かせましょう。定期的に追肥します。

ビオラはスミレ科の耐寒性一年草。寒さに強く、10月~5月頃までの長期間を楽しめる育てやすい花です。

今回はビオラの中でも、まるで「うさぎの耳」のように咲くビオラを選びました。

細長い花弁がうさぎの耳のように見えることから、うさぎ型のビオラとして人気があります。小さなうさぎが太陽に向かって咲きそろう姿は、とってもキュートです。

日なたと水はけのよい用土を好みます。花がらを摘み、次の花をどんどん咲かせましょう。定期的に追肥します。

▼ビオラの花をたくさん咲かせるコツはこちら

目次に戻る≫

ネモフィラとビオラの寄せ植えの材料

・器 今回はホーロ製の水切り用ボウル(コランダー)を選びました。 ・不織布または鉢底ネット ・肥料入り培養土 ・ココヤシファイバー ・土入れ ・はさみ ・ビニール手袋

・器 今回はホーロ製の水切り用ボウル(コランダー)を選びました。
・不織布または鉢底ネット
・肥料入り培養土
・ココヤシファイバー
・土入れ
・はさみ
・ビニール手袋

 

・苗(ネモフィラ3、ビオラ3)  今回はブルー×ホワイト系でまとめてみました。

・苗(ネモフィラ3、ビオラ3)

今回はブルー×ホワイト系でまとめてみました。

目次に戻る≫

ネモフィラとビオラの寄せ植えの作り方

器に不織布を敷いて、その上に培養土を入れます。

器に不織布を敷いて、その上に培養土を入れます。

 

培養土の上に苗を仮置きして土の高さを調整します。苗を植えた時に、ウォータースペースが1㎝くらいとれるようにしましょう。

培養土の上に苗を仮置きして土の高さを調整します。苗を植えた時に、ウォータースペースが1㎝くらいとれるようにしましょう。

 

まず、ビオラ3ポットを植えていきます。

まず、ビオラ3ポットを植えていきます。

 

苗の根元部分に、黄色くなった枯葉やごみがある場合は取り除きましょう。

苗の根元部分に、黄色くなった枯葉やごみがある場合は取り除きましょう。

 

ビオラが美しく見える向きを考えながら置いていきます。

ビオラが美しく見える向きを考えながら置いていきます。

 

苗の底に根がまわって白くなっている時は、白い部分を少し取り除き、苗の底の部分をほぐしましょう。

苗の底に根がまわって白くなっている時は、白い部分を少し取り除き、苗の底の部分をほぐしましょう。

 

根をほぐすことで根が活性化され、植え付けた後の根の張りが良くなります。

根をほぐすことで根が活性化され、植え付けた後の根の張りが良くなります。

 

ビオラ3ポットで正三角形を作ります。

ビオラ3ポットで正三角形を作ります。

 

ビオラとビオラの間に3か所、ネモフィラを植えていきます。

ビオラとビオラの間に3か所、ネモフィラを植えていきます。

 

6ポットすべて配置できたら、苗と苗の隙間に土を入れていきます。指でつっつきながら、苗がぐらつかないようにしっかりと土を入れましょう。

6ポットすべて配置できたら、苗と苗の隙間に土を入れていきます。指でつっつきながら、苗がぐらつかないようにしっかりと土を入れましょう。

 

真ん中の隙間にも、忘れずに土を入れます。

真ん中の隙間にも、忘れずに土を入れます。

 

余分な不織布をカットします。器のふちから外側1㎝くらい残しましょう。

余分な不織布をカットします。器のふちから外側1㎝くらい残しましょう。

 

ココヤシファイバーをまわりにふんわり敷いて土を隠していきます。ココヤシファイバーを敷くと、水やりをした時に土がこぼれ出にくくなります。

ココヤシファイバーをまわりにふんわり敷いて土を隠していきます。ココヤシファイバーを敷くと、水やりをした時に土がこぼれ出にくくなります。

 

完成しました。根元からたっぷりお水をあげましょう。

完成しました。根元からたっぷりお水をあげましょう。

目次に戻る≫

ネモフィラとビオラの寄せ植えのその後

ネモフィラとビオラは5月頃まで美しいのですが、暑くなってくると姿も乱れて元気もなくなってきます。その頃がネモフィラとビオラの植え替え時です。春から秋まで楽しめる植物に植え替えましょう。

春が楽しみになる寄せ植えを作ろう

寒い冬も屋外で元気に咲く花を見ると元気をもらえますよね。  今回の寄せ植えは、見元園芸さんのネモフィラ「プラチナスカイ」、ビオラ「ラビットランド」を使わせていただきました。冬の間はかわいいビオラとシルバーリーフ姿のネモフィラが美しく、春にはネモフィラのブルーの花がいっせいに咲いて、さらに爽やかに華やぐ寄せ植えです。春が来るのがとっても楽しみですね。

寒い冬も屋外で元気に咲く花を見ると元気をもらえますよね。

今回の寄せ植えは、見元園芸さんのネモフィラ「プラチナスカイ」、ビオラ「ラビットランド」を使わせていただきました。冬の間はかわいいビオラとシルバーリーフ姿のネモフィラが美しく、春にはネモフィラのブルーの花がいっせいに咲いて、さらに爽やかに華やぐ寄せ植えです。春が来るのがとっても楽しみですね。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

ネモフィラ

  • ネモフィラは、鮮やかな青色の花、可憐な斑点の黒花、水玉模様の白花など、愛らしい花が特徴の春に咲く1年草です。乾燥や寒さに強いことから、初心者向けの丈夫な花でもあります。切れ込みの入った葉っぱがこんもりと生い茂る姿は、花に負けず劣らず魅力的です。プランター、ハンギング、露地への直播など多様な条件で栽培でき、横に広がる性質を持つためグランドカバーとしても人気があります。

    最近、ネモフィラは、国営ひたち海浜公園をはじめとした公共施設などの広い花壇で植栽されて有名になったことから、ご存知の方も多い草花ではないでしょうか。ネモフィラは種まきや移植など、育て方のポイントを知れば、初心者でも簡単に育てることができる草花です。

▼関連ワード

「春が楽しみ!ネモフィラとビオラの寄せ植え」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

デイリーアクセスランキング

おすすめ