ブルーのカーペットを作ろう!ネモフィラを秋の種まきから育ててみませんか?

金子三保子

金子三保子

4628views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

春にかわいい小さな青い花をブルーのカーペットのように咲かせる、ネモフィラの育て方をご紹介します。

最近、ネモフィラは、国営ひたち海浜公園をはじめとした公共施設などの広い花壇で植栽されて有名になったことから、ご存知の方も多い草花ではないでしょうか。

ネモフィラは種まきや移植のポイントをおさえたうえで、種まきや植え付けをしておけば、春にきれいな青い花を地面一面に広がるように咲かせることが、おうちでも可能です!来春は、おうちでもネモフィラを育ててみませんか?

ネモフィラの品種はいくつかありますが、一番出回り量が多いのは、ブルーの品種「インシグニス」です。英名では「baby blue eyes」とも言われています。ほふく性(這い性)なので、横に這うように広がって成長していきます。グランドカバーや花壇の前面、鉢植えの場合は、コンテナの脇に植えたり、垂れるように咲くのでハンギングにも向いています。最近は年明けあたりから苗が出回り始めますが、実際の開花時期は3月~5月くらいまでの1年草です。

 

目次

ネモフィラの種や苗の入手方法

ネモフィラの植え付け

ネモフィラの日々の管理

ネモフィラの種類

ネモフィラのシーズン最後の楽しみ方

 

ネモフィラの種や苗の入手方法

種まきは9月~10月に行います。

園芸店、ホームセンター、通信販売などで種を購入することができます。青いネモフィラの品種名は「インシグニス」です。

ネモフィラの根は直根性なので、花壇やプランターに直まきで種まきするのが一番簡単な方法です。秋にお庭や花壇にパラパラと直まきして、土を軽くかけて発芽を待ちます。発芽まで土を乾かしすぎないようにしますが、湿りすぎていると発芽した苗が根腐れを起こすので注意しましょう。

若いうちなら移植は可能なので、苗の数をたくさん必要な場合は、育苗トレーなどを使って、早めに移植します。ポット苗に直接蒔いて、間引くのも簡単な方法です。

ネモフィラの種は、嫌光性なので、種まきをしたら軽く土をかけて種に光が当たらないようにします。

直根性とは・・・

根っこが地中深く枝分かれすることなく、まっすぐに伸びていく性質のことをいいます。地中深く伸びた後に分岐するものもありますが、基本的には太い根が下に伸びていく性質です。そのため直根性の植物は、太い根を少しでも痛めてしまうと植物のダメージが大きく、うまく根付きません。このことから植え替えの時に注意が必要な植物と言えます。買ってきた苗を植え付ける際には、根をほぐさず、そのまま土に埋める感じで植え替えましょう。

苗での購入

お正月を過ぎた頃から少しずつ出回り始め、4月ごろまで購入可能です。苗を選ぶ場合、葉の緑色がみずみずしく、徒長していない茎がしっかりとしているものを選びます。移植を嫌うので、ポット苗の時点でたくさん花が咲いているよりは、若い苗のうちに購入した方がよいです。
ネモフィラ・ペニーブラック

ネモフィラ・ペニーブラック

目次に戻る≫

ネモフィラの植え付け

栽培の環境

日当たりが良く風通しがよい所に植えます。水はけがよく乾燥気味で肥料の少ない土壌を好みます。半日くらい日の当たるスペースでも栽培可能ですが、日当たりが良い方が、花付きがよくなります。とても強い花なので、地植えの場合は植えっぱなしで大丈夫な植物です。

鉢植えの場合は、草花用の培養土で問題なく育ちます。乾燥気味の方が好きなので、水はけのよい土を好みます。
栽培の環境  日当たりが良く風通しがよい所に植えます。水はけがよく乾燥気味で肥料の少ない土壌を好みます。半日くらい日の当たるスペースでも栽培可能ですが、日当たりが良い方が、花付きがよくなります。とても強い花なので、地植えの場合は植えっぱなしで大丈夫な植物です。  鉢植えの場合は、草花用の培養土で問題なく育ちます。乾燥気味の方が好きなので、水はけのよい土を好みます。

目次に戻る≫

ネモフィラの日々の管理

水やり

乾燥した土を好むので、土の表面が白く乾いてきたら水を与えるようにします。基本的に乾かし気味に管理してあげると良いでしょう。地植えの場合は、根付いてしまえば、特に水やりの必要はありません。

肥料

肥料を与えすぎると葉が極端に茂り、見た目が悪くなるため、やや少なめに与えるようにします。

病害虫

灰色かび病アブラムシに注意します。灰色かび病は多湿条件で発生するため、花がら摘みをこまめに行うことで予防します。アブラムシは春に発生しやすく、放っておくと大増殖するため、早めに対処しましょう。

花がら摘み

終った花、花がらをまめに摘み取ると、花の開花数や花の開花期間に差が出ます。広いスペースでは、無理かもしれませんが、プランターなどに植えこんで手の届く状態のものは、花がら摘みをすることをおすすめします。
ネモフィラ

目次に戻る≫

ネモフィラの種類

一番有名なのが、ブルーの花の「インシグニス」ですが、その他にもたくさんの品種があり、新品種も創り出されています。
▼真っ白いネモフィラ

真っ白いネモフィラ

目次に戻る≫

ネモフィラのシーズン最後の楽しみ方


4月のゴールデンウィークごろのネモフィラは、花茎が結構な長さになるので切り花としても楽しめます!  最初は10cm強くらいの花丈が、5月ごろには30cmほどになるのです。

4月のゴールデンウィークごろのネモフィラは、花茎が結構な長さになるので切り花としても楽しめます!

最初は10cm強くらいの花丈が、5月ごろには30cmほどになるのです。
▼ガラスのグラスにミントや同じ時期に咲く草花、忘れな草やシノグロッサムで水色のアレンジメント。

ガラスのグラスにミントや同じ時期に咲く草花、忘れな草やシノグロッサムで水色のアレンジメント。

目次に戻る≫

いかがでしたか?植え付けさえうまくいけば、とても丈夫な花です。来年の春にお庭や花壇にブルーのカーペットを作ってみませんか。

 

▼関連記事

ネモフィラ

  • 鮮やかな青色の花、可憐な斑点の黒花、水玉模様の白花など、愛らしい花が特徴の春に咲く1年草です。乾燥や寒さに強いことから、初心者向けの丈夫な花でもあります。切れ込みの入った葉っぱがこんもりと生い茂る姿は、花に負けず劣らず魅力的です。プランター、ハンギング、露地への直播など多様な条件で栽培でき、横に広がる性質を持つためグランドカバーとしても人気があります。

    最近、ネモフィラは、国営ひたち海浜公園をはじめとした公共施設などの広い花壇で植栽されて有名になったことから、ご存知の方も多い草花ではないでしょうか。ネモフィラは種まきや移植など、育て方のポイントを知れば、初心者でも簡単に育てることができる草花です。

「ブルーのカーペットを作ろう!ネモフィラを秋の種まきから育ててみませんか?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

オススメ特集