あじさいの剪定のタイミング。花の終わりの目安って?

金子三保子

金子三保子

公開日 :

あじさいの花は、バラや桜のように「散る」ということがないので、剪定をしない限り、枝にずっと花がついている植物です。そのため、どの状態が見頃が終わったのかが、わかりにくい植物です。今回は、あじさいの花の終わりの目安や剪定についてご紹介します。

目次

あじさいの花って?

あじさいの剪定の仕方

 

あじさいの花って?

私たちが花と思っている部分は花弁ではなくガク。</strong>実際の花は、西洋あじさいは、ガクの中央の小さい丸い部分や、ガクをかきわけた中にも小さな花が潜んでいます。ガクあじさいの場合は、ガクが額縁のように花を囲んでいる形状です。

私たちが花と思っている部分は花弁ではなくガク。実際の花は、西洋あじさいは、ガクの中央の小さい丸い部分や、ガクをかきわけた中にも小さな花が潜んでいます。ガクあじさいの場合は、ガクが額縁のように花を囲んでいる形状です。

あじさいのように、花と思っている部分はガクという花は他にもあります。クリスマスローズや球根の花のアネモネも、私たちが花と思っている部分は「ガク」です。あじさいは、花よりガクの方が華やかな形状なのと、花が散るということがないことから、花が終ったというのがわかりにくい花のひとつです。

それでは西洋あじさい、ガクあじさいの花が咲いた状態の目安をご紹介します。

 

西洋あじさい

ガクの中心の丸い部分が開きます。矢印部分が開花した状態です。

ガクの中心の丸い部分が開きます。矢印部分が開花した状態です。

 

ガクの中央の他、ガクをかきわけた奥にも花があります。

ガクの中央の他、ガクをかきわけた奥にも花があります。

こちらはまだ開花前のあじさいです。

こちらはまだ開花前のあじさいです。

2週間後、一部開きました。

2週間後、一部開きました。

 

西洋あじさいの剪定のタイミング

上記のように花が開いて、ガクの部分の色が褪せてきたら「花が終わった」状態なので剪定時です。

▼あじさいの生け方はこちら

 

ガクあじさい

西洋あじさいに比べて、ガクあじさいは、花の終わりがとてもわかりやすいのでご紹介します。

西洋あじさいに比べて、ガクあじさいは、花の終わりがとてもわかりやすいのでご紹介します。

ガクの中の小さな花が一部咲きはじめた状態

ガクあじさいの場合は、花が終わったことがよくわかる目安があります。それは、花が終わるとガクが裏返ってうつむいてしまうのです。空を向いていた側が、花が終わると地面を向きます。

ガクあじさいの場合は、花が終わったことがよくわかる目安があります。それは、花が終わるとガクが裏返ってうつむいてしまうのです。空を向いていた側が、花が終わると地面を向きます。

ガクの部分は色が褪せてきます。

ガクの部分は色が褪せてきます。

品種によっては色がアンティークカラーになったりもします。ちなみにこちらのガクあじさいのガクの元の色は、白で赤い縁のある複色でした。今では真っ赤。これはこれで美しい色ですね。このように、ガクがそっくり返って、花の色が退色してきたら花が終わった合図、そろそろ剪定のタイミングです。

品種によっては色がアンティークカラーになったりもします。ちなみにこちらのガクあじさいのガクの元の色は、白で赤い縁のある複色でした。今では真っ赤。これはこれで美しい色ですね。このように、ガクがそっくり返って、花の色が退色してきたら花が終わった合図、そろそろ剪定のタイミングです。

目次に戻る≫

あじさいの剪定の仕方

7月に入れば通常は花が終わる時期ですが、仮に花がきれいでも時期が来たら剪定し、切った花は切り花として楽しむ感覚で、7月までには剪定を済ませます。

あじさいは、いつでも剪定をしていい花ではなく、気温が低くなる秋に花芽が形成されるので、秋以降に剪定してしまうと花芽を切ってしまうことになり、翌年花が咲かなかったということになります。

 

花が終わったら・・・

剪定は花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分)

剪定は花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分)

▼こちらでアジサイの剪定の仕組みを詳しくご紹介しています。

目次に戻る≫

育てているあじさいが「終わった」目安にしてみてください。終った花は、いつまでもつけておくより、剪定した方が栄養が次の花のためになるので、剪定時期はとても重要です。特に鉢植えで育てている方は、限られた土からしか栄養をとることができないので、花が終わったらすぐに剪定することをおすすめします!

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「あじさいの剪定のタイミング。花の終わりの目安って?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ