鉢植えのアジサイの育て方|植え替え、植え付け、肥料編

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

アジサイの見頃もそろそろ終わりを迎える時期。

鉢植えのアジサイは、剪定以外は自然にまかせる地植えのアジサイと違って、植え替え、植え付け、肥料など、ひと手間を加える作業が必要です。鉢植えのアジサイの育て方をご紹介します。

目次

アジサイの花が終わったら|まずは剪定!

剪定が終わってすっきりしたアジサイ

最近は母の日の贈り物としても定番になってきたアジサイの鉢植え。花の見頃は過ぎましたか?アジサイは桜のように「花が散る」ということがないので、どうなったら終わりなのかがわかりにくい花です。

▼まずはこちらで花の終わりの目安をご確認ください。

 

ほとんどのアジサイの終わりは、最初の咲き始めの時よりガクの色が色あせてきます。そうなったら剪定時。まずは正しい位置で剪定をしましょう。

アジサイの剪定について

 

目次に戻る≫

アジサイの鉢植えの植え替えはいつ?

鉢植えのアジサイは限られた土の中で生きています。来年も美しい花を咲かせるための養分を株に回すためにも、花が終わったら早めに剪定することがとても大切です。剪定の時期は花の終わりの7月頃ですが、植え替えはいつ購入した鉢なのかによって変えるとよいでしょう。

鉢植えのアジサイは限られた土の中で生きています。来年も美しい花を咲かせるための養分を株に回すためにも、花が終わったら早めに剪定することがとても大切です。剪定の時期は花の終わりの7月頃ですが、植え替えはいつ購入した鉢なのかによって変えるとよいでしょう。

今年購入したアジサイの植え替え

今年購入したアジサイの植え替え

今年購入したアジサイの鉢植えは、剪定後に一回り大きな鉢に植え替えましょう。夏のストレスの多い時期の作業なので、根を傷めないように優しく鉢から株を抜き取り一回り~二回り大きめな鉢に植え替えます。

販売されているアジサイの鉢植えは、花のボリュームに対してとても小さな鉢に植えられています。植え替えの時に感じるかもしれませんが、ほとんどのアジサイは根が回り、鉢の中の土の分量は限りなく少なくなっているはず。このままでは来年花を咲かせるための余力がありません。そのため本来の植え替えの時期の落葉期ではないですが、剪定と一緒に一回り大きな鉢に植え替えて、これから迎える真夏に水切れなどが起きないようにします。

アジサイはとても水を欲しがる植物です。鉢の中に十分に保水できる土がないと真夏に弱ってしまう可能性があります。

昨年以前に購入したアジサイの植え替え

昨年以前に購入したアジサイの植え替え

昨年以前から育てている鉢植えのアジサイの植え替えは、1~2年に一度、葉が落ちた状態の11月~2月頃に行います。落葉期はアジサイの休眠期のため、植え替えによるストレスが夏よりかかりにくい時期です。

ただし寒冷地は3月上旬か、もしくは花の後の方が負担が少ない場合もあります。

鉢の植え替えは、今の鉢より一回り大きな鉢に植え替えるのが基本です。植え付ける土は、花用の培養土で問題なく育ちます。

最近は赤系の色にするための土、青系の色にするための土などのアジサイ専用の土も販売されています。ただし、効果がある品種とそうでない品種があるので、説明書と自分の育てている品種を確認してから購入しましょう。

目次に戻る≫

アジサイの植え付け|庭に植えるのはいつ?

アジサイの庭への植え付け時期は、落葉期の冬が適時です。落葉中で霜が降りない時期に地面に植え付けましょう。アジサイは地植えにすると丈も幅も大きくなる植物です。5年~10年後をイメージして植え付けるスペースを決めることが大切です。

目次に戻る≫

アジサイの鉢植え|肥料

アジサイの鉢植え|肥料

鉢植えのアジサイへの肥料は年2回。花が終わった後と冬に施します。鉢植えは限られた養分で生きているので、新芽の生長や翌年の花のために肥料を施す必要があります。一般的な花用の緩効性肥料や発酵油かすなどが適しています。

最近は土と同じく青系のアジサイにするための肥料や赤系のアジサイにする肥料なども販売されています。これらはアジサイの品種によって効果がある、なしがあるので確認してから購入しましょう。

目次に戻る≫

アジサイの鉢植えの夏と冬

アジサイにとって、最近の酷暑は過酷な時期です。基本的にとても強いアジサイですが、夏に注意することは「水切れ」

アジサイは水がとても好きな植物です。水切れを起こさないように注意しましょう。

落葉後の冬のアジサイは、見た目がとても地味になります。そのため、ついつい存在を忘れてしまって水やりをしないで枯れちゃった!という方もいるようです。

水やりのタイミングは、「鉢の表面の土が乾いたら与える」

これを目安にしてみてください。東京だと2月の終わりごろには新芽の芽吹きが確認できるようになります。枯れ木のような木が突然芽吹く瞬間は嬉しさひとしおです。

目次に戻る≫

購入して数年間のアジサイは株を育てる期間

購入して数年間のアジサイは株を育てる期間

昨年購入したアジサイが咲かなかった、花が少ない・小さい、花の色が違う…… という方も多いようです。

上記の理由は人為的な問題の場合もありますが、多くは自然現象。一年草と違って、まずは数年は株を育てるのが優先のアジサイ。環境に慣れてしっかりと根付けば、毎年開花するようになります。ちょっと気長に寄り添ってみましょう。

▼こちらで咲かない原因と実際に購入時の花との変化などを画像つきで紹介しています。

 

目次に戻る≫

適切な手入れをして来年も美しい花を咲かせましょう。

 

アジサイの関連情報

アジサイ(紫陽花)

  • アジサイは、日本原産の落葉低木です。日本原産のガクアジサイが西洋に渡り品種改良を重ねられ、西洋アジサイとして日本に逆輸入されてきました。 最近は西洋アジサイ、ガクアジサイともに、品種、形、色の種類が豊富にあります。次々に新品種が登場してくるので、追いつけないほどです。アジサイの育て方は、翌年も花を咲かせるための剪定にコツがありますが、基本的には簡単です。一度植え付ければ、長い間花を楽しめる寿命の長い植物で年々花数が増えて見事な株になります。 最近ではアジサイは鉢花、切り花の他、ドライフラワーとしても人気があります。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「鉢植えのアジサイの育て方|植え替え、植え付け、肥料編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A