7月がポイント!あじさいの剪定や今年購入した鉢植えで大切なこと。

金子三保子

金子三保子

公開日 :

7月はあじさいにとっては大切な作業、「剪定」の作業月です。あじさいの鉢を買って、一番悩むのが剪定方法です。切ったらいいというけれど、どこをどれくらい切ったら、来年の花が咲くのだろう?今回はあじさいの剪定の方法やなぜ7月なのか、など剪定について詳しくご紹介します。

目次

あじさいの剪定は必要?

あじさいの剪定の時期

あじさいの剪定方法

今年購入したあじさいは剪定後、植え替えをしましょう!

夏場のあじさいの鉢植えで注意すること

冬場のあじさいの鉢植えで注意すること

剪定したあじさいはどうする?

 

あじさいの剪定は必要?

あじさいは剪定しなければ咲かないかというと、そんなことはありません。剪定しなくても咲きますし、むしろ、咲かない理由の一番は、切りすぎて花芽まで切ってしまったというのが一番多い原因ではないかと思います。

ただし、あじさいは性質が強健で、剪定せずに伸ばしていくと、どんどん背丈が高くなります。また、あじさいの花のつき方の特徴として、茎の先に花がつくので、剪定をしないで伸ばしていくと花の位置が目線より高いところになってしまうという事態になります。そのため地植えのあじさいでも、「きれいだな」と思うところに花の位置が来るように剪定していくことが一般的です。

鉢植えのあじさいは、もともと限られた土の中で生きているので、次の花のために養分を回すためにも、花が終わったら、早めに剪定していきます。

目次に戻る≫

あじさいの剪定の時期

花が終わった7月の半ばくらいまでには剪定を済ませるようにします。あじさいは終った花が「散る」ということがない特徴があります。自然に散ることがないので、花を取り去る作業が必要です。なぜ7月なのかというと、あじさいの来年の花芽が形成されるのが気温が下がりだす秋だから。秋以降に深く剪定をしてしまうと、来年の花芽を切ってしまう可能性があります。

特に鉢植えのあじさいは、少ない土の中で生きているので、終わった花をいつまでもつけておくより、早めに切って株をすっきりと風通しよくした方が、次の花にエネルギーがいきやすくなります。

 

▼あじさいの花がどういう状態になったら花が終わりと判断できるのかを写真つきでご紹介しています。

目次に戻る≫

あじさいの剪定方法

花が終わったら、花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分)時期的には7月半ばまでには剪定します。まだ花が終っていなくても、切った花は切り花として楽しむために利用するなどして、剪定の時期は守ったほうが翌年の花のためになります。

花が終わったら、花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分時期的には7月半ばまでには剪定します。まだ花が終っていなくても、切った花は切り花として楽しむために利用するなどして、剪定の時期は守ったほうが翌年の花のためになります。

 

花がついている枝は、すべて剪定します。

花がついている枝は、すべて剪定します。

剪定後、脇芽が茎になっていきますが、この切った節のもうひと節下の葉の付け根から秋以降に花芽ができます。11月~3月の期間に花芽より上の部分を再度切るとベストですが、花芽がわからないようだったら7月の剪定だけでも大丈夫です。その他、もし枯れた枝や細い枝などの不要な枝があるようなら、切り落とします。

剪定後、脇芽が茎になっていきますが、この切った節のもうひと節下の葉の付け根から秋以降に花芽ができます。11月~3月の期間に花芽より上の部分を再度切るとベストですが、花芽がわからないようだったら7月の剪定だけでも大丈夫です。その他、もし枯れた枝や細い枝などの不要な枝があるようなら、切り落とします。

剪定完了です!

剪定完了です!剪定とともに花が終わったあとのお礼肥えをやりましょう。

目次に戻る≫

今年購入したあじさいは剪定後、植え替えをしましょう!

今年購入したあじさいの鉢植えの場合は、花が終わったら剪定後、一回り大きな鉢に植え替えましょう。販売されているあじさいの鉢植えは、花のボリュームに対してとても小さな鉢に植えられています。植え替えの時に感じるかもしれませんが、ほとんどのあじさいは根が回って土の分量は限りなく少なくなっているはず。このままでは来年花を咲かせるための余力がありません。

もしあじさいを地植えにする場合は、葉が落葉している冬場に行います。あじさいは一度植えた後は何度も植え替え直すことのできる植物ではありません。また、数年すると高さも横幅もかなりのサイズになります。5年後~10年後をイメージして・・・植える場所はよく考えて決めると大きくなって後悔することがありません。

目次に戻る≫

夏場のあじさいの鉢植えで注意すること

あじさいはとても水を欲しがる植物です。特に夏場の水やりは、水切れを起こさないよう、たっぷりとあげましょう。猛暑日のような高温の日は、場合によっては、朝と晩、2回あげてもいい場合もあります。

目次に戻る≫

冬場のあじさいの鉢植えで注意すること

あじさいは落葉性のある植物なので、冬前に葉を落とし、見た目は枯れた木のような状態になります。ここで存在を忘れて、水やりを忘れてしまって枯らしてしまうという方も多いようです。夏場よりは水やりの回数は減りますが、土の表面が乾いたらたっぷりとあげるようにします。

目次に戻る≫

剪定したあじさいはどうする?

剪定したあじさいは、飾って楽しみましょう。

剪定したあじさいは、飾って楽しみましょう。

 

▼剪定したあじさいの生け方アイデアをご紹介しています。

 

▼梅雨の時期はあじさいの挿し木のシーズンでもあります。チャレンジしてみませんか?

目次に戻る≫

来年の花のためには、剪定はとても大切な作業です。7月までにぜひ剪定してみてください!

 

編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「7月がポイント!あじさいの剪定や今年購入した鉢植えで大切なこと。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ