新生活グリーン特集

知っていると面白い!いちご(苺)の実は赤い部分ではない。

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

いちご(苺)は好きですか?

いちごと言えば野菜か果物か?という問題がよく出されますが、答えは「野菜」です。今や常識とも言えるようになってきました。

そこで、もう一つ質問です。「いちごの実はどこですか?」と聞かれたら、一般的に「え?赤いのが実でしょ?」って答えますよね。その答え、不正解です。それでは、いちごをじっくり観察してみましょう。

目次

いちご(苺)の実ってどこなの?

いちご(苺)のなる向きって?

いちご(苺)の実ってどこなの?

甘くて美味しいフルーツとして人気のあるバラ科オランダイチゴ属の植物のいちご(苺)は、じつは野菜の仲間です。「野菜とは草本性の植物」という意味で、いちごはスイカやメロンと同様に苗を植えて1年で収穫することから一般的な野菜と同じ草本性として分類されています。  いちごはハウス栽培が盛んで、夏の一時期を除いてほぼ一年中出回っていますが、春から初夏にかけてが本来の旬です。四季成りのいちごの品種もあるため、最近では家庭菜園でもいちごを通年楽しめるようになってきました。

甘くて美味しいフルーツとして人気のあるバラ科オランダイチゴ属の植物のいちご(苺)は、じつは野菜の仲間です。「野菜とは草本性の植物」という意味で、いちごはスイカメロンと同様に苗を植えて1年で収穫することから一般的な野菜と同じ草本性として分類されています。

いちごはハウス栽培が盛んで、夏の一時期を除いてほぼ一年中出回っていますが、春から初夏にかけてが本来の旬です。四季成りのいちごの品種もあるため、最近では家庭菜園でもいちごを通年楽しめるようになってきました。

▼家庭菜園で楽しみたい!いちご栽培ならコチラ

 

▼四季成りいちごのことならコチラ

 

いちご(苺)の赤い部分は花托(かたく)

みなさんがいちごの実と思って食べている赤い部分は、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって、花の付け根の部分が発達して食用部となったものです。 

みなさんがいちごの実と思って食べている赤い部分は、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって、花の付け根の部分が発達して食用部となったものです。 

本当のいちご(苺)の実の部分

では、一体いちごの本当の実の部分はどこにあるのでしょう。  じっくりいちごの表面を観察してみましょう。次にいちごの粒々に注目してみてください。ただの粒々ではないことに気付いていただけましたか?  粒の先が尖った部分の上になにか出ていませんか?  この棒状の部分が雌しべ、その下の粒々こそがいちごの本当の実の部分です。この実(つぶつぶ)の中に種が一つ一つあるので、いちごの種をまくときはこの粒々部分を土にまきます。

では、一体いちごの本当の実の部分はどこにあるのでしょう。

じっくりいちごの表面を観察してみましょう。次にいちごの粒々に注目してみてください。ただの粒々ではないことに気付いていただけましたか?

粒の先が尖った部分の上になにか出ていませんか?

この棒状の部分が雌しべ、その下の粒々こそがいちごの本当の実の部分です。この実(つぶつぶ)の中に種が一つ一つあるので、いちごの種をまくときはこの粒々部分を土にまきます。

さらに注目してほしいのが、いちごの断面図です。いちごを縦に切って、断面図を見てみるとこの粒々部分に1本1本の筋が水分や栄養を送っているのが分かります。  美味しく食べていた赤いいちごは、実ではなく、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって花の付け根の部分が発達して食用部となったものだなんて。いちご以外にも、りんごなどバラ科植物の一部には、実だと思って食べていたものが、じつは花托(かたく)部分だったなんてことがあるのですから、なんでも知ったつもりではいけませんね(笑)

さらに注目してほしいのが、いちごの断面図です。いちごを縦に切って、断面図を見てみるとこの粒々部分に1本1本の筋が水分や栄養を送っているのが分かります。

美味しく食べていた赤いいちごは、実ではなく、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって花の付け根の部分が発達して食用部となったものだなんて。いちご以外にも、りんごなどバラ科植物の一部には、実だと思って食べていたものが、じつは花托(かたく)部分だったなんてことがあるのですから、なんでも知ったつもりではいけませんね(笑)

目次に戻る≫

いちご(苺)のなる向きって?

もう一ついちごの特徴をご紹介します。  いちご狩りに行った方ならお馴染みの光景ですが、何か気付きませんか?片側にいちごがズラーっと並んでいます。  そうです片側だけに…なんだか不思議ではありませんか?

もう一ついちごの特徴をご紹介します。

いちご狩りに行った方ならお馴染みの光景ですが、何か気付きませんか?片側にいちごがズラーっと並んでいます。

そうです片側だけに…なんだか不思議ではありませんか?

 

同じバラ科のりんごの木をご覧ください。りんごは木の両側に実が付いています。

同じバラ科のりんごの木をご覧ください。りんごは木の両側に実が付いています。

 

じつは、いちごの花は親株と反対側に咲くという特性を持っているので、片側にいちごの実をつけるのです。  親株がないとき時の目印はランナー(親株と子株をつなぐもの)です。ランナーの逆側から花が咲くので、家庭菜園で育てるときは収穫しやすい向きにいちごの苗を植え付けてあげましょう。  いかがでしたか?  今度いちごを食べる時は、一つ一つの粒までいちごをじっくり見つめながら食べてみてくださいね。

じつは、いちごの花は親株と反対側に咲くという特性を持っているので、片側にいちごの実をつけるのです。

親株がないとき時の目印はランナー(親株と子株をつなぐもの)です。ランナーの逆側から花が咲くので、家庭菜園で育てるときは収穫しやすい向きにいちごの苗を植え付けてあげましょう。

いかがでしたか?

今度いちごを食べる時は、一つ一つの粒までいちごをじっくり見つめながら食べてみてくださいね。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

 

▼関連ワード

「知っていると面白い!いちご(苺)の実は赤い部分ではない。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ