スイカ(西瓜・すいか)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
スイカ(西瓜・すいか)
学名

Citrullus lanatus

英名
Watermelon
和名
西瓜
科名
ウリ科
属名
スイカ属
原産地
熱帯アフリカサバンナ、砂漠地帯

スイカ(西瓜・すいか)の特徴

つる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物です。スイカは高温と乾燥を好むため、多湿に弱い性質があります。家庭菜園でスイカを育てるときは、くれぐれも水の与えすぎには注意しましょう。

スイカの形は日本では球形が主流ですが、海外では楕円形が主に流通しています。

スイカは紀元前5000年にはすでに南アフリカで栽培されており、3000年前のエジプトでも栽培が行われていたといわれています。その後中国に伝わり、中国から日本へ渡来しました。

中国語では水分が多く、西域から伝わったため、「西瓜」と呼ばれるようになりました。日本でも漢字で西瓜と書きます。

南アフリカ中央のカラハリ砂漠から、サバンナ地帯で野生種が見つかっているため、アフリカが起源とされています。あんなにも水分を含むスイカの原産地が、砂漠というのはとても意外ですね。

 

スイカ(西瓜・すいか)の詳細情報

園芸分類 野菜
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 6~7月

「日本の夏の風物詩」であるスイカの果肉の成分は、約95パーセント程が水分です。アフリカで水分として扱われていたことも納得できる数値です。

スイカにはビタミンA(カロテン)やB1、B2、Cの他、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル類、グルタミン酸やアルギニンなど、多くの成分をバランスよく含んでいます。

果糖やブドウ糖はエネルギー転換が速やかなので、 冷たいスイカを食べると猛暑で疲労した体も癒してくれます。塩をかけて食べればスポーツ飲料と同じ効果を得られ、夏の水分補給にはもってこいの果実です。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング