雑草対策のグランドカバーにおすすめ!ワイルドストロベリー

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ワイルドストロベリーは、バラ科の常緑多年草のハーブ。

ワイルドストロベリーという名前からもわかるように、イチゴの野生種なので性質がとても丈夫な植物です。

最初はコンテナに植えたワイルドストロベリーの1株が、自然に地面に根を下ろして根付き、今ではワイルドストロベリーの道になってしまいました。ワイルドストロベリーは、葉っぱが明るいグリーン色なので通路が明るい雰囲気に。
レンガの道の左側がワイルドストロベリー

レンガの道の左側がワイルドストロベリー

目次

始まりは一株から

グランドカバーに使う植物を選ぶポイント

ワイルドストロベリーの花から実りの過程

始まりは一株から

コンテナに植えたワイルドストロベリー1株がこんな風に増えるということは繁殖力が旺盛な証拠です。

以前はこのスペースは軒下なので、何も植えていなくて土が見えているスペースでした。そのため、夏場は雑草を抜くのが夏の庭仕事のひとつだったのですが、気づけば今ではその仕事から解放されている、ありがたい存在です。春になるとモリモリと新しい葉っぱが増えて、その隙間から忘れな草がこぼれ種で発芽。
ワイルドストロベリーの隙間にネモフィラやネメシアなどの草花を植えてみました。

ワイルドストロベリーの隙間にネモフィラやネメシアなどの草花を植えてみました。

目次に戻る≫

グランドカバーに使う植物を選ぶポイント

植えたいスペースの環境

グランドカバープランツを植えたい場合、その空間の環境にあった植物を選ぶことが大切です。

そのスペースが日当たりがいいのか、半日陰なのか、日陰なのかを調べて、その空間にあった植物を選ぶことが大切です。環境にあわない植物を植えても、グランドカバーとして増えるのは難しいからです。

ちなみにワイルドストロベリーは日当たりを好む植物ですが、我が家のスペースは午後しか日が当たらない半日陰です。日当たりがいい方が花つき・実つきがよくなりますが、半日くらい日が当たるスペースなら栽培可能です。

ワイルドストロベリーは増えたときに整理しやすい!

例えば私の場合は、空いている土の部分はどんどん増えてもらいたいですが、通路にまで進出しては困ります。そんな時にワイルドストロベリーは「抜くのが楽」。根が浅いのでスコップで簡単に整理できるので、通路にはみ出てきたら整理しています。

これがアイビーのような根の張り方が強い植物だと、増えすぎた時に抜くのが大変!腰が抜けるかと思うような力の必要な作業です。

いくらでも増えてもまったく構わない、数年間足を踏み入れないスペースの雑草対策なら、いわゆる「爆殖植物」を選ぶとよいと思うのですが、限られたスペース以上には増えてほしくないという場合は、整理しやすい植物を選ぶのが大切です!

その点、ワイルドストロベリーは生長は旺盛なので「爆殖植物」的な要素もありますが、根が浅いので女性が管理するにはとてもおすすめの植物です。

目次に戻る≫

ワイルドストロベリーの花から実りの過程

ワイルドストロベリーは、常緑なので冬場も葉っぱはありますが、4月ごろになると急に新しい葉っぱがモリモリと出てきて、小さな白い花を咲かせます。小さな新しい葉っぱもかわいいです。

ワイルドストロベリーとネモフィラ(水色の花)

ワイルドストロベリーとネモフィラ(水色の花)

 

白い花びらが散ると、中心部分がぷっくりと膨らんできて実になります。実が色づくのが5月中旬くらいから。

白い花びらが散ると、中心部分がぷっくりと膨らんできて実になります。実が色づくのが5月中旬くらいから。

 

ランナーとは写真の赤いツルのこと。ランナーから出た新しい葉っぱの下の部分、写真で〇をつけた部分が地面につくと、そこから根っこが出て新しい株になります。

ワイルドストロベリーは、5月ごろ花の開花や実がつきだすのと同時並行でランナーがでてきます。

ランナーとは写真の赤いツルのこと。ランナーから出た新しい葉っぱの下の部分、写真で〇をつけた部分が地面につくと、そこから根っこが出て新しい株になります。

 

1株から今ではいったい何株になったのでしょうか。明るい緑色なので空間を明るく彩ってくれます。冬場も葉っぱがあるのでおすすめです。

1株のワイルドストロベリーから今ではいったい何株になったのでしょうか。ワイルドストロベリーの葉っぱは、明るい緑色なので空間を明るく彩ってくれます。冬場も葉っぱがあるのもグランドカバーとしておすすめする理由のひとつです。

目次に戻る≫

ワイルドストロベリーは、グランドカバーとしてでなく、ハンギングやコンテナの寄せ植えの素材としても素敵なグリーンなので、ぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

 

▼ワイルドストロベリーとハーブの関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「雑草対策のグランドカバーにおすすめ!ワイルドストロベリー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ