エディブルガーデン12か月|10月の作業

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

illustration:小野寺 葉月

エディブルガーデンとは?

野菜や果樹、ハーブなど食べられる植物を取り入れ、育てて収穫を楽しむことができる庭や菜園のことを意味します。

今年から家庭菜園を始めようとしているみなさんと一緒に楽しいエディブルガーデン作りを始めましょう。

さあ、エディブルガーデン12か月の始まりです!

目次

二十四節気〜10月は寒露・霜降

家庭菜園〜10月の作業

いちごにおすすめのコンパニオンプランツは?

いちごの伸びてきたランナーはどうするの?

いちごの収穫後の株はどうするの?

10月にまいてほしい野菜の種

 

二十四節気〜10月は寒露・霜降

〜寒露〜  葉に冷たい霜がつき、秋の深まりを感じさせます。木々の紅葉が始まり、美味しい木の実や果物の収穫が食欲の秋をいっそう楽しませてくれます。

〜寒露〜

葉に冷たい霜がつき、秋の深まりを感じさせます。木々の紅葉が始まり、美味しい木の実や果物の収穫が食欲の秋をいっそう楽しませてくれます。

 

〜霜降〜  自然も私たちも、徐々に冬支度を始めます。風が冷たい、秋の深まりです。

〜霜降〜

自然も私たちも、徐々に冬支度を始めます。風が冷たい、秋の深まりです。

9月のおさらい

・9月にまける種

・秋冬野菜植え付け後の注意と対策

・9月の要注意害虫

・害虫を寄せ付けないための対策

 

目次に戻る≫

家庭菜園〜10月の作業

真っ赤な粒が可愛い「いちご」は、親株からランナーを伸ばし、子株、孫株と株を増やしながら、越冬して実を付ける多年草の植物です。園芸店などで販売されているいちごの苗は、植え付けてから実がなるまで半年ほどの長い期間を必要とします。来年の春お家でいちご狩りができるように、10月の作業はいちごの植え付けをスタートしましょう。

真っ赤な粒が可愛い「いちご」は、親株からランナーを伸ばし、子株、孫株と株を増やしながら、越冬して実を付ける多年草の植物です。園芸店などで販売されているいちごの苗は、植え付けてから実がなるまで半年ほどの長い期間を必要とします。来年の春お家でいちご狩りができるように、10月の作業はいちごの植え付けをスタートしましょう。

 

いちごの苗の選び方

1. 葉が青々としているもの  葉がうどん粉病などの病気にかかっていると、白く粉を吹いたようになっています。綺麗な青々としたいちごの苗を選びましょう。  2. ランナーの切り残しがあるもの  ランナーとは、親株から伸びたツルのようなもののことです。  なぜこのランナーがあるといいのか?  それは、この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、このランナーがあることで日当たりやいちごが収穫しやすいように工夫することができます。  3. 病害虫被害のないもの  新芽にアブラムシなどがついていませんか?  苗の底や株元にナメクジはいませんか?

illustration:小野寺 葉月

1. 葉が青々としているもの

葉がうどん粉病などの病気にかかっていると、白く粉を吹いたようになっています。綺麗な青々としたいちごの苗を選びましょう。

2. ランナーの切り残しがあるもの

ランナーとは、親株から伸びたツルのようなもののことです。

なぜこのランナーがあるといいのか?

それは、この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、このランナーがあることで日当たりやいちごが収穫しやすいように工夫することができます。

3. 病害虫被害のないもの

新芽にアブラムシなどがついていませんか?

苗の底や株元にナメクジはいませんか?

 

4. クラウンの部分がしっかりしているもの  クラウンとは、根元にある王冠に似た部分です。このクラウンを埋めないように気を配りながら植え付けます。

4. クラウンの部分がしっかりしているもの

クラウンとは、根元にある王冠に似た部分です。このクラウンを埋めないように気を配りながら植え付けます。

いちごの植え付けのポイント

Point① 親株から伸びているランナーを北側に向けて植える  →いちごの花や実はランナーの反対側につく性質があるため、南側に十分な光を当てることができます。  この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、苗を購入して植え付けるときは、ランナーを北側に向けてると花や実に光を当てることができます。  Point② 浅植えにする  →生長点でもあるクラウンを埋めてしまわないようにするためです。  しかし、いちごの根は浅く広がっていくために、極端な浅植えにしてしまうと根が乾燥してしまいますので注意しましょう。  Point③ 多畝(たかうね)にして、マルチや敷きわらをする  →いつもより高さのある畝をを作り、マルチや敷きわらをすることで、いちごの実を傷つけないようにします。

illustration:小野寺 葉月

Point① 親株から伸びているランナーを北側に向けて植える

→いちごの花や実はランナーの反対側につく性質があるため、南側に十分な光を当てることができます。

この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、苗を購入して植え付けるときは、ランナーを北側に向けてると花や実に光を当てることができます。

Point② 浅植えにする

→生長点でもあるクラウンを埋めてしまわないようにするためです。

しかし、いちごの根は浅く広がっていくために、極端な浅植えにしてしまうと根が乾燥してしまいますので注意しましょう。

Point③ 多畝(たかうね)にして、マルチや敷きわらをする

→いつもより高さのある畝をを作り、マルチや敷きわらをすることで、いちごの実を傷つけないようにします。

収穫できるまでのいちごの生育

植え付けたいちごが、収穫できるようになるまでの生育の様子と育て方をご紹介します。

10~12月

この時期のいちごは、しっかりと根を伸ばしながら葉を増やし、苗に栄養を溜め込みます。

・水やり

気温の低下とともに、いちごは休眠期に入ります。水をあげるときは、暖かい日の午前中に与えるなどの配慮をしましょう。

・黄葉取り

病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。

冬は寒さで葉が茶色や紫色になりがちです。クラウンの部分が元気ならば問題ありません。温かい春になれば、ぐんぐん生長しだします。

・肥料

1回目の肥料は、植えつけてから1か月後頃です。いちご用(野菜でも可)の肥料を施しましょう。

1~2月

休眠期に咲いたいちごの花は、地温の上昇で咲いたものです。しかし、このまま生育させても充分育ちません。休眠期が終わるまで咲いた花は摘み取りましょう。  ・水やり  この時期は、いちごの休眠期です。引き続き水をあげるときは、暖かい日の午前中に与えましょう。  ・黄葉取り  病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。  ・肥料  この時期は特に必要ありません。

休眠期に咲いたいちごの花は、地温の上昇で咲いたものです。しかし、このまま生育させても充分育ちません。休眠期が終わるまで咲いた花は摘み取りましょう。

・水やり

この時期は、いちごの休眠期です。引き続き水をあげるときは、暖かい日の午前中に与えましょう。

・黄葉取り

病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。

・肥料

この時期は特に必要ありません。

3月

休眠期が終わり、2月下旬~3月初旬頃花が咲き、実が膨らみ出します。この時期のいちごの花は、摘み取らないで、大きく育てましょう。  ・受粉  いちごは自家受粉をして実のります。花はたくさん咲くのに実が大きくならない、いちごの実が奇形などの場合は、充分な受粉が行われていない可能性があります。筆で優しくいちごの花の中心をなでるように人工授粉で、いちごを実らせましょう。  ・水やり  水は与えつつも、排水性の良い環境で育てましょう。  ・黄葉取り  病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。  ・肥料  2回目の肥料は、休眠期が終わった2月下旬~3月下旬頃に追肥を施します。これからの生育のための肥料ですので、忘れずに施しましょう。  ・防鳥ネット  鳥につつかれないように、ネットをかけて鳥の被害を防ぎましょう。

休眠期が終わり、2月下旬~3月初旬頃花が咲き、実が膨らみ出します。この時期のいちごの花は、摘み取らないで、大きく育てましょう。

・受粉

いちごは自家受粉をして実のります。花はたくさん咲くのに実が大きくならない、いちごの実が奇形などの場合は、充分な受粉が行われていない可能性があります。筆で優しくいちごの花の中心をなでるように人工授粉で、いちごを実らせましょう。

・水やり

水は与えつつも、排水性の良い環境で育てましょう。

・黄葉取り

病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。

・肥料

2回目の肥料は、休眠期が終わった2月下旬~3月下旬頃に追肥を施します。これからの生育のための肥料ですので、忘れずに施しましょう。

・防鳥ネット

鳥につつかれないように、ネットをかけて鳥の被害を防ぎましょう。

4月

4月初旬  実はまだ青いですが、大きく育っています。

4月初旬

実はまだ青いですが、大きく育っています。

 

4月中旬  どんどんいちごの実が赤くなってきました。収穫まであと少しです。  ・水やり  水は与えつつも、排水性の良い環境で育てましょう。  ・黄葉取り  病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。  ・肥料  3回目の肥料は、3月下旬~4月下旬頃に追肥を施します。収穫全盛期に向けての景気付けの追肥です。

4月中旬

どんどんいちごの実が赤くなってきました。収穫まであと少しです。

・水やり

水は与えつつも、排水性の良い環境で育てましょう。

・黄葉取り

病葉や茶色くなって枯れた葉を順次取り除きます。

・肥料

3回目の肥料は、3月下旬~4月下旬頃に追肥を施します。収穫全盛期に向けての景気付けの追肥です。

5~6月

・収穫

存分にいちご狩りを楽しんでくだい。

いちごの練乳掛け、いちごを凍らせてスムージー、たくさん収穫出来たらいちごジャム、氷砂糖といちごで作る簡単シロップ、いちごの酵素ジュース…夢は無限に広がります。

いちご(イチゴ・苺)

  • 甘くて美味しいフルーツとして人気のあるいちごですが、じつは野菜の仲間です。

    「野菜とは草本性の植物」という意味で、いちごはスイカやメロンと同様に苗を植えて1年で収穫することから一般的な野菜と同じ草本性として分類されています。

    ハウス栽培が盛んで、夏の一時期を除いてほぼ一年中出回っていますが、春から初夏にかけてが本来の旬です。

    いちごは、軸に近い部分より先端の方が糖度が高く、果肉の中心よりも表面の方が甘いとされています。ビタミンCや葉酸が多く含まれます。

    いちごの実と思って食べている部分は、花托(かたく)又は花床(かしょう)といって花の付け根の部分が発達して食用部となったものです。 いちごの本当の実の部分はいちごの「粒々(実)部分」です。ちなみに、いちごを縦に切って、断面図を見てみるとこの粒々(実)部分に1本1本の筋が水分や栄養を送っているのが分かります。この粒々の中に種がありますので、種をまくときはこの粒々部分を土にまきます。

    いちごは、親株からランナーを伸ばし、子株、孫株と株を増やし、越冬して実を付ける多年草です。

    この親株から伸びたランナーの向きと反対方向にいちごの花房が出るので、苗を購入して植え付けるときは、ランナーを北側に向けてると花や実に光を当てることができます。また、ランナーを通路側とは反対方向に向けて植え付けると、いちごが収穫しやすいように工夫することができます。

    園芸店などで販売されているいちごの苗は、植え付けてから実がなるまで半年ほどの長い期間を必要とします。

    現在食べられているいちごは、近年の品種改良によるものですが、野生のイチゴは、はるか昔から世界的に食べられていました。

    野いちごの種類も豊富で、クサイチゴ、クマイチゴ、バライチゴ、モミジイチゴ、ナワシロイチゴなど。同じバラ科ですが、これらの野いちごは全てキイチゴ属です。私たちが現在食べているいちごは、オランダイチゴ属といいます。野生のいちごとは違い、栽培された大粒のいちごが江戸時代にオランダより持ち込まれました。

 

目次に戻る≫

いちごにおすすめのコンパニオンプランツは?

にんにく  にんにくは様々な植物と相性が良い「コンパニオンプランツ」の代表格です。にんにくの強い香りが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけることができます。いちごと混植すると、病害虫を防ぐ効果が期待できます。  ホームセンターや園芸店などで「にんにく種球」を用意しましょう。にんにくはプランターでも簡単に育てられます。

にんにく

にんにくは様々な植物と相性が良い「コンパニオンプランツ」の代表格です。にんにくの強い香りが、アブラムシやネキリムシなどの害虫を遠ざけることができます。いちごと混植すると、病害虫を防ぐ効果が期待できます。

ホームセンターや園芸店などで「にんにく種球」を用意しましょう。にんにくはプランターでも簡単に育てられます。

ニンニク(にんにく・大蒜)

  • ニンニクはネギ属の仲間で、ガーリックの名でも親しまれています。鱗茎(りんけい)は強い辛味と特有の臭気があり、香辛料として料理に欠かせない存在です。

    若い葉を収穫した葉ニンニクや若い花茎を食用にする茎ニンニク(ニンニクの芽)があります。

    玉ねぎなどと共に、古代エジプトでは、ピラミッドをつくった作業員たちに強壮剤として支給されていたのがニンニクだったそうです。彼らが粗末な食生活にもかかわらず、重労働に耐えられたのはニンニクの効用のおかげだったのでしょうか。

    ネギ科の仲間である玉ねぎ同様、ニンニクの原産地自体が定かではなく、野生のニンニク種というものが見つかっていません。

 

目次に戻る≫

いちごの伸びてきたランナーはどうするの?

植物を育てる上で、育てる品種も違えば、環境も違い、育てる人も違います。伸びてきたランナーの扱いについては、生産のプロの方、専門家の方の所説を取り入れて実験のようなつもりで育ててみてください。  ランナーを摘み取る説 いちごの実に栄養を取り入れ甘くするために、その時期に伸びてくる不要なランナーを摘み取るという考え方です。  ランナーは残す説 ランナーを放任することでいちごの苗の根を伸ばすという考え方です。というのも、植物の葉は、葉の広がりと同じように地中でも根を広げます。葉を増やすことで、光合成を増やし、いちごを甘くすることができます。

植物を育てる上で、育てる品種も違えば、環境も違い、育てる人も違います。伸びてきたランナーの扱いについては、生産のプロの方、専門家の方の所説を取り入れて実験のようなつもりで育ててみてください。

ランナーを摘み取る説

いちごの実に栄養を取り入れ甘くするために、その時期に伸びてくる不要なランナーを摘み取るという考え方です。

ランナーは残す説

ランナーを放任することでいちごの苗の根を伸ばすという考え方です。というのも、植物の葉は、葉の広がりと同じように地中でも根を広げます。葉を増やすことで、光合成を増やし、いちごを甘くすることができます。

目次に戻る≫

いちごの収穫後の株はどうするの?

いちご栽培の楽しいところは子株がどんどん増えることです。子株をたくさん育てて、いちご畑も夢じゃないかもしれません。

残す子株

今回育てたのが親株として、そこからランナーが伸びてきたものを子株といいます。

来年の収穫のために、親株から伸びた子株をポットで新たに育てましょう。

その際、一番目の子株は親株の病気などを強く受け継ぐ傾向があるので、二番目、三番目の子株を育苗していきます。また、小さすぎて貧弱な苗も取り除きます。

子株の育苗

ランナーで伸びてきた子株に、土を入れた育苗ポットを置いて根付かせます。

子株が浮いてしまう場合は、U字に曲げた針金などを使って土に活着させましょう。

目次に戻る≫

10月にまいてほしい野菜の種

家庭菜園の9月の作業では「秋冬野菜はスタートダッシュが重要です」とご紹介してきましたが、今回おすすめしたい野菜の種は、あえて10月にまいてほしい種なんです。10月に種をまくからこそ、寒い冬を乗り切れるお豆たちをご紹介します。

※主に関東温暖地の栽培。種まきや収穫時期は品種にもよります。

ソラマメ

・種まき ~10月下旬頃まで

・収穫  5月~6月頃まで

そらまめ(そら豆・ソラマメ)

  • 豆の莢(さや)が空に向かって伸びることから、そら豆と呼ばれるようになりました。

    また、蚕を飼う初夏に収穫をむかえるそら豆は、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」とも書かれます。

    そら豆の実が充実してくると莢(さや)がふくらみ、重みで下を向きだします。

    日本では、主に完熟前の豆を食べます。ビールのお供として人気の野菜です。

    海外では、完熟したものを乾燥させ、煮豆などに使用します。

    特に幼苗期は耐寒性に優れているため、10月中旬~下旬にかけて種をまき、冬越しをして、翌年の5~6月に収穫時期を迎えます。

 

スナップエンドウ

・種まき ~10月下旬頃まで

・収穫  4月~6月頃まで

スナップエンドウ

  • スナップエンドウは、サヤエンドウのようなシャキシャキとした莢(さや)の食感と、グリンピースのように豆自体を食べることができる、両方の良さをあわせもったような野菜です。

    スナップエンドウと同じ仲間のえんどう豆の野生種は、いまだ見つかっていないようですが、えんどう豆は歴史が古く、紀元前7000年頃から南西アジアで栽培されていました。

    エジプトの有名なツタンカーメンの墓から出土するなど古代ローマやギリシャで栽培されるほど、歴史的にも大変古く重要な作物だったようです。後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀頃と言われていますが、日本でえんどう豆が食べられるようになったのは江戸時代。えんどう豆は早い時代からヨーロッパ系とアジア系に分かれて発展していきましたが、大豆があったためにアジアではあまり広がらなかったようです。

    スナップエンドウは、アメリカで育種されました。1970年代以降に日本に導入された比較的新しい野菜ですが、今では全国的に栽培が広がっています。

 

さやえんどう

・種まき ~11月頃まで

・収穫  4月~6月頃まで

さやえんどう(サヤエンドウ)

  • サヤエンドウは、エンドウの未熟な莢を食用とする場合の呼び方です。

    エンドウは大きく分けて、若い莢(さや)を食用とする「サヤエンドウ」と、未熟な豆を利用するグリーンピースのような「実エンドウ」、そして完熟した豆を乾燥させて利用する「エンドウ豆」とがあります。

    最近リボベジとしても人気なスプラウトの一種「豆苗(とうみょう)」も、エンドウの若芽です。

    エンドウ豆は歴史が古く、紀元前7000年頃から南西アジアで栽培されていました。

    エジプトの有名なツタンカーメンの墓から出土するなど古代ローマやギリシャで栽培されるほど、歴史的にも大変古く重要な作物だったようです。

    後にインドから中国へ伝わり、日本へ入ったのは8~10世紀頃と言われていますが、日本でエンドウが食べられるようになったのは江戸時代。関東地方ではでは「絹さや」、関西で「サヤエンドウ」と呼ばれることが多いようです。

    その他にも呼び名が様々あり、ぶんこ、さやまめ、さんどまめ…等々これだけ地方で様々な呼び方があるサヤエンドウです。

    サヤエンドウは、つるあり種は200cm、つるなし種は40~100cmと大きく分けて2つあります。支柱を立てるときの目安となりますので、種袋の裏などで品種の確認をしましょう。

 

いかがでしたか?

これだけいちごを眺めていたら、いちごを育てたくなりますね。いちごは畑でも、プランターでも、袋栽培でも育てることができます。親株からランナーを伸ばし、子株で増やすことができるいちご栽培にみなさんも挑戦してみください。

目次に戻る≫

 

▼関連ワード

「エディブルガーデン12か月|10月の作業」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ