スパティフィラムの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

スパティフィラムの花言葉や種類、特徴をご紹介!スパティフィラムは花のように見える白い苞が美しい観葉植物。室内で育てることが多いですが、暖かい季節は外の半日陰でも楽しむことができます。

 

スパティフィラムの花言葉

「スパティフィラム」の花言葉は「上品な淑女」「清らかな心」。

 

スパティフィラムについて

科・属 サトイモ科・スパティフィラム属
和名 笹団扇(ささうちわ)
英名 Spathiphyllum
学名 Spathiphyllum
原産地 熱帯アメリカ
開花期 5月~10月

 

スパティフィラムの特徴

スパティフィラムは、白い花びらのように美しい苞が特徴の多年草。苞の内側にある棒状の部分に小さな花がたくさん咲きますが目立ちません。光沢のある鮮やかな緑色の葉と白い苞のコントラストが美しく、環境が合えば周年開花します。スパティフィラムは寒さに弱いこともあり、鉢で楽しむ室内向け観葉植物として人気があります。

スパティフィラムは基本的に丈夫で育てやすいのですが、直射日光が苦手です。室内ではレースのカーテン越しの明るい場所を好みます。全く日が差し込まない暗い場所では花を咲かせることができないので少し注意が必要です。戸外では、暖かい季節であれば半日陰や日陰の風通しの良い場所で花を楽しむことができます。寒い季節は室内に取り込みましょう。

スパティフィラムは肥料を好むので、定期的に追肥してあげると花付きも良くなります。

「スパテフィラム(Spathiphyllum)」という名は、ギリシャ語の「spathe(仏炎苞)」と「phyllon(葉)」を語源とし、見た目の特徴からつけられたと言われています。和名の「笹団扇」は、スパティフィラムの葉が笹の葉に似ていることと、苞が団扇をイメージすることが由来とされています。

 

スパティフィラムの種類

スパティフィラムは種類がとても豊富。大形種は高さ1m以上になりますが、多くは管理しやすい小形種です。斑入り葉のタイプや甘い香りがするタイプもあります。

スパティフィラムと同じサトイモ科の植物として、アンスリウムやカラーなどがあげられます。

 

▼スパティフィラムの詳しい育て方はこちら

スパティフィラム

  • スパティフィラムは熱帯アメリカの多年草で、アンスリウムやカラーなどと同じサトイモ科に属しています。 純白の仏炎苞をもつ花が美しく、多数の花が同時に開花している様子は素晴らしいです。 小型種から大型種まで様々な品種がありますが、日本で作出されたスパティフィラム・メリーが一般的に多く流通しているようです。 寒さに弱いので鉢植えが一般的ですが、夏の間の気温が高い時期に庭の日陰に植えこみ、花を楽しむことができるようです。 肥料をよく好み、施肥が足りないと花付きが悪くなることがあるそうです。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「スパティフィラムの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス