ひまわりの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

ひまわり(向日葵)は、元気!ポジティブ!元気で明るいイメージの夏の花の代表花。ひまわり(向日葵)の花言葉と種類についてご紹介。

 

ひまわり(向日葵)の花言葉

「ひまわり(向日葵)」の花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」。

白のひまわり(向日葵)の花言葉は「程よき恋愛」。

紫のひまわり(向日葵)の花言葉は「悲哀」。

大輪のひまわり(向日葵)の花言葉は「偽りの愛」「にせ金持ち」。

小輪のひまわり(向日葵)の花言葉は「高貴」「愛慕」。

 

ひまわり(向日葵)について

科・属  キク科・ヒマワリ属
和名  向日葵
英名  Sunflower
学名  Helianthus annuus
原産地  北アメリカ
開花期  7月~9月

 

ひまわり(向日葵)の特徴

ひまわりは、北アメリカが原産のキク科の1年草で、7~9月にすくっと立ちあがった茎から太陽のような大輪の花をつけます。

ひまわりの、いわゆる花びらの部分はその1枚1枚が独立した花(舌状花)でおしべはありません。また黒っぽい中心部分もひとつひとつが花(筒状花)で、こちらはおしべとめしべの両方を持つため、タネが出来ます。学名のヘリアンサスは「太陽の花」という意味で、漢字で書くと「向日葵」となります。

ひまわりは、太陽が移動することによってひまわりも花の向きが変わるということから、「日廻り(ひまわり)」と呼ばれていました。学名の「Helianthus」には「太陽の花」という意味があります。

「向日葵」は、ひまわりの花に向日性があることからつけられた「向日」に、「太陽に向かって成長する植物」という意味のある「葵」がつき、「向日葵」とかいて「ひまわり」と呼ばれるようになりました。

 

ひまわり(向日葵)の種類

様々な園芸品種が出回っているひまわり。野生のものは60種ほどあると言われています。ひまわりといえば、草丈の高いものばかりをイメージしがちですが、品種改良によって草丈10cmほどのプランター向きのものや八重咲き品種などもあり、バラエティに富んでいます。

 

ひまわり(向日葵)の種

ひまわりの種は、1.5cmくらいの大きさで、1輪につき500個から3000個ほどの種が出来ます。ひまわりの種といえばハムスターが食べるイメージがありますが、とても栄養が豊富で海外では食用としても人気があります。日本でも、炒って殻が取り除かれたものが販売されています。

ひまわりの種には、リノール酸、葉酸、ビタミン、鉄分、繊維、亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどが豊富に含まれていて、とても栄養価が高く、アメリカなどでは長寿や若返りのナッツとして知られているようです。しかし、ナッツは高カロリーなので食べすぎには注意です。

▼ひまわりの育て方など詳しい情報はこちら

ヒマワリ(向日葵)

  • 北アメリカ原産の一年草ですくっと立ちあがった茎から太陽のような大輪の花をつけます。草丈の高いものばかりをイメージしがちですが、品種改良によって草丈10センチほどのプランター向きのものや八重咲き品種などもあり、バラエティに富んでいます。

    いわゆる花びらの部分はその1枚1枚が独立した花(舌状花)でおしべはありません。また黒っぽい中心部分もひとつひとつが花(筒状花トウジョウカ)で、こちらはおしべとめしべの両方を持つため、タネが出来ます。学名のヘリアンサスは「太陽の花」という意味で、漢字で書くと「向日葵」となります。

▼ひまわりの関連記事

▼関連ワード

「ひまわりの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ