LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

観葉植物|植物図鑑1-10件 / 全103件

観葉植物の一覧です。観葉植物はインテリアとして室内でも育てられる代表的な植物です。姿や形にバリエーションが多く、初心者にも育てやすい品種が多い人気の植物です。

観葉植物の代表植物:ガジュマル、モンステラ、シマトネリコ、ポトス、サンスベリアなど

マユハケオモト(ハエマンサス)

  • オモトという名前が付いているため、引っ越し等で贈られる万年青の仲間と思うかもしれませんが、マユハケオモトはヒガンバナ科・マユハケオモト属で、万年青(キジカクシ科・オモト属)とは違う種類の植物です。マユハケオモトは南アフリカから熱帯アフリカに分布している球根植物で、その種類は60種程あります。マユハケオモトは冬生育タイプ(夏期休眠性)と夏生育タイプ(冬季休眠性)の大きく2つに分かれます。

    冬生育タイプは葉が分厚く品種によって、夏に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプに分かれ、いずれも9~11月に花を咲かせます。夏生育タイプは葉が薄く冬に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉して休眠するタイプに分かれ、6~8月に開花し、葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプがあります。どちらのタイプも葉が出ている期間に球根を生長させ、大きく育った球根は大きな花を咲かせます。

     

トックリラン・ノリナ(ポニーテール)

  • 徳利(トックリ)のようにふくらんだ株がユニーク。長い葉が頂点から馬のしっぽのようにひろがることから、英名「ポニーテールパーム」でも呼ばれています(単に縮めてポニーテールとも)。

    パームと付いていますがヤシの仲間ではありません。旧学名の「ノリナ」でもよく見かけます。

    原産地では10m以上に成長しますが、日本では鉢植えの観葉植物として流通しています。

    太い株の中には水分がたくわえられています。そのためトックリランは乾燥に強く、多少水やりを忘れてしまっても元気です。

    暑さ寒さに強いので、観葉植物の中でも育てやすい品種といえるでしょう。

エバーフレッシュ

  • エバーフレッシュは、ボリビア原産のマメ科コヨバ属の常緑高木です。日本では観葉植物として人気ですが、現地では30mを超すほどの高木になります。涼し気な明るいグリーンの葉と華奢な樹形が人気です。同じマメ科のネムノキと同じく、夜になると葉を閉じて眠ります。これを就眠(睡眠)運動と言います。この就眠運動は、夜間に葉から水分が蒸発していくのを防ぐ為だと言われています。

    エバーフレッシュは、春から夏に薄黄緑色の小さな花を咲かせます。花もネムノキの花を小さくしたような、直径2~3㎝程度の花です。花後には赤いサヤの中に黒い種子の入った実を付けます。これがアカサヤネムノキという和名の由来です。

シルクジャスミン(ゲッキツ)

  • シルクジャスミン(ゲッキツ)は東南アジア原産の常緑の小高木です。葉に光沢があり、色は明るく濃いグリーンをしています。熱帯の植物なので高温を好みますが耐寒性もあり、関東以西では地植えで越冬が可能です。

    日当たりが良いと、夏にジャスミンに似た真っ白な花がを咲かせます。シルクジャスミン(ゲッキツ)の花には芳香があり、遠くからでも甘い香りがしてくるくらいです。地植えでも鉢植えでも育てられますが、花を咲かせるには日照が必要な為、屋外で管理した方が良いでしょう。冬には直径1㎝程度の小さな赤い実を付けます。

ポインセチア

  • ポインセチアはトウダイグサ科ドウダイグサ属という常緑性低木。赤と緑が特徴的なポインセチアは、クリスマスの定番、冬になると数々のお店で飾られ街を彩ります。花屋、ホームセンターに鉢植えのポインセチアが出回るのもこの時期です。ポインセチアの赤く色付いた花に見える部分は葉で、その中央に小さく黄色に集まった部分が花になります。花の様に見える赤い部分は実は葉で、本当の花は赤い葉の中央に小さく色づく黄色の集合体。よく観察すると小ぶりの花がついています。冬に見かけることが多いため、寒い季節の植物だと思われがちですが、実は熱帯の植物です。その為寒さに弱く、ご自宅で鑑賞される際は、室内管理をしてください。ポインセチアは、日本では鉢植えで育てる植物で、サイズも小さなサイズですが、本国メキシコのポインセチアは、地植えで数メートルの高さもある、野趣あふれる樹木です。

サンスベリア・ロブスタ・ブルー

  • サンスベリア・ロブスタ・ブルーは、まだあまり出回っていない希少種です。ブルーグレイの葉が特徴的で、数あるサンスベリアの中でも人気の高い品種です。

    サンスベリアは空気清浄能力が高く、さらには金運をアップさせる開運植物として売られることもあります。

    葉に水分を蓄えることが出来るため、乾燥に強く、逆に蒸れに弱い傾向があります。

パキラ

  • 原産地では熱帯の日当たりが良い場所に生育する常緑高木です。その高さは20mにもおよびます。大きく育った樹木には果実が実り、その種子は焼いて食用にされています。葉は艶があり5~7枚くらいのボート型の葉が手を広げた様に放射状に広がり個性的な葉をしています。観葉植物としても育てやすく、室内では日光が当たる明るい場所が適していますが薄日程度でも育てることが出来ます。陽があたらない場合は徒長(間伸びして枝が細く長く伸びる)して下の方の葉が落ちます。徒長した枝は水耕栽培や挿し木で増やす事が出来る丈夫な植物です。湿度を好む植物ですが、水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は水やりを控えめにし、時々霧吹きなどで水をあたえ、葉や樹木の乾燥を防ぐとよいでしょう。

    インテリアとの相性も抜群で、樹形の大きさをコントロールしやすく、根もあまり張らないため、大きくさせずに長い期間に渡って育てていくことができます。

    ハイドロカルチャーを使って、ミニサイズで育てることもできます。小さいものから大きいものまで、様々な鑑賞の需要に応えてくれる観葉植物です。

フィカス・アルテシマ(フィカス・アルテシーマ)

  • フィカス・アルテシマ(フィカス・アルテシーマ)はゴムの木の仲間で、明るいグリーン~黄色の斑入りの葉が特徴の植物です。品種名であるアルテシマはラテン語で「最も背が高い」という意味であることからもわかるように、原産地ではかなり大きくなる木です。耐寒性がないため、日本では観葉植物として分類されていますが、大きな鉢に植えると3m近くのサイズになります。つやがある美しい斑入りの葉はインテリアグリーン、ショップディスプレイなどに利用され、とても人気の高い観葉植物のひとつです。

ミリオンバンブー

  • ミリオンバンブーは正式名称がドラセナ・サンデリアーナというリュウゼツラン科の常緑低木でバンブーと名前がついていますが竹の仲間ではありません。

    ミリオンバンブーの幹が竹のように見えるため風水でも開運や金運を呼ぶ植物と好まれ富貴竹や開運竹、万年竹という別名が付けられています。

    格子状に仕立てられたものなど様々な形に仕立てられています。

    ミリオンバンブーの葉は緑色地に淡い黄色の覆輪斑が大きく入るものが多く流通しますが、他に鮮やかな黄色の品種や緑色単色の品種があります。

    耐寒温度は5度以上と比較的丈夫で耐陰性に優れているという性質からもインテリアグリーンとして好まれます。また、ハイドロカルチャーなどで水耕栽培も出来ます。

クロトン

  • クロトンは一般に育てられているのは常緑の小高木または低木になる園芸品種で、品種によって50cm~2.5mほどになります。

    クロトンの別名に変葉木(ヘンヨウボク)と呼ばれるように葉の形や色が変化に富んでいて葉色は鮮やかな緑色をもとに黄、赤、白、紫などが混じり、葉形には広葉系、長葉系、らせん系、細葉系、鉾葉系、有角系、飛び葉系などがあり観賞価値が高いです。

    クロトンは雌雄同株ですが花にはあまり観賞価値はありません。光線が不足すると葉色があせたように悪くなるためできるだけ光線の良く当たる場所に置きましょう。繁殖は挿し木かとり木で行います。

    沖縄などの温暖な地域では路肩に挿し木で増やされていたり、生垣からクロトンが生えたりしています。

    クロトンはトウダイグサ科(ユーフォルビア)に分類されており、乳白色の樹液を持っています。この樹液は体質によっては皮膚がかぶれてしまうことがあるため、剪定などをするときは出来るだけゴム手袋などを装着し、触れないようにした方がよいでしょう。

123...10...»

人気の植物ランキング