オキザリスの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オキザリスの花言葉や種類、特徴をご紹介!オキザリスは、日本に自生しているカタバミの仲間。様々な園芸品種が流通し、庭植えや寄せ植えなどによく用いられます。

 

オキザリスの花言葉

オキザリスの花言葉は、「輝く心」「決してあなたを捨てません」。

 

オキザリスについて

科・属 カタバミ科・カタバミ属
和名 はなかたばみ
英名 Wood sorrel
学名 Oxalis
原産地 南アフリカ・中南米
開花期

春咲き、冬咲き、四季咲きなど品種による

 

オキザリスの特徴

オキザリス 花言葉 育て方 種類

オキザリスは日本の道端に生えるカタバミの仲間で、世界には800種類ほど分布しています。球根を持つタイプ、ロゼット状、低木状、多肉植物に似たタイプなど、様々な形状があり、開花期や好む環境、性質も多様です。おもに球根を持つタイプが園芸品種として流通しています。

夏は休眠して秋から冬に開花するタイプ、冬に休眠して春から夏に咲くタイプ、四季咲きタイプなどに分けられます。花色は白、黄、ピンク、薄紫、複色などで、葉色は緑色の他、紫色(銅葉色)のタイプもあります。大きく分けると小型、中型、大型の種類の球根があります。

丈夫で生命力が強く、日当たりが良ければたくさんの花を咲かせます。朝に日光が当たり始めると花が開き、夕方に陽ざしが陰ると閉じ、曇りの日や雨の日も閉じる性質があります。葉はハート型の3つ葉が多いですが、細い葉や4つ葉、複数に裂けている葉、多肉質の葉、短い毛が生えている葉など多様です。草丈は5~15cmくらいで這うように広がって生長します。

オキザリスの花言葉「輝く心」は、カタバミ属(Oxalis)は葉や茎に酸味を感じるシュウ酸を含むため、ギリシャ語で「酸い」を意味するoxysを由来に名が付いていて、古代にはシュウ酸を含む葉や茎で金属の鏡などを磨いていたことにちなんで付けられたと言われています。「決してあなたを捨てません」は、地植えにするとどんどん増える強健な姿からイメージして付けられたそうです。

 

オキザリスの種類

オキザリス’ボーウィー’

大輪のピンクの花が咲きます。開花時期は9月~2月頃。

オキザリス’プルプレア’

ピンク、白、薄紫などの花色があり、大輪の花が咲きます。葉色が紫色(銅葉色)で花がピンクのタイプは、カラーリーフとしても人気で寄せ植えにも使われます。開花時期は11月~3月頃。

オキザリス’トリアングラリス’

濃い紫色のシックな葉色をしています。花は小さく、花色は白またはピンクです。開花時期は4月~9月頃。

オキザリス’バーシカラー

白い花びらの裏側に濃いピンクの覆輪が入っていて、咲いた時は白花、花を閉じた時の姿はカラフルで可愛く、まるでパラソルを閉じた時のようなオキザリス。11月~2月頃に開花。

 

▼オキザリスの詳しい育て方はこちら

オキザリス

  • オキザリスは日本でいうカタバミで草丈5cm~15cmほどになります。世界中には800種類程分布し日本では30種位の品種を見る事が出来ます。そのうち5種類が日本でも自生し分布しています。冬咲きと春咲きがあり、大きく分けると小型、中型、大型の種類の球根があります。色とりどりの花を咲かせる耐寒性球根です。球根なので休眠期があり、休眠期の間に土の中で分球します。生命力が強く、這うように増えて次々と花を咲かせていきます。 日当たりがよければたくさん花を咲かせ、朝になり陽が当たり始めると咲き、夕方に陽ざしが陰ると閉じ、曇りの日や雨の日は閉じる性質をしています。


▼オキザリスの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オキザリスの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス