植物のいる暮らしの魅力って何?

熊木健二

熊木健二

公開日 :

植物のいる暮らしって、とても素敵ですよね。

ご自宅で、こんな植物育ててるよ。ベランダや庭には、こんな植物がいるよ。という多くの方が様々なジャンルの花・植物を育てているかと思います。やっぱり、近くに植物がいると癒されますよね。

癒されるだけでなく、一緒に暮らしていて生長した姿を見せてくれたり、花を咲かせてくれたり、同じ空間にいるだけで楽しくなってきます。植物を育ててない方やこれから植物を育ててみたいという方は、ぜひ植物のいる暮らしを始めてみませんか?今回は植物のいる暮らしの魅力をお伝えします。

植物のいる暮らしの魅力

imgp2508

朝の始まりに植物を観察する

朝起きたときに、毎朝植物を観察するのがとても楽しいんです。小さな芽が少し大きく生長していたり、変化があると嬉しいもの。窓を開けて空間の入れ替えて、植物の観察をする朝は爽やかな気持ちになれますよ。

 

植物の姿が愛おしい

土がカラカラに乾いていたら、水をあげましょう。土にだけなく葉っぱにも水をあげます。葉っぱからも水を吸うんです。朝の光を気持ち良さそうに浴びる姿は、とても愛おしいです。

 

新鮮な空気を植物と

空気がこもると良くないので、窓を開けて風通しを良くしたり、換気扇を回しましょう。とても気持ちが良いんです。植物を育てていると、僕らにとっても良い環境にしてくれると思います。

 

休日も部屋で過ごしたくなる!

休日、どこかへ出かけるのも楽しいんですが、たまには家でゆったり過ごすのもいいかも。好きな音楽を聴いたり、溜めてたテレビを見たり。そんな時に部屋にグリーンがあると、なんだかゆったり過ごせる気分になります。大きな観葉植物があったり、吊るした植物あると、癒しの空間になって良いですよ。こんなおうちで、ゆったりコーヒーを飲んだり、昼寝もしてみたいですね。

 

 

お部屋に合わせて

お部屋の光の入り具合に合わせて、雰囲気に合わせて植物を取り入れてみるのも楽しいんです。観葉植物の中にも様々な形や大きさの植物がいます。お好みの植物を見つけて、一緒に暮らすんです。愛着が沸いてきて、素敵な暮らしになると思います。

 

お気に入りの空間に

やっぱり、ひとつでも植物があると良い空間になりますね。植物だけでなく、生花を飾ったり、流木などナチュラルな雰囲気でお部屋を飾ったり。自慢の癒しの空間をつくりませんか。帰ってくるのが楽しくなりますよ。垂らしたり、まとめて置いたり、飾り方にもこだわっていきますよ^^

インテリアに合う植物でなく、植物に合うインテリアを選ぶようになっていたり。光の入り方に合わせて置き場を変えたり、植物のためにサーキュレーターをまわして風通しをよくしたり、気づいたら植物中心の生活になっていたり。笑 でも、そんな暮らしが楽しんです!

 

植物をどんどん知りたくなる

あの植物は直射日光だと葉が焼けてしまうから、ここに。そんな風に、ひとつひとつの植物(相手)のことを考えるようになっていきますよ。今の時期は日中、日に当てたら夜の窓辺は冷えるので窓辺から離して、暖かいところ(室内の中心など)に移動してあげると良いと思います。

 

寒い冬越しを頑張れば、来年また生育シーズンにグングンと生長してくれると思います!のほほんとゆったりした癒しの空間で植物のいる、すてきな暮らしをはじめませんか。

 

▼関連記事はこちら

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植物のいる暮らしの魅力って何?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。

『インテリアグリーン』デイリーアクセスランキング

おすすめ