8月6日の誕生花|トレニア

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

8月6日の誕生花は「トレニア」です。「トレニア」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

8月6日の誕生花

8月6日の誕生花は「トレニア」。

トレニア」の花言葉は「ひらめき」「温和」。

 

トレニアについて

科・属  ゴマノハグサ科・トレニア属
和名  夏菫
英名  Torenia・Bluewings、Wishbone flower
学名  Torenia fournieri
原産地  インドシナ半島
開花期  6月~10月頃

 

トレニアの特徴

トレニアはゴマノハグサ科の植物です。熱帯地域原産なので生育適温が15℃~30℃で暑さに強く、開花期の長い一年草です。初夏から秋まで、小さな可愛らしい鮮やかな花をたくさん株に咲かせてくれる、夏花壇の定番材料のひとつです。トレニアは生育が旺盛で草丈20~30cmにこんもり茂るような姿になります。ゴマノハグサ科特有の唇形の花で花色が野生のスミレに似ていることから別名にナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)といわれています。トレニアは夏の多湿にも強く育てやすいですが極端な乾燥は嫌います。横に広がって生長するので花壇の縁取りやハンギングバスケットに適しています。

トレニアの学名の「Torenia」は、スウェーデンの東インド会社の宣教師トレーン(O.Toren)の名前にちなんでつけられました。

 

トレニアの種類

花色は白に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。

トレニアの育て方など詳しい情報はこちら

トレニア

  • トレニアは熱帯地域原産なので生育適温が15℃~30℃で暑さに強く、夏から秋の花壇に適した開花期の長い一年草から多年草です。生育が旺盛で草丈20~30cmにこんもり茂るような姿になります。花色は白地に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。

    花形は唇形で花色が野生のスミレに似ていることから別名にナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)といわれています。夏の多湿にも強く育てやすい植物ですが極端な乾燥は嫌います。横に広がって生長するので花壇の縁取りやハンギングバスケットに適しています。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「8月6日の誕生花|トレニア」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ