家庭菜園特集

ツユクサ(露草)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

ツユクサ(露草)は梅雨時期から咲く、爽やかな青色の花。ツユクサ(露草)の花言葉と種類についてご紹介。

 

ツユクサ(露草)の花言葉

ツユクサ(露草)の花言葉は「尊敬」「小夜曲(セレナーデ)」。

 

ツユクサ(露草)について

科・属  ツユクサ科・ツユクサ属
和名  露草
英名  day flower
学名  Commelina communis
原産地  東アジアの温帯
開花期  6月~9月頃

 

ツユクサ(露草)の特徴

ツユクサ(露草)は東アジアの温帯に広く分布する一年草で6月~9月に小さな青い花をつけることで古くから親しまれています。茂り始めると茎を長くのばし、地を這って枝分かれする茎の節々から根を出して他の植物を覆うほどに生育旺盛なため雑草として扱われます。ツユクサ(露草)の花は早朝から開花し午後にはしぼむ性質があります。内側に付く3枚の花びらのうち2枚は大きく鮮やかな青色ですが残りの1枚は小さく白いためあまり目立ちません。ツユクサ(露草)のおしべは6本ありそのうちの2本がめしべとともに前に長く突き出しています。中心部にある雄しべの黄色が青色を背景に引き立たせています。

 

ツユクサ(露草)の種類

美しい青色の花が特徴的なツユクサ(露草)。ツユクサ(露草)の仲間では、青色のほかに紫やピンク、白の花も咲かせるものもあります。

 

ツユクサ(露草)の名前の由来

ツユクサ(露草)の名前の由来は諸説あり、露を帯びた草だという意味、よく露を保つ草だから、ともいわれています。また朝露が乾かないうちにしぼんでしまう一日花の性質からきているともいわれます。万葉集ではツキクサとよばれていますが、これは衣服を花の色素で染めていたので染料がつく、という意味の着草(ツキクサ)からきていると考えられます。学名はオランダの植物学者のジャン・コムメリンとガスパルト・コムメリンにちなんだ名前です。

 

ツユクサ(露草)の色水遊び

ツユクサ(露草)の花びらを集めてビニール袋に入れ花びらをつぶして色を出します。ある程度潰れたら水を足して色水を作ります。この青い色水にレモン汁を加えるとしばらくするとピンク色に変わります。また、青い色水に重曹を入れると緑色に変わります。手品のようにして子どもとツユクサ(露草)の色水で遊ぶのもよいでしょう。

 

下絵書きに使われたツユクサの汁

ツユクサ(露草)の花びらを集め、絞った汁を友禅染などの下絵を描くときに使われているそうです。

完成したときには消えてほしい下絵。ツユクサ(露草)の花の汁は水で消えるという性質から、下絵としてツユクサ(露草)の花の汁で書き、出来上がって洗った時に下絵が消えてくれるので使われているそうです。使われているのは普通のツユクサ(露草)の花の3倍ほどの大きさがある種類のものだそうです。

 

露草色

露草の花の色にちなんだ「露草色」という色があります。露草色は、明るい薄青色のことです。ツユクサ(露草)には青の他に白や紫花もありますが、露草色は実際の青色の花よりも少し明るくて鮮やかなイメージがあります。

 

食べられる野草、ツユクサ

日本古来の野草のツユクサ(露草)は食べられる野草の一種として扱われています。食べられる野草の中では比較的食べやすいそうです。

ツユクサ(露草)は食用として使う場合は花が咲く前のまだ草全体が柔らかい時期のもの、漢方として使う場合は花がちょうど咲いている時期のものを利用するそうです。

ツユクサ(露草)の育て方など詳しい情報はこちら

ツユクサ(露草)

  • 東アジアの温帯に広く分布する一年草で6月~9月に小さな青い花をつけることで古くから親しまれています。茂り始めると茎を長くのばし、地を這って枝分かれする茎の節々から根を出して他の植物を覆うほどに生育旺盛なため雑草として扱われます。花は早朝から開花し午後にはしぼむ性質があります。内側に付く3枚の花弁のうち2枚は大きく鮮やかな青色ですが残りの1枚は小さく白いためあまり目立ちません。おしべは6本ありそのうちの2本がめしべとともに前に長く突き出しています。中心部にある雄しべの黄色が青色を背景に引き立たせています。

ツユクサ(露草)の関連記事

 

関連ワード

「ツユクサ(露草)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ