カラミンサの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

カラミンサの花言葉や種類、特徴をご紹介!カラミンサは小さな可愛い花が咲き、ミントに似た香りがする植物。丈夫で育てやすく花期が長いため花壇や寄せ植えに使う花苗として人気があります。

 

カラミンサの花言葉

カラミンサの花言葉は、「清涼」「愛のささやき」「別れは静かに」。

 

カラミンサについて

科・属 シソ科・カラミンサ属
和名 カラミンサ
別名 カラミント
学名 Calamintha
原産地 南ヨーロッパ、地中海沿岸
開花期 5月~11月頃

 

カラミンサの特徴

カラミンサは、小さな可愛い花を咲かせる宿根草。花色は白、ピンク、紫色などがあります。細い茎に可憐な花が次々と咲き、ミントのような爽やかな香りを漂わせます。葉はハーブティーに用いられます。別名をカラミントと言います。  カラミンサは、丈夫で初夏から秋まで長い期間開花します。寒さに強く、冬は地上部を枯らして越冬します。

カラミンサは、小さな可愛い花を咲かせる宿根草。花色は白、ピンク、紫色などがあります。細い茎に可憐な花が次々と咲き、ミントのような爽やかな香りを漂わせます。葉はハーブティーに用いられます。別名をカラミントと言います。

カラミンサは、丈夫で初夏から秋まで長い期間開花します。寒さに強く、冬は地上部を枯らして越冬します。

 

カラミンサの学名Calaminthaは、ギリシア語の「kalos(美しい)」と「minthe」(ミント)」が組み合わさって付けられたと言われており、ミントの香りがする美しい植物という意味が含まれています。  カラミンサの花言葉「清涼」は、カラミンサがミントに似た清涼感のある爽やかな香りがすることに由来しています。また、「愛のささやき」という花言葉は、唇のような形をしているカラミンサの花が、風に揺れて愛をささやいているように見えることから付けられたと言われています。さらに、カラミンサは小さな花を長い期間ひっそりと咲かせることから「別れは静かに」という花言葉が付きました。

カラミンサの学名Calaminthaは、ギリシア語の「kalos(美しい)」と「minthe」(ミント)」が組み合わさって付けられたと言われており、ミントの香りがする美しい植物という意味が含まれています。

カラミンサの花言葉「清涼」は、カラミンサがミントに似た清涼感のある爽やかな香りがすることに由来しています。また、「愛のささやき」という花言葉は、唇のような形をしているカラミンサの花が、風に揺れて愛をささやいているように見えることから付けられたと言われています。さらに、カラミンサは小さな花を長い期間ひっそりと咲かせることから「別れは静かに」という花言葉が付きました。

 

カラミンサの種類

カラミンサ・ネペタ

南ヨーロッパや地中海沿岸地域に分布。花の長さは1.5cmほど。白色~薄紫色の花を咲かせます。草丈は約50cm。

カラミンサ・ネペタ・マーベレッテブルー

カラミンサ・ネペタの園芸品種。紫色の花を咲かせます。

カラミンサ・グランディフローラ

ヨーロッパ南部と中東に分布。花の長さは3cmほど。ピンク色~薄紫色の花を咲かせます。ネペタと比べると花も葉も大きく野生的。草丈は約50cm。

カラミンサ・グランディフローラ‘バリエガータ’

カラミンサ・グランディフローラの園芸品種。葉に白い斑が入ります。

 

カラミンサの寄せ植え

カラミンサはどんな花とも合わせやすく、カラミンサを使うと爽やかさをプラスすることができます。カラミンサの小さな小花はメインの花を引き立たせ、初夏から秋まで咲き続けるので寄せ植えのわき役にぴったりです。

 

▼カラミンサを使った寄せ植えはこちら



LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「カラミンサの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス