小松菜(コマツナ)の花言葉|種類、特徴、花言葉の由来 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

小松菜(コマツナ)の花言葉や種類、特徴をご紹介!小松菜(コマツナ)は、短期間で収穫できる葉野菜。初心者でも育てやすいので家庭菜園の定番となっています。

目次

小松菜(コマツナ)の花言葉

小松菜の花言葉は、「小さな幸せ」「快活な愛」

目次に戻る≫

小松菜(コマツナ)について|基本情報

科・属 アブラナ科・アブラナ属
和名 コマツナ
英名 Spinach Mustard
学名 Brassica campestris(syn. rapa)
原産地 中国、日本
開花期 3月~5月頃

目次に戻る≫

小松菜(コマツナ)とは|特徴と性質、栄養、花言葉の由来

小松菜 コマツナ

小松菜は、緑の葉を食べるアブラナ科の野菜。味にくせが無く、下処理なしで料理ができます。例えば汁物やおひたし、漬物、炒め物、スムージーなどに幅広く使えます。カルシウムは野菜の中で最多と言われていて、鉄分やビタミンBやビタミンCなどの栄養素も豊富。栽培され始めた場所が東京都江戸川区小松川付近であったことから、小松菜という名が付いたと言われています。

 

小松菜 コマツナ

小松菜は本来、秋から春が旬で寒さに強く、霜にあたることで甘みを増します。今は全国でハウス栽培されているため一年中流通し、季節に関係なく食べることができる親しみのある野菜となっています。また、「初心者でも育てやすい。」「一年の間で種をまける期間が長い。」「収穫まで1~2か月しかかかららない。」などの理由から、家庭菜園でも定番の野菜として人気があり、様々な品種の種が流通しています。コナガやアオムシなどの食害を受けないように、不織布や寒冷紗などの中で育てることが上手に育てるポイントです。

小松菜は花が咲かないうちに収穫してしまうことが普通ですが、そのまま収穫しないでおくと春に花茎が伸びて菜の花に似た黄色い花が咲きます。花は菜の花のように食べることができます。

小松菜の花言葉「小さな幸せ」は諸説ありますが、菜の花に似た黄色くて素朴な可愛い花が咲くことからイメージしたと言われたり、気軽に短期間で育てられる野菜であることが由来とされています。「快活な愛」は、栄養素が豊富な小松菜を食べるとイキイキと明るくいられることから付けられたと言われています。

 

▼小松菜(コマツナ)の詳しい育て方はこちら


▼小松菜(コマツナ)の関連記事はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「小松菜(コマツナ)の花言葉|種類、特徴、花言葉の由来 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス