10月13日の誕生花|アカンサス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey-e1480498673143

10月13日の誕生花は「アカンサス」です。「アカンサス」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

10月13日の誕生花

10月13日の誕生花は「アカンサス」。

「アカンサス」の花言葉は「芸術」「技巧」。

 

アカンサスについて

科・属  キツネノマゴ科・ハアザミ属
和名  葉薊
英名  Acanthus
学名  Acanthus
原産地  地中海沿岸
開花期  6月~9月

 

アカンサスの特徴

アカンサスは、イングリッシュガーデンでおなじみの大型の宿根草です。アカンサスの花は、大きな花穂が伸び、そこに舌をべろんと出したように、他の花にはないおもしろい形をしている花を夏に無数に咲かせます。地中海沿岸が原産で、ギリシャの国花にもなっています。アカンサスは人の背丈を超えるほどに大きくなる植物で、花穂も葉もとても大きくなります。

アカンサスの名前はギリシャ語の「アカンソス(刺)」に由来し、この仲間にはアザミに似てトゲのあるものが多いことから「ハアザミ(葉薊)」ともいわれています。イギリスでは「熊のズボン」や「熊の手」とよばれ、これは深く切れ込みの入った大きな葉の形からきていると言われています。

 

アカンサスの種類

アカンサスの花色には白や、ベージュ、ピンクなどがあります。

▼アカンサスの育て方など詳しい情報はこちら

アカンサス

  • アカンサスは初夏~夏に穂状の花を咲かせる大型の宿根草です。大きくなると背丈は1mを超えるので、広い敷地に植えるのに向いています。庭や花壇のフォーカルポイントとして植え付けると効果的で、イングリッシュガーデンなどにも多く使われます。 アカンサス属は地中海沿岸地方を中心に50種ほどがありますが、最も多く栽培されている種は「アカンサス・モリス」です。日本ではあまり知名度のある花ではありませんが、原産地のひとつのギリシャでは国花に指定されています。 アカンサスの花は穂状の形状をしていて、大きな葉の株元から花穂を立ち上がらせて下から順に開花します。花のひとつひとつには萼(ガク)がついていて、花が散った後にも萼は残ります。 花も美しいアカンサスですが、葉もとても目を引きます。ツヤのある濃い緑色の葉は、深い切れ込みがあるギザギザした形をしています。その葉がとても美しいことから、古代から現代まで「アカンサス模様」として、建築、壁紙、絨毯の柄、家具などに使われて愛されてきました。何気なく見ていたアンティークにアカンサス模様が施されていたということもあるかもしれません。
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「10月13日の誕生花|アカンサス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A