2月13日の誕生花|エーデルワイス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey-e1480498673143

2月13日の誕生花は「エーデルワイス」です。「エーデルワイス」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

2月13日の誕生花

2月13日の誕生花は「エーデルワイス」。

「エーデルワイス」の花言葉は「初恋の感動」「大切な思い出」。

 

エーデルワイスについて

科・属  キク科・ウスユキソウ属
和名  西洋薄雪草
英名  Edelweiss
学名  Leontopodium alpinum
原産地  ヨーロッパ
開花期  5月~6月

 

エーデルワイスの特徴

一般的には、エーデルワイスの名前でよく知られている「セイヨウウスユキソウ(西洋薄雪草)」。スイスやオーストリアの国花であり、高度2000~2900mの高山帯の石灰岩地に群生している姿は、スイスアルプスの妖精と呼ばれるにふさわしい美しいものです。ヨーロッパでは、この花の白い外観は純潔の象徴と捉えられています。

 

エーデルワイスの種類

キク科ウスユキソウ属のエーデルワイス。ウスユキソウ属は世界に30種類ほどあるそうですが、ヨーロッパでは1種類しか咲かないそうです。

エーデルワイスは高山に自生しているため品種改良がしにくく、また19世紀以降採集されることが多くなったため、野生のエーデルワイスはとても貴重です。ここでは、日本でも見られるウスユキソウ属についてみていきましょう。

ハヤチネウスユキソウ

花が美しく日本のエーデルワイスともいわれている品種です。ウスユキソウの中でも大型で、茎の高さは10~20cmほどになり、枝分かれせず先端に花が咲きます。岩手県早池峰山の蛇紋岩地帯に自生しています。

ヒナウスユキソウ

東北地方の高山に自生する多年草です。茎の高さは6~15cmほどになります。芽出しと同じタイミングで花芽が出てきます。頭花は4~10個ほどあり、高山植物らしい形が愛らしく人気の品種です。

ホソバヒナウスユキソウ

ヒナウスユキソウの変種で、上越国境の蛇紋岩地帯に自生しています。ヒナウスユキソウよりも茎や葉が細いのが特徴です。

チシマウスユキソウ

南千島、択捉島などに分布する小型のウスユキソウです。花が大きく、全体が白毛で覆われるのが特徴です。古くから栽培され、育てやすく丈夫なため人気の品種です。

▼エーデルワイスの育て方など詳しい情報はこちら

▼エーデルワイスの関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2月13日の誕生花|エーデルワイス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ