LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「ほ」からはじまる野菜1件 / 全1件

ほうれん草(ホウレンソウ・ほうれんそう)

  • ほうれん草はアカザ科の野菜で、漢字では「菠薐草」と書きます。「菠薐」とはペルシャのことで、ほうれん草の栽培の起源の場所です。

    ペルシャで始ったほうれん草の栽培が中国に渡り、そこで発達していったほうれん草は、葉がぎざぎざで株元が赤くなる東洋種になりました。

    それとは別に、葉の厚みがあり、丸い形をしている西洋種というほうれん草の種類があります。この西洋種も東洋種と同じように、ペルシャから西洋へ伝わったものです。

    この東洋種・西洋種の両方の長所をいかした品種改良も行われたことで、日本でもほうれん草が広まりました。

    ほうれん草の種は硬実種子といって固い殻に包まれています。(ちなみに、ほうれん草の種は、殻の形が角ばった種と丸みのある種とがあります。)そのため、ほうれん草の発芽率が他の野菜と比べ低いため、ネーキッド種子といって硬い殻を取り除き、中の種を取り出した加工をされた種が売られています。ほうれん草の種袋を確認してみましょう。

    冬に生育するほうれん草は、放射状に葉を広げて、まんべんなく太陽の光を浴びることができます。吹き付ける寒風にも耐えられるその形は、素晴らしい植物の進化を物語ります。

    ほうれん草の花は、イチョウなどと同じように、雌株と雄株に最初から分かれています。しかし、ほうれん草は花が咲く前に収穫することから、そのほうれん草が雄株なのか、雌株なのか判断することは難しいです。中には雌・雄両性の花をもつ株もあるようです。

人気の植物ランキング