モナルダの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
モナルダ
学名

Monarda

英名
Bergamot
科名
シソ科
属名
ヤグルマハッカ属
原産地
北アメリカ

モナルダの特徴

モナルダは、夏の開花期間の長い宿根草のハーブです。和名が「タイマツバナ」と言われるのは、もともとの種が赤い花でタイマツのような形に見えることからきています。最近は、品種改良が進み、赤の他、白、ピンク、パープル(紫)など、たくさんの品種があります。

暑さ、寒さに強く、花丈も高い宿根草なので、夏の花壇の後方に植栽すると見事です。性質が強く、植えっぱなしでどんどん大株になります。また、こぼれ種でも増えていきます。

ミカン科の柑橘、ベルガモットと香りが似ていることから、ベルガモットとも呼ばれ、お茶や香水、アロマオイルなどとしても利用されいて、香りだけでも人気のある植物です。

花は切り花としても出回っていて、生花の他、ドライフラワーにすることもできます。

モナルダの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 50~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 赤、白、ピンク系濃淡、パープル、紫
開花時期 6~9月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング