モナルダの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
モナルダ
学名

Monarda

英名
Bergamot
科名
シソ科
属名
ヤグルマハッカ属
原産地
北アメリカ

モナルダの特徴

モナルダは、夏の開花期間の長い宿根草のハーブです。和名が「タイマツバナ」と言われるのは、もともとの種が赤い花でタイマツのような形に見えることからきています。最近は、品種改良が進み、赤の他、白、ピンク、パープル(紫)など、たくさんの品種があります。

暑さ、寒さに強く、花丈も高い宿根草なので、夏の花壇の後方に植栽すると見事です。性質が強く、植えっぱなしでどんどん大株になります。また、こぼれ種でも増えていきます。

ミカン科の柑橘、ベルガモットと香りが似ていることから、ベルガモットとも呼ばれ、お茶や香水、アロマオイルなどとしても利用されいて、香りだけでも人気のある植物です。

花は切り花としても出回っていて、生花の他、ドライフラワーにすることもできます。

モナルダの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 50~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 赤、白、ピンク系濃淡、パープル、紫
開花時期 6~9月

モナルダの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
開花
肥料

モナルダの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所に植えましょう。

用土

一般の草花用の用土、もしくはハーブの土で問題なく育ちます。

モナルダの育て方のポイント

水やり

地植えで根付いているモナルダは、水やりの必要はありません。
鉢植えのモナルダは、水やりの基本、「乾いたらたっぷりと」を目安に水やりをします。極端な乾燥には弱いので、水切れしないように注意します。

肥料

地植えで花が毎年咲く場合は、特に肥料をやる必要はありません。
鉢植えのモナルダは、春以降、肥料を使っている肥料の使用頻度を守って、施します。

病害虫

苗を風通し良くしていれば、病虫害には強い草花です。
蒸れたりすると、うどんこ病アブラムシなどの病虫害にやられるので、株が蒸れないように管理します。

モナルダの詳しい育て方

選び方

モナルダはポット苗で出回ります。葉っぱが黄色くなっていない、生き生きとした緑の葉の苗を選びます。

植え付け

風通し良く、日当たりのよい場所に、春か秋に植え付けます。花丈が高い宿根草なので、夏の花壇の後方に植栽すると見事です。年々、大株になるので、隣の植物との間隔は余裕を持って植え付けます。

剪定・切り戻し

株が元気で茂りすぎた場合は、風通しをよくするために、すきこみ剪定をします。シーズンの終わりは、晩秋に地際でカットしておきます。

植え替え・鉢替え

モナルダは、繁殖力旺盛な植物です。地植えにしていると、数年もたつと、地下茎で株が大きくなり、他の植物まで侵食してしまうこともあります。
地下茎で増える性質上、元の株とはまったく違う場所から芽がでてきます。適度に抜いたり、大株になりすぎたら株を整理するなどの作業をしていきます。

6月から9月に開花します。

夏越し

モナルダは耐暑性があるので特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

晩秋に地際でカットします。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

春か秋に株分けで増やすのが一番簡単にできます。性質が強く、植えっぱなしでどんどん大株になります。また、こぼれ種でも増えていきます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング