カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の育て方|植物図鑑

植物名
カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)
学名

Eschscholzia californica

英名
California poppy
和名
花菱草
科名
ケシ科
属名
ハナビシソウ属
原産地
北米

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の特徴

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、春から初夏にかけて開花するケシ科の1年草です。花菱草は和名、通称ではカリフォルニアポピーとも呼ばれています。お日様とともに花が開き、夕方には花が閉じる性質です。つぼみの時点では、花の形からは想像できないとんがり帽子のような形のつぼみをしていて、開花する瞬間にかさが取れて開花します。シルバーグリーンの色合いの繊細な形の葉も素敵な草花です。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)のオリジナル品種は、発色のよいオレンジ系ですが、最近は、オレンジ系各種、アイボリー、オフホワイト、アプリコット、赤、ピンクなど豊富な花色があるとともに、一重の他、八重咲種など、花の咲き方も色々あり、毎年のように新品種ができる草花です。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、花びらにつやがあり、お日様に花びらが当たって、キラキラと咲いている姿は、とても目を引きます。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)はワイルドフラワーのミックスの種などにも入っていることがあり、公園や公共スペースなどの広い空間の花畑に使われることがあります。晴れた日に開花するということもあり、青い空とオレンジ色のコントラスト、花びらのキラキラした花を群生させるととても見事です。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40~60cm
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
花色 オレンジ系各種、アイボリー、オフホワイト、アプリコット、赤、ピンク、複色
開花時期 4月~6月

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花
肥料

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の栽培環境

日当たり・置き場所

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は太陽が大好きな植物なので、日当たりのよい所に植えてましょう。湿気が苦手なので、水はけのよい土で乾燥気味に育てます。

温度

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は寒さには強いですが、湿気が苦手。日本では梅雨を越えられないことが多いので一年草とされています。梅雨~夏を越すことができれば、2年草、もしくは多年草となることもあります。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の発芽適温は15~20℃です。

用土

今まで草花が植わっている水はけのよい土ならば、すぐに植え付けることができます。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は酸性土壌は嫌うので、有機石灰などで中和させてから植え付けるのもひとつの手段です。
鉢植えのカリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、水はけのよい花用の培養土であれば問題なく育ちます。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の育て方のポイント

水やり

地植えのカリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、水やりは必要ありません。鉢植えのカリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、加湿が苦手なので、渇いたらたっぷりとあげることを目安にします。蒸れると、急に弱ってしまうことがあります。

乾いたら・・・最初に植えこんで水やりをした時の土の表面をよく見ておいてください。使う土の種類によりますが、黒だったり、茶色だったりと、ダーク系の色のはずです。それが乾いてくると、元の色より白っぽくなります。この状態が「乾いたら」です。

たっぷりと・・・株に、と言うよりは、土の表面に優しく何回かに分けて水をあげると、しばらくすると鉢底から水がこぼれてきます。この状態が土に水がたっぷりと浸透したサインです。

肥料

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は少ない肥料で育つ草花です。地植えのカリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、特に肥料を施さなくても育ちます。逆に肥料が多すぎると、花つきが悪くなります。鉢植えのカリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、少な目にあげて様子を見ながら追肥しましょう。

病害虫

虫の害はほとんどありませんが、立ち枯れ病にやられることがあります。立ち枯れ病の病原はカビの一種です。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は蒸れに弱い草花なので、水をあげすぎないようにすることが一番の予防となります。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の詳しい育て方

選び方

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、直根性で移植を嫌う性質なので若い苗のうちに植え付けた方がよい草花です。開花している花が少なめで、つぼみの多い茎がしっかりとしている若い苗を選びましょう。

種まき

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)の発芽適温は15~20℃です。東京だと、秋蒔きですが、寒冷地や雪の多い地域は、春に蒔くのが一般的です。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は直根性なので、直まき、もしくは若いうちに移植するのがポイントです。

直根性とは・・・

根っこが地中深く枝分かれすることなく、まっすぐに伸びていく性質のことをいいます。地中深く伸びた後に分岐するものもありますが、基本的には太い根が下に伸びていく性質です。そのため直根性の植物は、太い根を少しでも痛めてしまうと植物のダメージが大きく、うまく根付きません。このことから植え替えの時に注意が必要な植物と言えます。買ってきた苗を植え付ける際には、根をほぐさず、そのまま土に埋める感じで植え替えましょう。

植え付け

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、直根性なので植え付けの際は、根を触らないようにポットから苗を抜いたらそのまま植え付ける要領で植え付けます。

仕立て方

1株でもたくさんの花が咲きますが、群生すると見事な景観になります。カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は性質がとても強いので、花畑用のワイルドフラワーミックスの種にも利用されています。

剪定・切り戻し

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は一年草のため、大幅な剪定は必要がありません。花が終わったあとの花がらは早めに摘み取ったほうが開花期間が伸びます。

植え替え・鉢替え

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は直根性なので、一度植えたら移植はしない方がよい草花です。

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は4月~6月に開花します。花が終わった後の花がらをまめに摘み取ると、たくさんの花を咲かせます。

夏越し

過湿に弱いので、梅雨前までの一年草なので夏越しの必要はありません。ただ、カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は、本来は多年草の性質があるので、空梅雨の年にあたると多年草化する場合があります。

冬越し

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は-5℃くらいまでの寒さは耐えられる草花ですが、寒冷地や雪の多い地域では種は春に蒔くのが一般的です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)は種を取って増やすことができます。花が終わったあとの花がらは摘み取ったほうが開花期間が伸びますが、種を採りたい場合は、終わった花をそのままにしておきます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング