春から初夏に咲く草花!ギリア・トリコロール

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ギリア・トリコロールは、フォルムがおもしろい初夏に咲く一年草の草花。風にそよそよと揺れるように咲く姿が野草のような装いです。ギリア・トリコロールの魅力と育て方をご紹介します。

目次

Gilia tricolor ギリア・トリコロールとは?

ギリア・トリコロールは、ハナシノブ科の一年草。

東京だと、9月に種をまいて4月から初夏の頃まで開花します。

ギリア・トリコロールの英名はBird’s eyes。鳥の目玉みたいだからでしょうか。花姿がとてもかわいい形をしている草花です。

ギリア・トリコロールの育て方

ギリア・トリコロールは日当たりがよくて水はけのよい土、乾燥気味な環境を好みます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと。葉っぱに水がかからないように、地面にかけるようにするとよいです。葉っぱに水がかかって湿気っぽくなると、うどん粉病などの病気にかかりやすくなります。  生長の性質は、直立性で、まっすぐ生長させれば50センチ以上になりますが、茎が繊細でゆらゆらするため、倒れやすいです。早めに支柱などを茎に添えてあげるとよいでしょう。

植える場所

ギリア・トリコロールは日当たりが良い場所で水はけの良い土、乾燥気味な環境を好みます。地植えでも鉢植えでも育てることができます。

花壇に植える場合は、40~50センチくらいの丈なので、花壇の中間くらいの位置が適当です。

種まき

ギリア・トリコロールは種からでも簡単に育てることができます。直まきもできますが、ある程度の数の苗が必要な場合はポット苗に種をまいて育ててから植え付けるのも簡単です。

種をまく時期は、東京だと9月の中旬からです。真冬になる前の霜が降りる心配がない晩秋までに植え付けるとしっかりとした株に育ち、春から初夏にたくさんの花を楽しむことができます。

水やり

地植えの場合は根付いてからの水やりの必要はありません。鉢植えの水やりは鉢の表面の土が乾いたら鉢底から水が流れ出すくらいたっぷりと。葉っぱに水がかからないように、地面にかけるようにするとよいでしょう。葉っぱに水がかかって湿気っぽくなると、うどん粉病にかかりやすくなります。

仕立て方

生長の性質は直立性で、まっすぐ生長させれば50センチ以上になりますが、茎が繊細でゆらゆらするため、倒れやすいです。早めに支柱などを茎に添えてあげるとよいでしょう。

繊細で弱そうですが、好みの環境ならこぼれ種で発芽するほど強い花です。終わった花がら摘むと、たくさん花をつけます。

繊細で弱そうですが、好みの環境ならこぼれ種で発芽するほど強い花です。終わった花がらを摘むと、たくさんの花をつけます。

 

花が終わったあと、そのままにしていると種が取れます。翌シーズン種まきをしたい方はお試しください。(とても細かい白い種です)

花が終わったあと、そのままにしていると種が取れます。翌シーズン種まきをしたい方はお試しください。(とても細かい白い種です)

 

白の品種もあります。純白できれいな白なのでホワイトガーデンにおすすめ。

白の品種もあります。純白できれいな白なのでホワイトガーデンにおすすめ。

ギリア・トリコロールと草花の色合わせ

ギリア・トリコロールとワスレナグサ。ブルー系の組み合わせ。

ギリア・トリコロールとワスレナグサ。ブルー系の組み合わせ。

 

カリフォルニアポピー(花菱草)のオレンジとあわせると、また雰囲気が変わります。

カリフォルニアポピー(花菱草)のオレンジとあわせると、また雰囲気が変わります。

 

白×水色。さわやかな雰囲気。

白×水色。さわやかな雰囲気。

 

開花前の葉っぱだけの状態です。もし苗から購入する場合は、花が一輪咲いているか、未開花のうちに植栽すると、花が長く楽しめます。苗は早めに定植した方が、開花までに根をしっかりと張ってたくさんの花をつけてくれるのです。

ギリア・トリコロールの開花前の葉っぱだけの状態です。

もし苗から購入する場合は、花が一輪咲いているか、未開花のうちに植栽すると、花が長く楽しめます。苗は早めに定植した方が、開花までに根をしっかりと張ってたくさんの花をつけてくれるのです。

 

一番花。何度経験してもワクワクする瞬間。

ギリア・トリコロールの一番花。何度経験してもワクワクする瞬間。

 

ギリア・トリコロールは切り花にもなります。最近は生花として花屋さんでも流通もしています。

とてもかわいい雰囲気のギリア・トリコロール。庭や花壇に取り入れてみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

ギリア

  • ギリアは秋に種を蒔いて春に花が咲く一年草です。ギリアは品種がいくつもあって、品種によって花の雰囲気が変わります。 主に流通しているギリアの品種は、カピターター、レプタンサ、トリコロールで、それぞれの品種によって花丈が違います。繊細そうな草花に見えますが、環境に合えば、こぼれ種でも増えるほど性質は丈夫な草花です。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春から初夏に咲く草花!ギリア・トリコロール」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A