春にたくさんの花を咲かせる準備!パンジー・ビオラ、冬場に気をつける5つのこと

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

秋に植えこんだパンジー、ビオラが、買った時は花がたくさんついていたのに、ここのところ花が咲かない、少ない・・・こんな風に感じている方はいらっしゃいませんか?

今回は1月~2月の寒い時期のパンジー、ビオラの状態と冬場の管理ポイントをご紹介いたします。

冬場は花が少なくなります。

パンジー、ビオラは半年近く開花し続ける花とは言え、1月~2月の低温期は花が休むのが自然です。なぜならパンジー、ビオラ本来の季節は春。市場に出回っている苗は、早くに出荷するため、早めに種を蒔いて、暖かいビニールハウスで春のような気温で開花したものが出荷されます。そのため気温が低い冬場は、花は少なくなりお休みがちになります。冬場は暖かい春のために花芽を作る時期なのです。

葉っぱが元気で、しまった株なら、花は少なくても大丈夫花茎がひょろひょろしている場合は、「日光不足」で徒長している可能性があります。  パンジー、ビオラは太陽が大好きな植物。日当たりがよい場所に移動させましょう。

葉っぱが元気で、ひきしまった株なら、花は少なくても大丈夫。

花茎がひょろひょろしている場合は、「日光不足」で徒長している可能性があります。パンジー、ビオラは太陽が大好きな植物。日当たりがよい場所に移動させましょう。

冬の季節のパンジー、ビオラの管理、5つのポイント

1.水やりは午前中に! 気温が低い時期は、水やりは必ず午前中にしましょう。午後になって水をあげると、土が乾くまでに日没を迎え、そのまま土が凍ってしまい、根が氷漬けになってしまいます。  水やりは乾いたらたっぷりと! 「乾いたらたっぷりと」って、園芸本でよく見かける言葉ですよね。では、乾いたらたっぷりとって、どんな感じ?って方も多いのではないでしょうか。水は足らなくても、あげすぎでも苗が弱ります。水やりのコツをつかむと、園芸レベルが上がります。

1.水やりは午前中に!

気温が低い時期は、水やりは必ず午前中にしましょう。午後になって水をあげると、土が乾くまでに日没を迎え、そのまま土が凍ってしまい、根が氷漬けになってしまいます。

水やりは乾いたらたっぷりと!

「乾いたらたっぷりと」って、園芸本でよく見かける言葉ですよね。では、乾いたらたっぷりとって、どんな感じ?って方も多いのではないでしょうか。水は足らなくても、あげすぎでも苗が弱ります。水やりのコツをつかむと、園芸レベルが上がります。

乾いたら・・・

最初に植えこんで水やりをした時の土の表面をよーく見ておいてください。使う土の種類によりますが、黒だったり、茶色だったりと、ダーク系の色のはずです。それが乾いてくると、元の色より白っぽくなります。この状態が「乾いたら」です。

たっぷりと・・・

株に、と言うよりは、土の表面に優しく何回かに分けて水をあげると、しばらくすると鉢底から水がこぼれてきます。この状態が土に水がたっぷりと浸透したサインです

暖かくなると毎朝で大丈夫ですが、冬の水やりは特に上記を意識してみてください。土に注目していると、水をあげるタイミングがわかるようになります。

2.混みあっている葉っぱを整理

風通しをよくするため、葉っぱが混みあいすぎていたら、カットします。黄色い葉っぱがあったら優先的に取り去ります。  葉が元気なことはよいことですが、葉っぱと葉っぱが触れ合っていると、蒸れたり病気の原因になりやすいので、大切な作業です。

風通しをよくするため、葉っぱが混みあいすぎていたら、カットします。黄色い葉っぱがあったら優先的に取り去ります。

葉が元気なことはよいことですが、葉っぱと葉っぱが触れ合っていると、蒸れたり病気の原因になりやすいので、大切な作業です。

3.低温期の地植えはやめましょう

霜が降りる季節以降の地植えは、植えたとたんに根が霜でやられてしまいます。パンジー、ビオラを地植えにしたい方は、気温が低くなる前の秋に植えこみましょう。地植えできる地域かどうかは、ご近所の公園などの植栽にパンジー、ビオラが植えられているかを参考にするとよいでしょう。

4.霜が降りて苗が凍ってしまった!

上の写真のように、朝方の気温が氷点下になると、苗が凍ってしまうことがあります。  午前9時。触るとカチカチで凍っています・・・。一瞬、ぎょっとしますが大丈夫。お日様が当たれば自然に戻ります。ただ、何度もこの状態を繰り返すと、株が弱りますので、お天気予報をにらみながら、霜が降りそうだったら軒下に避難させるなどの保護も場合によっては必要です。  凍っている葉を無理に触ると、葉っぱが傷つきますので、自然に溶けるのを待ちましょう。  霜が降りて凍ってしまった日は、水やりはお休みしてください。まだ凍っているのに水をかけるような追い打ちはやめましょう。午前早めに溶けて、土が乾いている場合のみ、水やりをしてください。

上の写真のように、朝方の気温が氷点下になると、苗が凍ってしまうことがあります。

午前9時。触るとカチカチで凍っています・・・。一瞬、ぎょっとしますが大丈夫。お日様が当たれば自然に戻ります。ただ、何度もこの状態を繰り返すと、株が弱りますので、お天気予報をにらみながら、霜が降りそうだったら軒下に避難させるなどの保護も場合によっては必要です。

凍っている葉を無理に触ると、葉っぱが傷つきますので、自然に溶けるのを待ちましょう。

霜が降りて凍ってしまった日は、水やりはお休みしてください。まだ凍っているのに水をかけるような追い打ちはやめましょう。午前早めに溶けて、土が乾いている場合のみ、水やりをしてください。

5.花がら摘みは茎から摘み取る

花がらとは、終わった花のこと。花が終わってくると、花びらがくるんとカールして、しわしわになってきます。花がらをそのままにしておくと、植物としては花を咲かすことより、次の世代を残すことが重要ミッションのため、種をつけることにエネルギーが回ります。それを避けるため、花がらをどんどん摘んで、次の花を咲かせていきます。花がらとは、終わった花のこと。花が終わってくると、花びらがくるんとカールして、しわしわになってきます。花がらをそのままにしておくと、植物としては花を咲かすことより、次の世代を残すことが重要ミッションのため、種をつけることにエネルギーが回ります。それを避けるため、花がらをどんどん摘んで、次の花を咲かせていきます。

終わった花、花がら(右)

終わった花茎から花が咲くことはないので、花がらは茎から取り去ります。  茎からカット

終わった花茎から花が咲くことはないので、花がらは茎から取り去ります。

1月~2月 花がないように見えるけれど・・・

丸印がつぎの花芽です。よく見ると、花芽がたくさん。  これが3月になって、気温が緩んでくると、一斉に開花してきます!

丸印がつぎの花芽です。よく見ると、花芽がたくさん。これが3月になって、気温が緩んでくると、一斉に開花してきます!

春の花いっぱいをイメージしながら!

春の花いっぱいをイメージしながら!

 

冬場は地味な作業が続く時期ですが、春にたくさんのパンジー、ビオラを咲かせるためにお試しくださいね。

 

 

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春にたくさんの花を咲かせる準備!パンジー・ビオラ、冬場に気をつける5つのこと」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ