ケマンソウ(タイツリソウ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ケマンソウ(タイツリソウ)はケシ科ケマンソウ属の多年草。ケマンソウ(タイツリソウ)の花言葉や基本情報、色別の花言葉など気になる情報をご紹介!

 

ケマンソウ(タイツリソウ)の花言葉

ケマンソウ(タイツリソウ)の花言葉は「あなたに従う」「恋心」。

色別の花言葉は設定されていません。

花言葉を意識してケマンソウ(タイツリソウ)を贈るなら、春から初夏に流通する開花中のものがおすすめです。

 

ケマンソウ(タイツリソウ)について

科・属  ケシ科・ケマンソウ属
和名  鯛釣草
英名  Bleeding heart
学名  Dicentra spectabilis
原産地  中国・朝鮮半島
開花期  4月~5月

 

ケマンソウ(タイツリソウ)の特徴

ケマンソウ(タイツリソウ)はケシ科ケマンソウ属の多年草で、中国・朝鮮半島に分布しています。深い切れ込みの入った羽根状の葉を出して育ち、花はピンクの2枚の花びらの中に白い花びらが入っていて10~15個ほど弓なりに連なって垂れて咲きます。仏前に飾る華曼に似て遠くから見るとピンクのハート形が連なっているようです。またケマンソウ(タイツリソウ)は、別名タイツリソウ(鯛釣草)ともいうように釣りざおに多数の鯛がぶら下がっているようにも見えます。葉はフジボタンやケマンボタンという別名があるようにボタンの葉に似ています。秋から冬にかけては休眠し地上部が枯れます。全草に毒性があるので注意が必要です。

 

ケマンソウ(タイツリソウ)の種類

ケマンソウ(タイツリソウ)の花色には紅色、ピンク、白などがあります。

 

▼ケマンソウ(タイツリソウ)の育て方など詳しい情報はこちら

タイツリソウ(ケマンソウ)

  • 中国・朝鮮半島に分布し、草丈40~60センチになるコマクサ属の多年草です。特にその花形が個性的でピンクの2枚の花弁の中に白い花弁が入っていて10~15個ほど弓なりに連なって垂れて咲きます。仏前に飾る華曼に似て遠くから見るとピンクのハート形が連なっているようです。また別名タイツリソウ(鯛釣草)ともいうように釣りざおに多数の鯛がぶら下がっているようにも見えます。葉はフジボタンやケマンボタンという別名があるようにボタンの葉に似ます。秋から冬にかけては休眠し地上部が枯れます。全草に毒性があるので注意が必要です。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ケマンソウ(タイツリソウ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス