タイツリソウ(ケマンソウ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

タイツリソウ(ケマンソウ)はケシ科ケマンソウ属の多年草。タイツリソウ(ケマンソウ)の花言葉や基本情報など気になる情報をご紹介!

 

タイツリソウ(ケマンソウ)の花言葉

タイツリソウ(ケマンソウ)の花言葉は「あなたに従う」「恋心」

色別の花言葉は設定されていません。

花言葉を意識してタイツリソウ(ケマンソウ)を贈るなら、春から初夏に流通する開花中のものがおすすめです。

 

タイツリソウ(ケマンソウ)について

科・属  ケシ科・ケマンソウ属
和名  鯛釣草
英名  Bleeding heart
学名  Dicentra spectabilis
原産地  中国・朝鮮半島
開花期  4月~5月

 

タイツリソウ(ケマンソウ)の特徴

タイツリソウ(ケマンソウ)育て方 性質 特徴 花言葉

タイツリソウ(ケマンソウ)は、春にユニークな形の花を咲かせるケシ科の耐寒性多年草。草丈は40~60cmほどで、枝垂れた茎にハートの形をした花を連ねて咲かせます。その花姿は、釣りざおに多数の鯛がぶら下がっているように見えることから鯛釣り草(タイツリソウ)という名が付きました。花色はピンクや白があります。

別名でケマンソウと呼ばれるようになったのは、仏堂の装飾具として使われる「華鬘(けまん)」が語源となっています。華鬘とは華やかな草花で作った髪飾りのことで、仏像の前に吊り下げて顔を隠すように使われます。華鬘がこの花の形に似ているため、ケマンソウ(華鬘草)という名が付いたと言われています。

 

ケマンソウ(タイツリソウ) 特徴

タイツリソウ(ケマンソウ)は、森林などの湿った場所に自生している植物なので、直射日光や西日が当たらず、木漏れ日が差すくらいの明るい日陰や半日陰のような場所を好みます。茎葉が柔らかく全体的に華奢でしっとりした植物です。葉がボタンの葉の形に似ていることから、フジボタンやケマンボタンなどと呼ばれることもあります。寒くなると休眠して地上部が枯れますが、水が切れなければ根が生きているので春にまた芽吹きます。

タイツリソウ(ケマンソウ)は、全草に毒性があるので、誤って食べないように注意が必要です。

 

タイツリソウ(ケマンソウ)に似た植物

ムラサキケマン 花言葉 育て方 特徴 種類

タイツリソウ(ケマンソウ)に葉茎の雰囲気が似た植物として、ムラサキケマンがあります。ムラサキケマンは、春から初夏に花びらの先が濃い紫色をしたラッパ状の小さな花を房状に咲かせるケシ科・キケマン属の越年草。葉茎は瑞々しいグリーンで細く華奢なイメージ。葉は羽のように細かく裂けて切れ込みがあります。直射日光が苦手で少し湿ったような場所を好み、山野や道端などの半日陰で自生しています。ムラサキケマンも、ケシ科特有の毒性を持っています。

 

▼タイツリソウ(ケマンソウ)の育て方など詳しい情報はこちら

 

▼関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「タイツリソウ(ケマンソウ)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス