オレガノの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オレガノの花言葉や種類、特徴をご紹介。オレガノは料理のスパイスなどの食用の他、園芸、切り花、ドライフラワーなどの観賞用としても利用されているシソ科のハーブ。

 

オレガノの花言葉

オレガノの花言葉は「富」「輝き」「財産」「自然の恵み」「あなたの苦痛を除きます」

 

オレガノについて

科・属 シソ科・ハナハッカ属
和名 ハナハッカ
英名 Oregano,Wild majoram
学名 Origanum vulgare
原産地 ヨーロッパ
開花期 7月~8月

 

オレガノの特徴

オレガノは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ハナハッカ」と呼ばれてます。オレガノは大きく「オリガヌム類」「マヨラナ類」「アマラクス類」の3つに分かれてます。一般的にオレガノといわれているのはワイルドマジョラムで、オリガヌム類になります。種類が多く、花や葉が違い、香りも甘いものから強い香りまで様々。葉には抗菌作用があります。

最近では園芸用として改良されたオレガノの種類も多数存在します。その中には香りがしないものもあり、それらは食用にはできません。

食用と園芸用では使用する農薬などが違うため、食用としてオレガノを利用したい場合は、プランツタグなどでよく確認して購入するようにしましょう。

食用として利用されるオレガノ(ワイルドマジョラム)は、葉を利用します。独特な風味があり、肉、トマトやチーズなどと相性がよいハーブです。塩にハーブを入れて作るハーブソルトにオレガノもよく使われます。

オレガノ(ワイルドマジョラム)の花はつぼみの時はえんじ色、咲き始めると淡いピンク色になります。花丈があるので夏の庭や花壇の素材としても利用されています。花はドライフラワーにもなります。

 

オレガノの詳しい育て方はこちらをご覧ください

オレガノ

  • オレガノは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ハナハッカ」と呼ばれてます。オレガノは大きく「オリガヌム類」「マヨラナ類」「アマラクス類」の3つに分かれてます。一般的にオレガノといわれているのはワイルドマジョラムで、オリガヌム類になります。種類が多く、花や葉が違い、香りも甘いものから強い香りまで様々。葉には抗菌作用があったり何かと使えるハーブの1つです。

 

オレガノの関連記事

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オレガノの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス