オレガノの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オレガノの花言葉や種類、特徴をご紹介。オレガノは料理のスパイスなどの食用の他、園芸、切り花、ドライフラワーなどの観賞用としても利用されているシソ科のハーブ。

 

オレガノの花言葉

オレガノの花言葉は「富」「輝き」「財産」「自然の恵み」「あなたの苦痛を除きます」

 

オレガノについて

科・属 シソ科・ハナハッカ属
和名 ハナハッカ
英名 Oregano,Wild majoram
学名 Origanum vulgare
原産地 ヨーロッパ
開花期 7月~8月

 

オレガノの特徴

オレガノ 育て方 特徴 花言葉

オレガノは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科の多年草のハーブです。清涼感のある香りを持ち、和名では「ハナハッカ」と呼ばれています。

オレガノは姿形、香り、用途などから「オリガヌム類」「マヨラナ類」「アマラクス類」の3つに分類されます。一般的にオレガノと呼ばれるのはオリガヌム類で、ワイルドマジョラムとも呼ばれています。

 

ハーブソルト

効用は、消化促進、抗菌・殺菌、強壮、鎮静作用など多岐にわたり、古くから薬草として利用されてきました。料理に使われるオレガノは、トマトやチーズ、肉と相性が良いので、トマトソース系の煮込み、パスタ、ビザやブーケガルニ、ハーブソルトの材料など、さまざまな料理の香りづけや臭み消しとして使われています。フレッシュ、ドライ、どちらも使用可能ですが、ドライの方が香りが濃厚で、スパイスとして流通しているのはドライハーブです。

 

オレガノ

日当たりと風通しの良い場所で育てれば、植え付け後は、ほぼ放任で栽培できる丈夫な草花です。夏になるとピンクや白の花がたくさん開花し、高性のため庭や花壇に植えると見栄えがします。花は、切り花やドライフラワーとして楽しむことができます。

 

オレガノの種類

オレガノにはたくさんの種類があります。料理に使われるオレガノは、オレガノ(ワイルドマジョラム、パープルオレガノ)、グリークオレガノ、イタリアンオレガノなどです。それぞれ香りの強さや花の色が違います。

オレガノには、花オレガノと呼ばれる観賞用の種類もあります。代表品種ケントビューティーのような花オレガノの種類のバリエーションは年々増えていますが、それらの多くは香りはありません。

食用と鑑賞用の苗では、栽培中に使用する薬剤が違うことがあります。食用として利用する場合は、食用可能か確認してから購入しましょう。

 

オレガノの育て方

 

オレガノの関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オレガノの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧