ヤツデの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ヤツデの花言葉や種類、特徴をご紹介!ヤツデは、掌のようなユニークな葉の形が特徴的な植物。秋から冬にボール状の小さな花がはじけて咲く姿も可愛く、とても丈夫で育てやすい庭木として古くから親しまれています。

 

ヤツデの花言葉

「ヤツデ」の花言葉は「分別」「親しみ」「健康」。

 

ヤツデについて

科・属 ウコギ科・ヤツデ属
和名 ヤツデ(八手、八つ手)  
英名 Japanese Aralia
学名 Fatsia japonica
原産地 日本、朝鮮半島
開花期 10月~12月頃

 

ヤツデの特徴

ヤツデは、深い緑色で光沢のある掌の形をした葉を持つ常緑低木。日陰に耐えることができる強健な性質があります。古くから縁起木として親しまれ、庭やエントランスに植える木とされてきました。葉が深く切れ込んでいるその姿からヤツデ「八つ手」の名前が付いたと言われています。

ヤツデの厚みのある葉は、長さ・幅ともに20~40㎝で掌状に裂け、縁はのこぎりの歯のようなギザギザがあります。その特徴的な葉姿から、テングノハウチワ(天狗の羽団扇)の別名があります。

ヤツデは秋から冬に、枝先に白い放射状の丸い花序が集まった白い花を咲かせます。花の後は、緑の実になり、次第に黒くなります。

ヤツデの葉や実は切り花としてもよく使われます。

 

ヤツデの種類

ヤツデの園芸種として、葉に斑が入っているタイプや、絞り柄のタイプなども流通しています。

 

▼ヤツデの詳しい育て方はこちら

ヤツデ

  • ヤツデは、数本の株立ちで3~5mになる常緑低木です。ヤツデの葉は長さ・幅ともに20~40cmで掌状に裂け、縁はのこぎりの歯のようなギザギザがあります。枝に円錐状に多数のつぼみをつけ、5mmほどの淡緑白色の複合花序を晩秋に咲かせ、花の後は緑の実になり、次第に黒くなります。 ヤツデは古くから縁起木として親しまれ、特に日陰に耐えることから裏庭には欠かせない木とされてきました。また切り花としても葉や実が用いられます。最近の園芸種は、葉が斑入りや絞り柄などの印象的な葉色の種類も流通し、ガーデンや建物のエントランスの植栽などにも使われています。


▼ヤツデの関連記事はこちら



 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ヤツデの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A