チコリの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

チコリの花言葉や種類、特徴をご紹介。チコリは夏に透明感のある水色の花を咲かせるヨーロッパ原産の野菜(ハーブ)。

 

チコリの花言葉

チコリの花言葉は「待ちぼうけ」「節約」。

 

チコリについて

科・属 キク科キクニガナ属
和名 キクニガナ
別名 アンディーブ
学名 Cichorium intybus
原産地 ヨーロッパ
開花期 7月~8月

 

チコリの特徴

チコリはヨーロッパ原産の野菜で、栽培の歴史は古く、古代エジプトにさかのぼります。葉を食用にし、肥大した宿根を焙煎して珈琲のような飲用方法で飲まれていたようです。

チコリの栽培には一般的な栽培の他に、軟白栽培の方法があります。独特の苦みがあるチコリですが、軟白栽培することで普通に栽培するよりも甘味が出るようです。

一般的な栽培ではチコリの葉は品種により緑色や、赤色になりますが、軟白栽培ではクリーム色や薄い黄緑色になります。

春に種をまくと、初夏にとう立ちしやすい性質を持っているため、秋まきの方が育てやすいようです。結球するタイプのチコリーの葉を一枚ずつ外すと、船の形をしています。それを、器のように見立て食材をのせるオードブルスタイルにしたスタイリングもよく見られます。

チコリは、とう立ちすると初夏に透明感のある水色の花を咲かせます。花は朝に開いて正午くらいになると閉じる特徴があります。

チコリの種類は主に軟白栽培する品種や結球する品種など多品種あります。

 

▼チコリの詳しい育て方はこちら

チコリー(アンディーブ)

  • チコリーはヨーロッパ原産の野菜で、栽培の歴史は古く、古代エジプトにさかのぼります。 葉を食用にし、肥大した宿根を焙煎して珈琲のような飲用方法で飲まれていたようです。 普通に栽培される他に、軟白栽培の方法があります。 独特の苦みがあるチコリーですが、軟白栽培することで普通に栽培するよりも甘味が出るようです。 普通栽培ではチコリーの葉は品種により緑色や、赤色になりますが、軟白栽培ではクリーム色や薄い黄緑色になります。 春に種をまくと、初夏にとう立ちしやすい性質を持っているため、秋まきの方が育てやすいようです。 結球するタイプのチコリーの葉を一枚ずつ外すと、船の形をしています。それを、器のように見立て食材をのせるオードブルスタイルが多くみられます。

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「チコリの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A