万年青(オモト)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

万年青(オモト)の花言葉や種類、特徴をご紹介!万年青(オモト)は、長寿や健康を司る縁起の良い植物として古くから愛されてきた古典園芸植物です。

 

万年青(オモト)の花言葉

「万年青(オモト)」の花言葉は「長寿」。

 

万年青(オモト)について

科・属 ユリ科・オモト属
和名 万年青
英名 Rohdea japonica Roth
学名 Rohdea japonica
原産地 日本、中国
開花期 4月~6月

 

万年青(オモト)の特徴

万年青(オモト)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する植物として育てられてきた多年草です。葉を落とさないことから、長寿を象徴する縁起物として大切にされてきました。万年青(オモト)の花言葉も「長寿」と付けられています。

万年青(オモト)は、日本の気候によく合い、特に西日本に多く自生しています。初心者にも育てやすく、観葉植物としても人気があります。冬には赤や朱色の実も楽しめます。霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外で越冬することができます。

万年青(オモト)は一年を通して青々とした葉が茂ります。冬に寒さが厳しい中でも美しい葉が次々と生えて、緑の少ない季節を彩ってくれます。そんな姿から、万年青(オモト)は昔から縁起の良い植物と考えられていて、新築や引っ越し、結婚や出産などのお祝いとして贈る風習もあります。

万年青(オモト)は中国では「万年青」(マンネンチェン)と呼ばれ、日本では「万年青」をオモトと読んでいます。

万年青(オモト)は常緑で長寿なことや、風水として大切にされたことから「縁起草」と呼ばれたり、「辛抱草」の別名もあります。また、万年青(オモト)は株が太いことから“大本”と呼ばれたり、古くは老母草(おもとぐさ)と書かれていたこともあるそうです。常緑の葉を老母に、赤い実を子に見立てて、老母が子を抱く姿をイメージしたことから「母人」(おもと)と名付けられたという説など、名の由来には諸説あります。

 

万年青(オモト)の種類

万年青(オモト)には、葉に白やクリーム色の斑が入っているものや、葉が縮れているものなどがあり、大きさも様々です。

 

▼万年青(オモト)の詳しい育て方はこちら

万年青(オモト)

  • 万年青(オモト)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する目的で育成されてきた植物です。江戸時代から続く品種改良によって多彩な葉の形状、模様が生まれ「葉芸」と呼ばれています。 品種改良の技術が「芸」として高く評価されているのは万年青(オモト)だけで、植物の中では特別な価値を見出されている植物です。多年草で葉を落とさないことから長寿を象徴する縁起物としても大切にされてきました。 「縁起草」「辛抱草」の別名もあります。乾燥と多湿も嫌うのですが、基本的には初心者にも育てやすく丈夫な植物です。霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外越冬可能です。昼間の日が出ている時間帯は外に出し、夜は玄関にしまうなどをしてもよいでしょう。 引っ越し祝いに万年青を贈る日本の文化 万年青(オモト)は1590年、江戸時代に徳川家康が江戸に移る際に3種類の万年青(オモト)を贈られ、家康は大変喜び城にその3鉢の万年青(オモト)を持ち込みました。その後、城が大繁栄したというエピソードがあり、そこから日本中に引っ越し祝いとして万年青(オモト)を送る風習が広まったようです。江戸時代から現在まで引っ越しの際は縁起を担ぎ、引っ越し先に一番最初に万年青(オモト)を入れる習わしが続き邪気を祓うため鬼門の方角に置かれるようになりました。


▼万年青(オモト)の関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「万年青(オモト)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス