家庭菜園特集

7月18日の誕生花|マリーゴールド

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

7月18日の誕生花は「マリーゴールド」です。「マリーゴールド」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

7月18日の誕生花

7月18日の誕生花は「マリーゴールド」。

マリーゴールド」の花言葉は「悲しみ」「変らぬ愛」。

黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」。

オレンジのマリーゴールドの花言葉は「予言」。

 

マリーゴールドについて

科・属  キク科・タゲテス属
和名  千寿菊
英名  Marigold
学名  Tagetes
原産地  メキシコ、中央アメリカ
開花期  6月~10月

 

マリーゴールドの特徴

マリーゴールドは草丈20~100cmの暑さには強く寒さには弱い1年草です。開花時期が長く初心者にも育てやすい花です山吹色、オレンジ色、クリーム色、黄色などの色があります。花の大きさは4~7cmくらいです。日当たりのよい場所であればよく育ちます。マリーゴールドには医療用と観賞用の二つの種類があります。医療用はカレンデュラ、観賞用はフレンチマリーゴールドと呼ばれています。カンデュラの語源はカレンダーの意味を持ちます。花が1か月もつことから月経のサイクルに例えられたともいわれています。

花の名前の由来は、年に10回ほどある聖母マリアの祭日に、花期の長いマリーゴールドがいつも咲いていることから、聖母マリアの黄金の花、「マリーゴールド」と呼ばれるようになりました。

 

マリーゴールドの種類

マリーゴールドは大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

フレンチマリーゴールド

開花期5~7、9~11月で八重咲きと一重咲きがあります。色は赤・橙・黄で草丈は20~30cm、 猛暑にはあまり強くない性質です。

アフリカンマリーゴールド

開花期5~11月でボール咲き・大輪のものが多いです。色は橙・黄・白で草丈は30~100cm、暑さにはフレンチ系より強いです。

 

マリーゴールドの利用法

花は、主にハーブティーやエディブルフラワーとして利用できます。また、花びらをマッサージオイルや食用オイルに浸出し、浸出油を作ることができます。食用オイルを使用するとドレッシングなどにも利用することができます。

 

コンパニオンプランツとしての利用

マリーゴールドはコンパニオンプランツとしても活躍しています。コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いの性質が影響し合って病害虫が抑えられたり、元気に育つようになる植物のことをいいますが、マリーゴールドは様々な植物と相性が良く、アフリカンマリーゴールドとフレンチマリーゴールドは緑肥として利用するとセンチュウ対策となります。緑肥とは、肥料効果のある植物をそのまま田畑の土と一緒に耕し、そこに栽培する作物の肥料効果を高めるもののことを指します。

マリーゴールドの育て方など詳しい情報はこちら

マリーゴールド

  • マリーゴールドは草丈20~100cmの暑さには強く寒さには弱い一年草です。開花時期が長く初心者にも育てやすい花です山吹色、オレンジ色、クリーム色、黄色などの色があります。花の大きさは4~7cmくらいです。日当たりのよい場所であればよく育ちます。マリーゴールドには医療用と観賞用の二つの種類があります。医療用はカレンデュラ、観賞用はフレンチマリーゴールドと呼ばれています。カンデュラの語源はカレンダーの意味を持ちます。花が1か月もつことから月経のサイクルに例えられたともいわれています。

    マリーゴールドは大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

    フレンチマリーゴールド

    開花期5~7、9~11月で八重咲きと一重咲きがあります。色は赤・橙・黄で草丈は20~30センチ、 猛暑にはあまり強くない性質です。

    アフリカンマリーゴールド

    開花期5~11月でボール咲き・大輪のものが多いです。色は橙・黄・白で草丈は30~100cm、暑さにはフレンチ系より強いです。

     

マリーゴールドの関連記事

関連ワード

「7月18日の誕生花|マリーゴールド」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ