サフィニアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

サフィニアの花言葉や種類、特徴をご紹介!サフィニアは、ペチュニアを育てやすく改良した品種。丈夫で育てやすく、春から秋まで華やかな花が咲き続けます。

 

サフィニアの花言葉

「サフィニア」の花言葉は「咲きたての笑顔」。

 

サフィニアについて

科・属 ナス科・ツクバネアサガオ属
和名 衝羽根朝顔(ツクバネアサガオ)
英名 Surfinia
学名 Petunia × hybrida
原産地 日本
開花期 4月~10月頃

 

サフィニアの特徴

サフィニアは、波打つようにたくさんの花を咲かせる一年草(多年草)。横に広がって生長し、ふんわりと豪華にあふれるように咲きます。花色は白、ピンク、紫、青、黄色など様々あります。鉢植えや寄せ植え、ハンギングバスケットなどで少し目線の高い位置に飾ると、垂れるようにこぼれ咲く美しさも楽しめます。

サフィニアはペチュニアの改良品種です。ペチュニアの春から秋まで長期間咲き続ける良さを引き継ぎ、雨に弱い弱点を改良してより育てやすくなりました。ペチュニアは雨に弱く病気になりやすかったのですが、サフィニアは雨に強く丈夫なので、花壇や雨の当たる場所でも気にせず育てられます。梅雨前に切り戻しをすると状態良く夏越しでき、秋まで美しく咲き続けます。

サフィニアは、暖地以外では屋外で越冬することが難しく一年草扱いされていることが多いですが、霜が降りる前に室内に取り込んで管理すると翌年も楽しめます。また、サフィニアは挿し芽で増やせるので、摘芯を兼ねて切り戻しをしながら増やし、挿し芽で作った小さな苗を室内で冬越しさせて暖かくなったら屋外で育てることもできます。

サフィニアの名は、英語のSurfing(サーフィン)とPetunia(ペチュニア)を合わせて名付けられました。匍匐した枝に花が波打つように咲きあふれることからイメージしたそうです。ちなみにペチュニアの名は、ブラジルの先住民がペチュニアの葉をタバコに混ぜて吸っていたことから、先住民の言葉Petunia(タバコ)から付けられたという説と、ペチュニアがタバコの花に似ていることから付けられたという説があります。

サフィニアの花言葉「咲きたての笑顔」は、サフィニアが次々と咲き続ける姿がキラキラと笑顔を振りまいているようで、見ていると幸せな気持ちになることから付けられたそうです。

 

サフィニアの種類

サフィニアは小輪から大輪、一重咲きから八重咲き、花びらに星型やハート模様が入るタイプなどバラエティーが豊富です。

サフィニアアート

花びらに星形やハート、マーブルなどのユニークな模様が入ります。ボリュームのある中輪の花が咲きます。

サフィニアブーケ

ブーケのようにこんもりとまとまりの良い咲き姿が特徴的です。

サフィニアフリル

八重咲きタイプ。株のまとまりがよく、美しく咲きます。

 

▼サフィニアの詳しい育て方はこちら


▼サフィニアの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「サフィニアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス