ゴーヤの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ゴーヤの花言葉や種類、特徴をご紹介!ゴーヤは、独特の苦さがある野菜。食べると夏バテや疲労回復効果があり、家庭菜園で育てる野菜としても人気があります。

 

ゴーヤの花言葉

ゴーヤの花言葉は、「強壮」。

 

ゴーヤについて

科・属 ウリ科・ツルレイシ属
和名 ツルレイシ
英名 Bitter melon,Balsam pear,Bitter gourd
学名 Momordica charantia
原産地 東インド、熱帯アジア
開花期 7月~9月頃

 

ゴーヤの特徴

ゴーヤ 花言葉 育て方 種類

ゴーヤの和名は「ツルレイシ」ですが、「ニガウリ(苦瓜)」とも呼ばれます。また、沖縄では「ゴーヤー」と語尾を伸ばすのが一般的だそうです。ゴーヤはビタミンCやカリウムなどを多く含み、暑い地域の夏バテ解消効果のある野菜としても有名です。

苦瓜という名の通り、とても苦味が強い瓜ですが、その独特の苦みが美味しいとされたり、苦み成分が食欲を増進させて胃の調子を整えるとも言われています。主に完熟する前の未熟な果肉を食用とします。代表する料理は、豆腐と一緒に炒めるゴーヤチャンプルー。沖縄では日常的に使われるとても身近な野菜です。

ゴーヤはやや太いキュウリのような細長い形で、表面は緑色で無数のイボイボがあります。果肉の中には白い綿状の部分と種が入っています。料理する際はその綿と種を取り除いて使います。イボが少ないものや、色が薄い方が苦みが少ないと言われます。

ゴーヤは、病害虫に強く育てやすいことから家庭菜園でも人気があります。また、ゴーヤーの葉を利用した「グリーンカーテン」を作って夏の暑さをしのぐ方法を取り入れる方が増えています。近年は様々な品種のゴーヤの苗が出回っています。

ゴーヤの花言葉「強壮」は、生育旺盛につるを長く伸ばして次々と花を咲かせ、人々の疲労を回復させる実をたくさんつける、丈夫で強いイメージから付けられたのではと言われています。

 

ゴーヤ 花言葉

ゴーヤは熟すと黄色やオレンジ色になります。熟したゴーヤは苦みが抑えられてサラダとして食べることができます。果肉の中にある種のは周りは赤いゼリー状になり、とろっとした甘いジャムのような味がします。

 

ゴーヤの種類

あばしゴーヤ

沖縄地方でよく見られるゴーヤ。太くてずんぐりしているので、沖縄でアバサーと呼ばれるハリセンボンという魚に似ていると言われこの名前が付きました。味は苦味が少なく、肉厚でジューシーです。

白れいし

名前のとおり白いゴーヤです。イボは丸っこくてトゲトゲしていません。苦味が少なくジューシーで、生食にも向いています。

 

▼ゴーヤの詳しい育て方はこちら

ゴーヤ

  • ゴーヤの正式和名は「ツルレイシ」といいますが、沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古島では「ゴーラー」、八重山地方(石垣島や西表島など)では「ゴーヤ」、九州では「レイシ」「ニガゴリ、ニガゴイ」などと呼ばれており、本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。 テレビ番組をきっかけに全国的に普及し、ゴーヤという名前で親しまれるようになりました。独特な苦味のあるゴーヤは、暑い地域の夏バテ解消のメニューとしても全国的に有名です。 ゴーヤのグリーンカーテン 家庭菜園としてゴーヤを育てる以外にも、つる性植物の特性を利用して夏の緑のカーテンとしても人気のゴーヤです。 ネットに絡ませてカーテンやシェード風に仕立てるゴーヤのグリーンカーテンは、緑の森の中にいるような気分を味わえるだけでなく、室温を下げる効果もあり、暑い夏を乗り切るための人気のガーデニングアイテムになります。


▼ゴーヤの関連記事はこちら



 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ゴーヤの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス