ゴーヤの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ゴーヤ
学名

Momordica charantia

英名
Bitter melon,Balsam pear,Bitter gourd
和名
ツルレイシ
別名・流通名
苦瓜
科名
ウリ科
属名
ツルレイシ属
原産地
東インド、熱帯アジア

ゴーヤの特徴

正式和名は「ツルレイシ」といいますが、沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古島では「ゴーラー」、八重山地方(石垣島や西表島など)では「ゴーヤ」、九州では「レイシ」「ニガゴリ、ニガゴイ」などとよばれており、本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。テレビ番組をきっかけに全国的に普及し、ゴーヤという名前で親しまれるようになりました。独特な苦味のあるゴーヤは、温かい地方の夏バテ解消のメニューとしても全国的に有名です。

家庭菜園としてゴーヤを育てる以外にも、つる性植物の特性を利用して夏の緑のカーテンとしても人気のゴーヤです。

ネットに絡ませてカーテンやシェード風に仕立てるゴーヤのグリーンカーテンは、緑の森の中にいるような気分を味わえるだけでなく、室温を下げる効果もあり、暑い夏を乗り切るための人気ガーデニングアイテムになります。

ゴーヤの詳細情報

園芸分類 野菜
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 7~9月

完熟ゴーヤのレシピ

ゴーヤは収穫適期を過ぎると、あっという間に黄色く完熟してしまします。

このように取り遅れて黄色く熟してしまっても、実は美味しく食べられることをご存知ですか?自分で育てているからこそ、あまり店頭では見かけない完熟ゴーヤを是非味わっていただきたいと思います。
ゴーヤと完熟ゴーヤ

このように中を割ってみると、種の色が明らかに違うことが分かります。
半分に切ったゴーヤと完熟ゴーヤ

この種の部分を生のまま口に含んでみてください(種本体は食べないでくださいね)。種の周りの赤いゼリー状の部分が、とても甘く感じます♪
完熟ゴーヤの種

実の部分は、生でサラダとして食べることができます。

薄くスライスした後、塩をまぶし少し苦味を取り除きます。

その後、オリーブオイルやハーブなどで風味をプラスします。

ほろにがの美味しさですので、お試しください♪
完熟ゴーヤのサラダ

補足

黄色く熟したゴーヤをそのまま収穫せずに、1日置いておくと裂果してしまいますので注意しましょう。

ゴーヤの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

ゴーヤの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は20~30℃です。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

ゴーヤの育て方のポイント

水やり

ゴーヤの水やりは土の乾燥がひどい時以外は控えるようにします。ただ、収穫最盛期には水分を多く必要とするので、乾燥させることのないよう定期的に水やりを行ってください。

肥料

追肥は一番果の収穫期から開始します。基本的に2週間に1回与えますが、ゴーヤの追肥に関してはあくまで目安です。うっかり追肥を忘れても大丈夫。草勢を見ながら衰えたと感じたら追肥してあげて下さい。

▼草勢が落ちて、葉が黄色くなっている様子
草勢の落ちたゴーヤ

病害虫

ゴーヤは比較的病害虫には強いですが、稀に青枯れ病・うどんこ病立ち枯れ病(苗立枯病)モザイク病の病気にかかります。病気の原因として、株が密植しすぎている、実がなる時期以前の水やりの量が多過ぎた(土壌の排水が悪い)、つるや葉が込み過ぎて日光不足や通風が悪くなっているなどが考えられます。栽培環境の改善に努めましょう。

ゴーヤの詳しい育て方

選び方

良い苗は子葉がしっかりついていて、本葉が3~4枚程付いた大きさで、茎の節間が短くて太く、しっかりしています。古い苗は葉が小さく、色も薄くなっていて、既にハダニに侵されているかもしれません。しっかりした苗を選びましょう。

種まき

ゴーヤは高温発芽性作物なので発芽地温は25~30℃が適しています。育苗ポットに3~5粒ずつまいて、1cmくらい土をかぶせましょう。

植え付け

高温を好む南国生まれの野菜のため、植え付ける時期が重要です。関東では5月の連休以降が最適です。

先程用意したプランターに株間を40~50cmほど間隔をとって植え付けていきましょう。

1 苗に充分水分を与える。

バケツに水を用意し、そこにゴーヤの苗を入れ水に浸します。

2 プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。

お花と違って野菜の根鉢は崩しません。根を傷つけないように気を付けましょう。

3 苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげましょう。

こうすることで、この部分に水が集まり、植え付けた苗に水が浸透しやすくなります。

4 箸又は小さめの支柱を立てて、麻ひもで誘引します。

強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。あまりきつく縛ることのないように八の字にして緩めに括り付けましょう。苗を痛めないように、支柱のところで結びましょう。

5 お水をしっかりあげます。

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。その際根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えます。
ゴーヤのプランター栽培

摘芯(摘心)・摘果

ゴーヤについての摘芯時期は様々です。本葉5~6枚のころ親づるを摘芯して、子づるをどんどん伸ばしていく方法もあれば、親づると子づる2本を伸ばして3本仕立てにし、栄養を3本に集中させるという方法もあります。旺盛に伸びていくゴーヤですので、実際放任状態で育ててもゴーヤは育ってくれます。

黄色い花が咲きます。

収穫

ゴーヤの収穫は7月上旬から実がとれ始め、9月中旬まで収穫が続きます。着花してから20日前後の緑色で熟す前の果実を収穫しましょう。ゴーヤは収穫適期を見つけるのが難しいとされています。時機を逸すると一日で熟し黄色くなってしまいます。品種によって長さは15~35cm位にまで成長します。そのため、長さではなく、太さで判断することも収穫適期の目安のひとつです。
ゴーヤの収穫

熟したゴーヤの種の周りの赤い部分(ゼリー状の膜)が、ニガウリという名前とは似ても似つかない、とろっとして甘いジャムのようになりますし、黄色い実の部分は、苦味が抑えられサラダとして食べることができますので是非お試し下さい。 
 ただ、成長し過ぎた果実を沢山残してしまうと株が弱まってしまうので注意しなければなりません。草勢が弱まった時は、一度すべての実を早取りして株を休ませることで、再び大きな実を着けるようになります。草勢が弱いと、いずれ枯れてしまうのでよく観察しましょう。
完熟ゴーヤ

 支柱・誘引(ゆういん)

ゴーヤの支柱は、実の数が多くなると重みで倒れることがあるのでしっかりと立てましょう。あんどん型、タワー型、合掌型など、麻ひもをぐるぐる巻き付け、つるがつたわりやすい状態にします。

受粉

ゴーヤは基本的にさほど授粉をしなくても、キュウリなどと同じように次々と実をつけてくれます。

しかし、マンションなどにお住まいで、なかなか虫がやってこない環境下で育てている方は、人工授粉に挑戦してみて下さい。ゴーヤの雌花が咲いたら、その日に咲いた新鮮な雄花を選んで晴れた日の朝9~10時までには授粉しましょう。

雄花…黄色い花のみ

雌花…小さなゴーヤのお尻の部分に黄色いお花が咲いています。

▼上の黄色い花は雄花、下のゴーヤのお尻の部分についているのがしぼんでしまった黄色いお花
ゴーヤの雌花と雄花

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング