リンドウ(竜胆)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

リンドウ(竜胆)の花言葉と種類についてご紹介。リンドウ(竜胆)はリンドウ科リンドウ属の多年草で、漢方としても使われていた日本原産の植物。

目次

リンドウ(竜胆)の花言葉

「リンドウ(竜胆)」の花言葉は「勝利」「正義」「悲しんでるあなたを愛する」

色別の「リンドウ(竜胆)」の花言葉は特に定められていません。

目次に戻る≫

リンドウ(竜胆)について|基本情報

科・属  リンドウ科・リンドウ属
和名  竜胆
英名  Gentian
学名  Gentiana scabra
原産地  日本、中国
開花期  9月~11月頃

目次に戻る≫

リンドウ(竜胆)とは|花の特徴と性質、花言葉の由来

リンドウ(竜胆)の特徴

リンドウ(竜胆)は「枕草子」でも記述がある程、日本で古くから親しまれている植物(多年草)です。寒さに強く、本州、四国、九州の山野を中心に自生しています。春に芽吹き、秋の始まりと共に花芽をつけてベル形の花を咲かせ、寒くなる頃には地上部が枯れて休眠します。根に薬効があり、乾燥させたものが漢方薬に使われます。

リンドウ(竜胆)の色合いは青、水色、紫などの寒色が中心でしたが、最近は改良され、白、赤紫、ピンク、赤、複色なども流通しています。花の直径は3~5cmほどで、5~6枚の花びらを付けています。花びらは丸みを帯びているものではなく、先端がとがって、三角形の形をしています。また、花茎近くは真っ直ぐに伸びていますが、先端にいくほど外に開いた筒状になっているのが特徴的です。草丈は品種・種類によって差があり、10~100cmと幅があります。

リンドウ(竜胆)の学名についているGentianaは、リンドウの一種に薬としての利用価値があると発見したゲンチアナ王の名前に由来すると言われています。

高貴な印象があることから、敬老の日にプレゼントする花としても人気があります。

花言葉「勝利」「正義」は、リンドウ(竜胆)が薬として使われていたことで、病気に勝つことをイメージして付けられたと言われています。「悲しんでるあなたを愛する」は、あなたの悲しみに寄り添うという意味を持ち、病気を治す薬のイメージから付けられたのではないでしょうか。

目次に戻る≫

リンドウ(竜胆)の種類

リンドウ 竜胆 育て方 花言葉

リンドウ(竜胆)の花は青紫色というイメージが強いですが、品種改良が進み、白、赤紫、ピンク、赤、複色など様々な色が流通しています。

 

リンドウ 竜胆 育て方  花言葉

切り花のリンドウ(竜胆)も年々、流通する種類が増えています。

目次に戻る≫

赤いリンドウ(竜胆)

2021年夏、岩手生物工学研究センターは八幡平市花き研究開発センターなどと世界で初めて、鮮やかな赤色リンドウができる仕組みを解明しました。発色の良い赤いリンドウ(竜胆)が流通する日もそう遠くはないかもしれません。

目次に戻る≫

薬草としてのリンドウ(竜胆)

リンドウ(竜胆)は、古代エジプト時代から根に薬効があるとされ、薬用植物として使用されてきました。根を乾燥させたものは、とても苦く、竜の肝のように苦いと言われたことから、竜胆(リュウタン)という名が付いたそうです。生薬名は竜胆(リュウタン)と言います。その後、日本ではリュウタンが変化してリンドウと呼ばれるようになったそうです。

 

▼リンドウ(竜胆)の育て方など詳しい情報はこちら

 

▼リンドウ(竜胆)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「リンドウ(竜胆)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス