新生活グリーン特集

リンドウの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

リンドウ(竜胆)は晴れた日に空に向かって花を咲かす、漢方としても使われていた野草。リンドウ(竜胆)の花言葉と種類についてご紹介。

 

リンドウ(竜胆)の花言葉

「リンドウ(竜胆)」の花言葉は「悲しんでるあなたを愛する」「正義」。

 

リンドウ(竜胆)について

科・属  リンドウ科・リンドウ属
和名  竜胆
英名  Gentian
学名  Gentiana scabra
原産地  日本・中国
開花期  9月~11月頃

 

リンドウ(竜胆)の特徴

リンドウ(竜胆)はリンドウ科リンドウ属の多年草で、日本原産の植物です。日本のほぼ全域に生息しています。秋口の野山に釣鐘型の花を咲かせます。リンドウ(竜胆)の色合いは青、水色、紫などの寒色ばかりです。花の直径は2cm前後。小ぶりで5、6枚の花びらを付けています。リンドウ(竜胆)の花びらは丸みを帯びているものではなく、先端がとがって、三角形の形をしています。花茎近くは真っ直ぐ伸びていますが、先端に行けばいくほど外に開いて筒状になっています。草丈もどの品種・種類もそこまで高くありません。小さいものでは15cm。大人の手のひらサイズで収まってしまいます。大きくても45cm。足元に花が開きます。

もともとは野生の花ですが、群生せず単独で自生します。古くから漢方薬としても利用されてきました。リンドウ(竜胆)の学名「Gentiana」は、リンドウの一種を薬としての利用価値を発見したゲンチアナ王の名前に由来します。

 

リンドウ(竜胆)の種類

リンドウは青紫色の花を咲かせるというイメージがありますが、白やピンクなどの花も一般的によくみられます。リンドウは約400種あり、そのうちの18種ほどが日本でも出回っています。

リンドウ(竜胆)は花びらに斑や模様が入る品種や変わった咲き方をする品種もあります。草丈も10cm程の小さなものから1m近くまで大きくなるものまであり、種によって栽培方法まで変わってくるほど幅広い品種がある植物です。

 

薬草としてのリンドウ(竜胆)

海外から輸入された花だけでなく、日本で自生している花も薬用として使用されていました。リンドウ(竜胆)もそのひとつ。そして、現在でも薬草として活用が出来ます。しかし、実際に行うには専門家と共に行ってください。

花名の由来にもなっている通り、リンドウ(竜胆)には漢方として使われる品種もあります。漢方として利用されるのは根の部分で、古代エジプト時代から漢方として知られていました。現在でもこの品種は漢方用に栽培されていて、竜胆(りゅうたん)、竜胆草(りゅうたんそう)などと言われています。

 

竜からリンドウ(竜胆)は名づけられていた

リンドウ(竜胆)は日本だけでなく中国原産でもあります。ですので、漢名というものが存在します。リンドウ(竜胆)の漢名は「竜胆」、竜に肝(胆)と書きます。リンドウ(竜胆)は中国でも漢方薬として伝わっていました。しかし、この味がとても苦く人々に受け入れられなかったのです。どれほど苦いか、というのを表現するために「竜の肝の様に苦い」と例えたことから「竜胆」と書くようになったのです。どの時代、国でも花は薬に使われますが、良薬は口に苦しも共通だったのですね。

▼リンドウ(竜胆)の育て方など詳しい情報はこちら

リンドウ(竜胆・りんどう)

  • リンドウは「枕草子」でも記述がある程、日本では古くから親しまれている日本原産の植物です。本州、四国、九州の山野を中心とし自生しています。春に細い葉が新芽を出し秋の始まりと共に花芽をつけて野山に咲きます。花色は品種によって、白や赤紫もありますが、青、水色、紫などの寒色が印象的な花を咲かせます。花の直径は3~5cm程で、釣鐘形で先が5つに分かれ、尖った裂片がある花の形をしています。草丈は品種・種類によって差がありますが10~100㎝と幅があります。日当たりを好みますが気温が高すぎる直射日光が苦手の為、寒冷紗などで日よけをする必要があります。曇りの日には花を閉じる習性があります。

▼リンドウ(竜胆)の関連記事

 

▼関連ワード

「リンドウの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ