4月6日の誕生花|キブシ(木五倍子)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

4月6日の誕生花は「キブシ(木五倍子)」です。「キブシ(木五倍子)」について、花言葉や花の特徴、名前と花言葉の由来など気になる情報をご紹介!

 

4月6日の誕生花

4月6日の誕生花は「キブシ(木五倍子)」

「キブシ(木五倍子)」の花言葉は「待ち合わせ」「出会い」

 

キブシ(木五倍子)について|基本情報

科・属 キブシ科・キブシ属
和名 木五倍子
英名 Early Spiketail
学名 Stachyurus praecox
原産地 日本
開花期 3月~5月

 

キブシ(木五倍子)とは|花の特徴、名前と花言葉の由来

キブシ

キブシ(木五倍子)は、日本原産のキブシ科の落葉低木。北海道から九州の山野や雑木林、林縁などに自生し、春に穂状の淡い黄色の花が開花します。木五倍子という名前の由来は、果実が染料に使われていたフシ(五倍子)の代用品とされたことに由来します。

 

canvaキブシ(木五倍子)

桜の開花より少し早い時期に長さ5~10cm程度の房状の花を、枝からぶら下がるように咲かせる姿が特徴的です。花色は地味ですが、山野の趣があり、茶花としても使用されます。

雌雄異木で雄株の花穂の方が長めです。雌株は花のあとに果実ができ、実の色は夏から秋にかけて緑から黒に変化し、黒色の染料にも利用されています。秋になると葉は紅葉し、その後落葉して越冬します。

キブシ(木五倍子)の花言葉「待ち合わせ」「出会い」は、小さな花が集まって花穂となる姿が仲良く連なっているように見えることからつけられたそうです。

 

キブシ(木五倍子)の種類

キブシ(木五倍子)は日本全国に自生し、それぞれの土地の環境によって樹高や葉の厚み、花穂の長さなどに違いがあります。庭木としては、黄花種のほか、赤花種や斑入り種も流通しています。

 

▼キブシ(木五倍子)の育て方

 

▼キブシ(木五倍子)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月6日の誕生花|キブシ(木五倍子)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A