4月24日の誕生花|コデマリ(小手鞠)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

4月24日の誕生花はコデマリ(小手鞠)です。コデマリ(小手鞠)について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

4月24日の誕生花

4月24日の誕生花はコデマリ(小手鞠)

「コデマリ(小手鞠)」の花言葉は「優雅」「品位」

 

コデマリ(小手鞠)について

科・属  バラ科・シモツケ属
和名  小手毬
英名  Reeves spirea
学名  Spiraea cantoniensis
原産地  中国中部
開花期  4月~5月

 

コデマリ(小手鞠)の特徴

コデマリ(小手鞠)の特徴

コデマリ(小手鞠)はバラ科の落葉低木で原産は中国です。古くに渡来し、移植や栽培が容易なため、観賞用として江戸時代から栽培されています。

コデマリ(小手鞠)は株元から多くの枝を出し、主幹のない高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手まりのような丸い花姿になり、別名「テマリバナ」とも呼ばれています。長く伸びた枝から新葉が展開し、短い枝先に咲く花の重みで枝垂れ、花が浮かび上がるように咲く姿は美しく目を引きます。

コデマリ(小手鞠)は、庭木の根締めや公園の境栽などに広く用いられています。秋の紅葉も美しく楽しめます。切り枝として花材にするために促成栽培もされ、多数流通しています。枝垂れるような美しい枝ぶりは、広がりや流れを出す花材として生け花やフラワーアレンジメントで利用されています。

 

コデマリ(小手鞠)の種類

コデマリ(小手鞠)といえば一重咲きの小さな花がたくさん咲いているというイメージがあるかと思いますが、八重咲きの品種もあります。また、葉に斑が入る品種や、新芽が色づく品種などもあります。最近は黄金葉や紫葉など葉の色が観賞価値のあるコデマリ(小手鞠)も登場し、花がない時期もカラーリーフとして利用できる種類も出てきました。

 

▼コデマリ(小手鞠)の育て方など詳しい情報はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月24日の誕生花|コデマリ(小手鞠)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス