4月24日の誕生花|コデマリ(小手鞠)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

4月24日の誕生花は「コデマリ(小手鞠)」です。「コデマリ(小手鞠)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

4月24日の誕生花

4月24日の誕生花は「コデマリ(小手鞠)」。

「コデマリ(小手鞠)」の花言葉は「優雅」「品位」。

 

コデマリ(小手鞠)について

科・属  バラ科・シモツケ属
和名  小手毬
英名  Reeves spirea
学名  Spiraea cantoniensis
原産地  中国中部
開花期  4~5月

 

コデマリ(小手鞠)の特徴

コデマリ(小手鞠)はバラ科の落葉低木で原産国は中国です。株元から多くの枝を出し、またひこばえを出して主幹のない高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手まりのような丸い花姿になり別名「テマリバナ」といいます。長く伸びた枝が新葉が展開した短い枝先についた花の重みで枝垂れて弓なりに花が浮かび上がるように咲くので一層引き立って見えます。庭木の根締めや公園の境栽などに広く用いられます。また秋の紅葉も美しく楽しめます。古くに渡来し、移植や栽培が容易で観賞用として江戸時代から栽培されています。切り枝として花材にするために促成栽培もされています。

 

コデマリ(小手鞠)の種類

コデマリ(小手鞠)といえば一重咲きの小さな花がたくさん咲いているというイメージがあるかと思いますが、八重咲きの品種もあります。また、葉に斑が入る品種や、新芽が色づく品種などもあります。

▼コデマリ(小手鞠)の育て方など詳しい情報はこちら

コデマリ(小手毬)

  • コデマリ(小手毬)はバラ科の落葉低木で株元から多くの枝を出し、主幹のない高さ2mほどの株立ちになります。1cmに満たない白い小花が20以上も集まって3cmほどの小さな手毬(てまり)のような丸い花序を形成します。別名をテマリバナともいいます。長く弓なりに伸びた枝に、白く毬のような花をたわわに咲かせます。まるで花の重みで枝がたわんでいるいるようで、ため息の出る美しさです。

    ヒコバエという細かい枝を株元から次々と出して、株全体が大きくなります。庭木の根締めや公園の境栽などに広く用いられます。また、コデマリ(小手毬)は秋の紅葉も美しい植物です。移植や栽培が容易なので、観賞用として古くから栽培されています。切花としても人気の植物です。

▼コデマリ(小手鞠)の関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月24日の誕生花|コデマリ(小手鞠)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ