7月15日の誕生花|ササユリ(笹百合)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

7月15日の誕生花は「ササユリ(笹百合)」です。「ササユリ(笹百合)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

7月15日の誕生花

7月15日の誕生花は「ササユリ(笹百合)」。

「ササユリ(笹百合)」の花言葉は「上品」「希少」。

 

ササユリ(笹百合)について

科・属  ユリ科・ユリ属
和名  笹百合
英名  bamboo lily
学名  Lilium japonicum
原産地  日本
開花期  6月~7月

 

ササユリ(笹百合)の特徴

ササユリ(笹百合)はユリ科ユリ属の球根植物で、ユリの仲間のなかでは開花時期が比較的早く、6~7月頃に茎の先に淡いピンク色の花を咲かせます。ササユリ(笹百合)の花名の由来は、ササユリ(笹百合)の葉が笹の葉にとてもよく似ていて、一緒に生えていると見分けがつかないほど似ていることから名付けれられたといわれています。ユリという名前は、風にあおられて花が揺れる様子から「揺すり」と呼ばれ、それが変化して「ユリ」になったと言われています。

ササユリ(笹百合)は、ユリの中でも花が大きな種類です。草丈は50~60cmなのに対し、花は10~15cmほどになります。花色は主に淡いピンク色をしています。花は10日ほど咲かせ、雄しべの先につく赤い葯が印象的です。

ササユリ(笹百合)の香りはとても強く、部屋に活けると部屋中に充満するほどです。病害虫にはとても弱く、栽培は難しいとされています。

 

ササユリの減少

ササユリ(笹百合)は、環境の変化に敏感なため栽培は難しく、しかしとても美しい花なために盗掘をされることが多く、近年はめったに目にしないほど減少してしまっています。そんなササユリ(笹百合)の保護するため、各地で保護活動を行う団体も増えているそうです。

 

ササユリ(笹百合)の生長

ササユリ(笹百合)は、花を咲かせるまでにとても長い時間がかかります。種から発芽するまでには1年かかり、そこから花をつけるまでには5年ほどかかるようです。保護団体などによって栽培に適した良い条件下で育てられてもこれだけかかり、野生の厳しい条件下では10年以上かかってしまうこともあるそうです。

 

漢方としてのササユリ(笹百合)

ササユリ(笹百合)の鱗茎(地下部)は「百合(ひゃくごう)」と呼ばれ、生薬として使われていました。ササユリ(笹百合)だけでなく、オニユリやテッポウユリなども同じように使われます。

▼ササユリ(笹百合)の育て方など詳しい情報はこちら

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「7月15日の誕生花|ササユリ(笹百合)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ