福岡にて「Flower × IT 花が生み出すスタートアップ」イベントが開催。ワークショップとトークセッションをレポート!

大道宏輝

大道宏輝

このライターの記事一覧

公開日 :

2019年2月26日、日本国内でも花・植物に対する意識の高いボタニカルシティ福岡市にて、「Flower × IT 花が生み出すスタートアップ」イベントを開催しました。ホームセンター「グッデイ」による花の寄せ植えワークショップや、AIを使った寄せ植え判定について、ボタニカルライフメディア「LOVEGREEN」や「Botapii」の花・植物に関する課題解決からユーザーアプローチ方法、福岡 × 花についてのトークセッションを開催しました。

主催:株式会社ストロボライト
共催:福岡市福岡スタートアップカフェ
協力:株式会社グッデイ

第1部 寄せ植えワークショップ

寄せ植え講師

國分 豊 氏
株式会社グッデイ 寄せ植えマイスター

趣味の園芸のWEBサイト「みんなの園芸」による「寄せ植えコンテスト」で3年連続受賞。外見からは想像できない繊細で可憐な寄せ植えを作り出す。独自に編み出した、草花の魅力を最大限に引き出す見せ方にこだわった寄せ植え法は「國分メソッド」と呼ばれ、簡単なお手入れをするだけで長期にわたり室内や玄関を華やかに彩る。


 

まず初めに、グッデイ寄せ植えマイスターの國分講師による、実際に目の前で実演しながらのワークショップが行われました。

 

種類ごとの根の処理方法や植え込み方など軽快なトークを交えながら、わかりやすく説明していきます。満員となった参加者はそれぞれ初対面の方々も多かったようですが、そこは同じ花好きの皆さん。初めのうちこそ黙々と手を動かしていても、だんだんと笑顔が増えあちこちで笑い声が聞こえてくるようになりました。

 

実はレポートしている私も、かつて國分講師のワークショップを受講して初めての寄せ植えを作ったことがあるのですが、そもそも寄せ植えって何をすればいいのかわからなかったのに、終わってみると案外きれいなものが出来上がり、またやってみようかなという気にさせられてしまいました。さすが國分メソッド…!

皆さん個性のある寄せ植えが出来上がりましたが、それぞれがとても素敵でした。

第2部 トークセッション

登壇者

柳瀬 隆志 氏
株式会社グッデイ 代表取締役社長

1976年福岡生まれ。2000年東京大学経済学部卒業後、三井物産株式会社に入社。2008年嘉穂無線株式会社へ入社、2009年社長室長、2010年に営業本部長を歴任したのち、2011年には株式会社イーケイジャパンの代表取締役社長に就任。2013年、嘉穂無線株式会社代表取締役副社長を経て、2016年に株式会社グッデイ(嘉穂無線株式会社より社名変更)の代表取締役社長に就任。

 

川上 睦生 
株式会社ストロボライト 取締役COO
メディア事業担当役員 Botapii編集長

1975年神戸生まれ。1997年マーズ株式会社入社、創業メンバーで取締役としてWEB/APP開発・デザインを担当。2011年株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、ソーシャルゲームプロデューサー/クリエイティブプロデューサー/子会社立ち上げを担当。2014年@cosmeを運営する株式会社アイスタイルへ入社。国内外のサービスのプロデューサー/マネージャーとして、メディア/EC立ち上げを担当。2016年株式会社ストロボライトに入社、現在はWEBメディア「LOVEGREEN」とフリーペーパー「Botapii」含むメディア事業部と開発事業部を統括。

モデレーター

上原 真之 氏

福岡市 住宅都市局 みどりのまち推進部
みどり推進課 課長

1998年に土木職として入庁後、九州大学移転事業,総合交通体系調査、エリアマネジメント、博多港長期構想、区役所での道路等維持管理、福岡市基本計画・地方創生等、6つの部署で様々な形の「まちづくり」を担当。平成30年4月から現職、「花で共創のまちづくり」をめざす“一人一花運動”や、PPPによる公園活用等を担当。


 

トークセッションでは、株式会社グッデイの代表取締役社長である柳瀬  隆志 氏と、弊社ストロボライト取締役COOでありメディア事業担当役員/Botapii編集長でもある川上  睦生が登壇しました。

 

モデレーターは福岡市 みどり推進課 課長の上原 真之 氏です。

福岡市『一人一花運動』の紹介

昨年から福岡市が取り組んでいる『一人一花運動』について、福岡市 みどり推進課の上原課長よりご紹介いただきました。

「現在天神や博多周辺で建て替えなど開発が進められているが、街の価値を高めるためにはハード面の街づくりだけではなく、生活の質や心の部分も向上させる必要がある。そして花をツールとして使うことでそれができるのではないか。」

行政だけでなく園芸業界や企業、市民が一体となり、花で共創のまちづくりに取り組む福岡市は、“フラワーシティ福岡”となるべく持続可能な仕組みを作ろうとしています。

 

 

ちょっと気になる!花・植物でみる
\AIの利用や集客など/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「福岡にて「Flower × IT 花が生み出すスタートアップ」イベントが開催。ワークショップとトークセッションをレポート!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大道宏輝
大道宏輝

1985年にインドネシアで生まれ沖縄で育った福岡県民。大学時代フィリピンの田舎で地面を掘ることに明け暮れた。前職で表向きは大学の事務職員として学生と接する一方、DJイベントなどのフォト/ビデオグラファーの仕事を受けながら自身もDJとして活動。また九州の爬虫類イベント広報・現場スタッフリーダーを務めるなど興味のあることについては節操なく何でもやっていたが、インテリアの一環として始めた植物に自身のルーツである南国を感じのめり込んだ結果、生涯の仕事として園芸に携わる仕事をしようと決意。転職活動をしていた頃ストロボライトに出会う。バリ島高地にある土地を利用しファームを作ろうと画策中。ストロボライト BizDevグループ

このライターの記事一覧

おすすめ