LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「か」からはじまる野菜1-5件 / 全5件

かいわれ大根(カイワレ大根)

  • 大根の種をまき、発芽した新芽をかいわれ大根といいます。

    かいわれ大根を漢字で書くと「貝割れ大根」です。これは葉の形が、二枚貝が開いたように見えることからつけられたそうです。

    かいわれ大根の他に、発芽直後の新芽を食べる「スプラウト」と呼ばれる種類も増えてきました。

    例えば、ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」、エンドウ豆の新芽「豆苗」、緑化させない大豆の新芽「もやし」などがあります。

    植物は発芽するときに、多くの栄養素を合成するため、各種のビタミン、ミネラルを多く含まれています。そのため、かいわれ大根も栄養価が高く、抗酸化作用に優れ、免疫力もアップする食材として注目されています。

    このように、野菜の新芽を食べるのは最近のことのように思われがちですが、じつは平安時代から食べられていたことが書物に記されています。かいわれ大根は、平安貴族が食べる高級食材でした。

    しかし、本格的にかいわれ大根がご家庭の食卓に並ぶようになったのは、昭和50年代以降です。

    かいわれ大根の日

    8を横にして下に1と書くと、かいわれ大根の芽の形に似ていることから、(現)日本スプラウト協会が1986(昭和61)年9月に、「9月18日をかいわれ大根の日」とするとしてかいわれ大根の日が制定されました。

カリフラワー

  • カリフラワーは、もともとはケールの野生種がルーツだといわれています。カリフラワーは、ブロッコリーの突然変異で花蕾(からい)の部分が白くアルビノ化したものといわれています。

    日本では明治初期に鑑賞用として伝わり、1960年代に食用として一般的に普及し、白い綺麗なお野菜として、メインディッシュのつけ合わせに使われてきましたが、1980年代に「緑黄色野菜ブーム」が広まり、現在ではカリフラワーよりもブロッコリーの方が一般的になっています。

    癖のない味で、生でも食べられるため、サラダやスープ、シチューなど幅広く利用でき、最近ではオレンジ色や紫色など様々な種類のカリフラワーをスーパーで手にすることが出来ます。

    ブロッコリー同様、食べている部分は花蕾(からい)のため、花揶菜(はなやさい)という別名があります。広い意味での食べられるお花「エディブルフラワー」の一種です。

からし菜(カラシナ・芥子菜)

  • からし菜の葉は、大根の葉にとてもよく似た形の独特の苦みがあるアブラナ科の葉物野菜です。

    葉は柔らかく、春にとう立ちした茎や蕾も柔らかいため、菜花としてほのかな苦味が楽しめます。

    からし菜の種から粒マスタードや和からしが作られますが、それぞれ使用される品種は違うようです。

    長日条件でとう立ちすることから、栽培に適しているのは秋まきです。秋にまいて、外葉から収穫することで長い間楽しめます。

    春にまいたからし菜は、とう立ちしやすいために、丸ごと収穫すると品質を保てるでしょう。

    九州地方に品種が多いのが、このからし菜の特徴の一つです。

かぼちゃ(南瓜・カボチャ)

  • カボチャの葉は大きて丸く、つるは土を這うように伸びて生長します。

    カボチャの雌花は、下が膨らんだ形をしており、雄花と受粉することで実がなります。

    日本かぼちゃは、割ると見た目が菊の花のような形をしており、表面はごつごつしています。

    カボチャの関東での収穫時期といえば夏が旬ですが、冬至にカボチャを食べる風習があります。夏とは正反対の冬至の時期にカボチャを食べる習慣となったのは、カボチャの優れた保存性のおかげです。夏に収穫したカボチャを、冬まで保存しておくことが可能だったため、緑黄色野菜が無くなる冬の時期にカボチャを食す文化ができたというわけです。

かぶ(蕪・カブ)

  • カブはアブラナ科の大根と並ぶ代表的な一年草の根菜で、日本書紀(日本の歴史書)にも記録されているほど、栽培の歴史が古い野菜です。地方に応じた独特の品種が多数栽培されています。

    カブの葉=すずなと言われ、鈴菜、菘(すずな)と書きます。これは丸くて白い根の形を鈴に見立てたものです。すずなは春の七草にも数えられていて、大根とは異なり、葉がついた状態で販売されることが多いです。

人気の植物ランキング