入園無料で気軽に行ける「横浜市こども植物園」

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

画像提供:横浜市こども植物園

気軽に行けて見どころもたくさん

横浜市こども植物園は、年間を通じて入園料がかからない植物園です。しかし園内の各エリアは充実していて、バラ園・くだもの園・竹園・シダ園・野草園・生垣園・花木園・薬草園・温室・水生植物のコーナーなどがあります。生垣や花木・薬草などに昔から利用されていた植物や、以前は横浜でも普通に見ることができた水生植物など暮らしと縁の深い植物がたくさん展示されています。

画像提供:横浜市こども植物園

 

2017夏のイベント情報

昆虫と植物展

開催日

7月15日(土)~8月31日(木)

昆虫の標本のほか、枯葉アーチスト・栗林孝之さんの葉っぱで作った昆虫アート作品を展示します。カブトムシなど生きた昆虫が見られるほかトンボ研究家・関根和男さんのトンボの標本もたくさん見られます!

 

大輪朝顔展

開催日

8月4日(金)~8月6日(日)

9:00~12:00

大きなものでは直径20cmにもなる大輪の朝顔を鉢物展示します。

 

夏休み宿題お助け隊~宿題やったるDAY!

開催日

8月8日(火)

10:00~15:00(入場は14:30まで)

「葉脈標本作り」と「アイの生葉のたたき染め」が体験できます。

・葉脈標本作り:薬品につけた葉っぱを歯ブラシでこすると葉脈だけの透けた葉っぱになります。

・アイの生葉のたたき染め:藍染に使うタデアイの葉をたたいて布に葉の形をうつします。

・対象:小学生

・入場料:100円(1人1回限り)

 

変化朝顔展

開催日

8月11日(金・祝)~20日(日)

9:00~12:00

花や葉の形がかわった朝顔を鉢物展示。変化朝顔は江戸時代から受け継がれる古典園芸植物です。朝顔とは思えないユニークな姿形をご観賞ください。

 

絵本の読み聞かせと自然遊び

開催日

7月8日(土)、8月12日(土)、9月9日(土) ほか

10:00~11:00

毎月第2土曜日に幼児と保護者を対象に「絵本の読み聞かせと自然遊び」を実施しています。絵本や紙芝居を楽しんだり草花や自然に触れる遊びをします。気候や天気に合わせ、園内(屋外)か 研修室(屋内)で行います。

 

園内ガイド

開催日

7月16日(日)、8月20日(日)、9月17日(日) ほか

10:00~11:00

毎月第3日曜日に「園内ガイド」を行っています。こども植物園スタッフが見ごろの花など園内をご案内します。

 

画像提供:横浜市こども植物園

 

アクセス情報などをくわしくみる!

横浜市こども植物園

  • 最寄駅 : JR保土ヶ谷駅
  • アクセス : 【バス】 ・神奈川中央交通バス「児童遊園地入口」下車徒歩5分 ・市営バス「児童遊園地前」下車徒歩1分
  • 住所 : 横浜市南区六ツ川3-122

植物遺伝学者の木原均博士の研究所跡地に開園した植物園です。園内は、花壇・バラ園、野草園、くだもの園、竹園、花木園、生垣園、薬草園などが整備され、中には、ニュートンのリンゴの木、メンデルのブドウをはじめ珍しい品種が数多く集められています。
・売店はありません。飲料、アイスクリームの自動販売機はあります。
・レストラン等はありません。お弁当持参の上、園内のガーデンテーブル等でお召し上がりいただくことは可能です。
・トイレ:園内(屋外)に1か所(男、女=女性用に車いす対応1部屋あり)、建物内に1か所(男、女、多目的=車イス、オストメイト対応、おむつ替え台あり)
・ベビーカーでの利用:園内は階段、坂道、アップダウン多いのでご了解ください。
・喫煙スポット:なし
・授乳室:なし(事務所にご相談ください。お部屋が空いていればお貸しできます)
・ロッカーの有無:なし

 

全国の植物園情報はこちら!

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「入園無料で気軽に行ける「横浜市こども植物園」」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ