ガーデンシクラメンを植え替えよう!

熊木健二

熊木健二

9069views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の冬の花鉢「ガーデンシクラメン」。

冬の花鉢の女王なんて言われていたりもします。この時期になると、花屋さんやホームセンターでよく見かけますよね。シクラメンよりも耐寒性があるように改良されたガーデンシクラメンは、冬のガーデニングにとっても良いです。プランターやお庭で楽しんだり、鉢に植えて明るい窓辺で楽しむのもいいと思います。

そんなガーデンシクラメンの植え替え方法を紹介します。

 

どんな苗を選べばいいの?

暑さに弱いガーデンシクラメン。直射日光の当たる場所に苗が置いてある場合弱っている可能性がありますの、直射日光の当たらない涼しい場所で管理されている苗を選びましょう。弱っている場合は葉が萎れて見えるのでそれを目安にするとわかりやすいと思います。

 

ガーデンシクラメンを植え替えよう!

ガーデンシクラメンを植え付けや植え替えの時期は秋。10月から11月が適期と言われています。暑すぎても、寒すぎても根や葉の成長が見込めない為、涼しいと感じるくらいの気温になった時が適期です。

用意するもの

・ガーデンシクラメン
・鉢
・鉢底石
・赤玉土
・鉢花の土

sikura8

今回は、この3種類の土を使用しました。使用する用土は赤玉土、腐葉土と一般的な植物と変わらない普遍的な用土で間に合います。用土を少し凝りたいという方はピートモスを使用して保水性、通気性を高めよりよい環境を整えてあげましょう。3割程、混ぜ合わせると効果的のようです。

 

ステップ1.ポットから取り出す

sikura1

鉢花の根は繊細なので優しく扱いましょう。まわりの土を優しく落としましょう。

sikura13

黄色い葉っぱがあったら、ひねるようにして摘み取ります。

 

ステップ2.鉢に入れる準備

sikura2

鉢底ネットを設置します。

sikura3

鉢底石を入れていきます。

sikura5

赤玉土を入れていきます。  

 

ステップ3.ガーデンシクラメンを入れていく

sikura12

その後、鉢花の土を少し入れた後に、ガーデンシクラメンを入れていきます。

sikura7

ガーデンシクラメンがぐらつかないように、まわりに土を入れていきます。

sikura10  

植え替えたら、葉に水がかからないように、葉をあげて水をたっぷりあげましょう。枯れかけの花は、新しく咲く花の養分まで余分に取ってしまうので、早めに摘み取りましょう。花が咲き終わったら茎の根元からひねるように剪定すると、次々と蕾が咲いてくると思います。

「ガーデンシクラメンを植え替えよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
熊木健二
熊木健二

幼少期から瓦屋根の家の庭や野山で昆虫を探す少年でした。高校は農業高校へと進み、野菜の栽培や植物バイオテクノロジー、ビオトープや植栽管理等を学べる生物生産科に入る。大学進学は土木を専攻。公共空間の設計演習や農業・農村、まちづくりについて取り組む。大学卒業後は小田急ランドフローラへ入社し小田急フローリストで2年半店舗勤務。週末はたまに知り合いの花屋を手伝う。趣味は珈琲・写真・イラスト、植物を育てること。