7月2日の誕生花|ブローディア(トリテレイア)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

7月2日の誕生花は「ブローディア(トリテレイア)」です。「ブローディア(トリテレイア)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

7月2日の誕生花

7月2日の誕生花は「ブローディア(トリテレイア)」。

「ブローディア(トリテレイア)」の花言葉は「守護」「淡い恋」。

 

ブローディア(トリテレイア)について

科・属  キジカクシ科・ブローディアエア属
和名  ヒメアガパンサス
英名  Brodia
学名  Triteleia
原産地  南北アメリカ
開花期  5月~7月頃

 

ブローディア(トリテレイア)の特徴

ブローディアとは、かつてはブローディアエア属に属している植物の総称で、現在はトリテレイアと呼ぶのが主流となっています。和名ではヒメアガパンサスと呼ばれています。

ブローディアという名前はスコットランドの植物学者であるブローディ(James brodie)にちなんでつけられたと言われています。

学名のトリテレイアは、ギリシャ語の「トリ(3つ)」と「テレイオス(完全)」からきていて、雄しべは6つ、雌しべの先端は3つ、花びらは6つに分かれているなど、花のそれぞれの器官が3や6といった、3の倍数で成り立っている構造にちなんでいます。

 

ブローディア(トリテレイア)の種類

ブローディア(トリテレイア)の花色は青紫が一般的ですが、他にも白、赤、ピンク、黄色などもあります。

 

ブローディア(トリテレイア)の花

ブローディア(トリテレイア)は花びらが6つに分かれたラッパ型の花を放射状にたくさんつけます。花期は5月下旬~7月頃で、植えっぱなしで手間をかけなくても、毎年きれいにたくさんの花を咲かせてくれます。草丈は30cm~50cmほどになります。球根からは毎年花を咲かせ、こぼれ種でもよく増えます。

 

ブローディア(トリテレイア)を育てるポイント

ブローディア(トリテレイア)は、とても強い植物で、病害虫の心配もほとんどありません。地植えにしてしまえば、雨がちゃんと降ってくれれば水やりをする必要もないくらいで、半日陰でもよく育ちます。鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと水をやってください。

夏には休眠するので、ほかの植物と一緒に水をあげていると球根が腐ってしまいます。花が終わったら水やりの頻度を減らしていき、夏の間は完全に水を切ってしまってください。

▼ブローディア(トリテレイア)の育て方など詳しい情報はこちら

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「7月2日の誕生花|ブローディア(トリテレイア)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ