9月10日の誕生花|シュウカイドウ(秋海棠)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

9月10日の誕生花は「シュウカイドウ(秋海棠)」です。「シュウカイドウ(秋海棠)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

9月10日の誕生花

9月10日の誕生花は「シュウカイドウ(秋海棠)」。

「シュウカイドウ(秋海棠)」の花言葉は「片思い」「恋の悩み」。

 

シュウカイドウ(秋海棠)について

科・属  シュウカイドウ科・シュウカイドウ属
和名  秋海棠
英名  Hardy begonia
学名  Begonia grandis
原産地  中国
開花期  8月~10月

 

シュウカイドウ(秋海棠)の特徴

シュウカイドウ(秋海棠)は中国からマレー半島にかけて自生し、毎年咲く草花でベゴニアの一種です。8~10月頃に、左右大きさが違うハート形の葉のわきから紅い花茎を伸ばし、下向きに咲く淡いピンク色の花を咲かせます。シュウカイドウ(秋海棠)は、日本各地で半野生化していることから日本原産だと思われがちですが、江戸時代に中国からきた帰化植物と言われ、その頃から、秋の季語として松尾芭蕉らの歌にも頻繁に登場していました。シュウカイドウ(秋海棠)の名前の由来は、中国名の秋海棠の音読みにしたもので、春に咲くハナカイドウ(花海棠)に良く似た色の花を秋に咲かせる事から名付けられました。

 

シュウカイドウ(秋海棠)の種類

品種改良されたシュウカイドウ(秋海棠)には、全体的に小さく、薄いピンク色を帯びた白い花が咲く「シロバナシュウカイドウ」が知られています。他の改良品種には7月ころから花を咲かせる早咲き種や、純白の花を咲かせる品種もありますが、種類は多くありません。シシュウカイドウ(秋海棠)は元々変異の起きにくい植物で、その点では品種改良はしにくいようです。日本に自生する種としては、沖縄県の八重山諸島に分布しているコウトウシュウカイドウ とマルヤマシュウカイドウ があります。

最近では同属の多くの種が持ち込まれており、園芸用として栽培され、それらは主に「ベゴニア」と呼ばれてはいますが、シュウカイドウ(秋海棠)は古くから定着した(江戸時代に中国からきた)帰化植物として、ベゴニアとは呼ばれていません。

▼シュウカイドウ(秋海棠)の育て方など詳しい情報はこちら

シュウカイドウ(秋海棠)

  • シュウカイドウ(秋海棠)は日本の山野に自生している、中国原産の多年草です。山野の落葉樹の下など、湿り気があって肥沃な土壌の半日陰で群生しているのを見かけます。楚々とした山野草らしい風情ですが、ベゴニアの仲間になります。

    大きな葉とその先に俯くように小さな薄ピンク色の花を咲かせます。シュウカイドウ(秋海棠)の花は、いくつにも枝分かれしてその先に花を付けるので、吊り下げ型の花飾りのような趣があります。耐寒性が強く、根は球根となり越冬します。この球根からは増えませんが、葉腋に出来るムカゴが地面に落ち発芽するので、気が付くと群生しているというようなことがあります。

    シュウカイドウ(秋海棠)はその花の形が、春に咲く花木のカイドウ(海棠)に似ていることから、秋に咲く海棠という意味で名付けられたという説があります。左右非対称のハート形の葉が印象的で、この葉の形から「片思い」という花言葉も付けられています。白花種もあります。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「9月10日の誕生花|シュウカイドウ(秋海棠)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ