シュウカイドウ(秋海棠)の育て方|植物図鑑

植物名
シュウカイドウ(秋海棠)
学名

Begonia grandis

英名
Hardy begonia
和名
秋海棠(しゅうかいどう)
別名・流通名
ヨウラクソウ
科名
シュウカイドウ(ベゴニア)科
属名
シュウカイドウ(ベゴニア)属
原産地
中国

シュウカイドウ(秋海棠)の特徴

シュウカイドウ(秋海棠)は日本の山野に自生している、中国原産の多年草です。山野の落葉樹の下など、湿り気があって肥沃な土壌の半日陰で群生しているのを見かけます。楚々とした山野草らしい風情をした、ベゴニアの仲間になります。

大きな葉とその先に俯くように小さな薄ピンク色の花を咲かせます。シュウカイドウ(秋海棠)の花は、いくつにも枝分かれしてその先に花を付けるので、吊り下げ型の花飾りのような趣があります。耐寒性が強く、根は球根となり越冬します。秋には葉腋に出来るムカゴが地面に落ち発芽するので、気が付くと群生しているというようなことがあります。

シュウカイドウ(秋海棠)はその花の形が、春に咲く花木のカイドウ(海棠)に似ていることから、秋に咲く海棠という意味で名付けられたという説があります。左右非対称のハート形の葉が印象的で、この葉の形から「片思い」という花言葉も付けられています。白花種もあります。

シュウカイドウ(秋海棠)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~70㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 薄ピンク、白
開花時期 8~10月(地域による)

シュウカイドウ(秋海棠)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花

シュウカイドウ(秋海棠)の栽培環境

日当たり・置き場所

シュウカイドウ(秋海棠)は、落葉樹の下のような半日陰を好みます。直射日光が当たると葉焼けを起こすこともありますので、注意が必要です。

用土

シュウカイドウ(秋海棠)は保水性が高く水はけの良い土壌を好みます。花付きを良くするためにも、腐葉土を多めに入れて肥沃な土壌にします。

シュウカイドウ(秋海棠)の育て方のポイント

水やり

シュウカイドウ(秋海棠)は乾燥が苦手です。地植えの場合でも、夏期に晴天が続くような時はたっぷりと水を与えるようにしましょう。鉢植えは表土が乾いたら鉢底から出てくるくらいたっぷりと与えます。

肥料

シュウカイドウ(秋海棠)は過肥の必要はありません。春か秋に株元に腐葉土を混ぜ込むようにします。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

シュウカイドウ(秋海棠)の詳しい育て方

選び方

株元の葉が腐っていないもの、葉が黄ばんでいないものを選びます。

植え付け

春3~4月、気温が十分に上がってから植え付けます。シュウカイドウ(秋海棠)は乾燥を嫌いますので、植え付け後はたっぷりと水を与えるようにしましょう。

植え替え・鉢替え

植え替えも、植え付けと同じく春3~4月くらい、気温が上がり始めてから行います。シュウカイドウ(秋海棠)は乾燥が苦手ですので、植え替え後は鉢底から水が出てくるくらいたっぷりと水やりしましょう。

地域によって差はありますが、シュウカイドウ(秋海棠)の花は晩夏から秋にかけて開花します。

収穫

シュウカイドウ(秋海棠)はムカゴで増やせます。ムカゴの収穫時期は秋です。葉腋に出来たものを取っておきます。

夏越し

シュウカイドウ(秋海棠)は加湿で葉が腐ってしまうことがあります。水はけよく管理しましょう。

冬越し

シュウカイドウ(秋海棠)は、冬には地上部は枯れて無くなりますが、地下の球根で越冬します。翌春にまた新芽が出てくるまでの休眠期間です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

シュウカイドウ(秋海棠)は、秋に葉腋に小豆のようなムカゴを作ります。このムカゴを培養土に浅く埋めておくと、翌春発芽します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング