リンゴ(林檎)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

リンゴ(林檎)は、栄養豊富で甘くてみずみずしい秋の人気の果物です。リンゴ(林檎)の花言葉と種類についてご紹介します。

 

リンゴ(林檎)の花言葉

「リンゴ(林檎)」の花言葉は「優先」「好み」「誘惑」「後悔」

 

リンゴ(林檎)について

科・属  バラ科・リンゴ属
和名  林檎
英名  Apple
学名  Malus pumila
原産地  コーカサス地方ほか
開花期  4月~5月

 

リンゴ(林檎)の特徴

リンゴ(林檎)は、ヨーロッパ東南部からアジア西部原産の落葉果樹。春の終わりに白い花を咲かせ、8月~11月下旬に収穫期を迎えます。人類が一番初めに食べた果物と言われるほど栽培歴が古く、起源は約8000年前だとか。日本で栽培されるようになったのは明治初期です。現在、日本で栽培されているリンゴ(林檎)の品種は100種類前後と言われていますが、世界的には数千から1万種ほどにもなるそうです。生育適温が18~20℃前後と寒冷な気候を好む果樹であるため、日本での産地は青森県、長野県、岩手県などが主流となっています。

リンゴ(林檎)は食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムを多く含み、整腸作用や血糖値の正常化、血圧低下、炎症作用などがあるとされています。「1日1個のリンゴで医者いらず」という西洋のことわざがあるほど、古来から栄養価の高い果物として親しまれてきました。

名前の由来には諸説ありますが、平安時代に「利宇古宇(りうこう、りうごう)」と呼ばれていたものが変わっていったと言われています。

花言葉「優先」は、りんごの花はのちに実る有益な果実の前触れと考えられたことが由来とされています。また「誘惑」「後悔」の花言葉は、アダムとイヴの禁断の果実からイメージして付けられたと言われています。

 

リンゴ(林檎)の種類

りんご 種類

日本のリンゴ(林檎)は、ふじ、つがる、王林がメインで、約半分が「ふじ」です。蜜が入りやすい品種としては「ふじ」「北斗」「レッドゴールド」などがあります。一方、「王林」や「ジョナゴールド」などは完熟しても蜜が入りません。

珍しいものでは「ピンクレディー」「星の金貨」「美丘」という品種もあり、種類によって、食感や甘み、酸味も驚くほど違います。

リースなどにも飾られるリンゴは「姫リンゴ」で、観賞用や盆栽用として親しまれています。

 

リンゴ(林檎)の皮がベタベタするのはどうして?

リンゴ(林檎)の表面が少し油っぽくぬるぬるしていたり、ベトつくようなものがあります。これはワックスや防カビ、防虫などの薬剤ではなく、リンゴそのものから生成される成分です。

リンゴ(林檎)は、熟してくるとリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が作られ、天然のワックス状の膜(ブルーム)ができます。これは、リンゴ(林檎)の中の水分などを外に逃がさないようにして鮮度を保つ働きをしています。自然にできるワックスなので安心して食べられます。布で磨くとピカピカに光って美しいです。

 

リンゴ(林檎)の食べ方

りんごを使った料理

リンゴ(林檎)は、生食の他、ジュースや焼き菓子、ジャム、サラダなど幅広く用いられます。リンゴ(林檎)を原料とするお酒には、シードルやアップルブランデーなどがあります。

▼リンゴ(林檎)を使った美味しいレシピはこちら

 

▼リンゴ(林檎)の育て方はこちら

 

▼リンゴ(林檎)の関連記事

 

▼素敵な花言葉一覧

▼366日誕生花一覧

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「リンゴ(林檎)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧