新生活グリーン特集

9月29日の誕生花|リンゴ(林檎・りんご)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey-e1480498673143

9月29日の誕生花は「リンゴ(林檎・りんご)」です。「リンゴ(林檎・りんご)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

9月29日の誕生花

9月29日の誕生花は「リンゴ(林檎・りんご)」。

「リンゴ(林檎・りんご)」の花言葉は「優先」「好み」。

 

リンゴ(林檎・りんご)について

科・属  バラ科・リンゴ属
和名  林檎
英名  Apple
学名  Malus pumila
原産地  不明
開花期  4月~5月

 

リンゴ(林檎・りんご)の特徴

リンゴ(林檎・りんご)は、西アジア原産の落葉果樹で、世界中で多くの品種が栽培されています。現在、日本で栽培されているリンゴの品種は100種類前後といわれていますが世界的には数千から1万種ほどにもなるそうです。

名前の由来には諸説あるといわれていますが、平安時代に「利宇古宇(りうこう、りうごう)」と呼ばれていたものが変わっていったといわれています。

 

リンゴ(林檎・りんご)の種類

日本のリンゴ(林檎・りんご)は、ふじ、つがる、王林がメインで、約半分が「ふじ」です。蜜が入りやすい品種としては「ふじ」「北斗」「レッドゴールド」などがあります。一方、「王林」や「ジョナゴールド」などは完熟しても蜜が入りません。

珍しいものでは「ピンクレディー」「星の金貨」「美丘」という品種もあり、種類によって、食感や甘み、酸味も驚くほど違います。

リースなどにも飾られるリンゴは「姫リンゴ」で、観賞用や盆栽用として親しまれてきました。

 

リンゴ(林檎・りんご)の選び方

リンゴ(林檎・りんご)の表面が少し油っぽく、ぬるぬるしていたり、ベトつくようなものがあります。これはワックスや防カビ、防虫などの薬剤ではなく、リンゴそのものから生成される成分なんです。

リンゴ(林檎・りんご)は熟してくるとリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が作られ、リンゴ(林檎・りんご)の皮に含まれる成分によって天然のワックス状の膜ができます。これはリンゴ(林檎・りんご)の中の水分などをしっかりと外に逃がさないようにする働きがあるんです。自然にできるワックスなので、少し布で磨くとピカピカに光りますよ。

▼リンゴ(林檎・りんご)の育て方など詳しい情報はこちら

▼リンゴ(林檎・りんご)の関連記事

▼関連ワード

「9月29日の誕生花|リンゴ(林檎・りんご)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ